気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の元非活メンバー(現在は退会済み)による語り

生活革新同盟倶楽部と創価光学レンズ製作所。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて今回は高橋篤史氏の『創価学会秘史』(講談社、2018年)の内容から、牧口常三郎初代会長の頃の創価教育学会を資金面で支えていた「生活革新同盟倶楽部」と戸田城聖の事業、そして「創価光学レンズ製作所」のこと…

4月の本部幹部会。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて最近の創価学会で不思議なことがいろいろ起こっているもので、ちょっと記事にして書いてみたいと思います。まず冒頭画像に2枚あげましたが、これは昨年発表された、創価学会の「2021年、希望・勝利の年」の年間活…

牧口常三郎の尋問調書から見る謗法払いの実態。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて、今回は「謗法払い」という教義について、書いてみたいと思います。かつて創価学会は「謗法払い」と称して、創価学会に新入会した人が、それまで持っていた信仰の仏壇や神棚、神札などを破棄したり、焼却処分し…

法華経薬王品における臨終往生。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて、法華経の各所に阿弥陀仏が出てくることは何度かブログで触れていますが、今日は具体的に薬王菩薩本事品第23から実際の文を引用してみます。「若如来滅後、後五百歳中、若有女人、聞是経典、如説修行、於此命終…

教団の延命。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて、正直な話をすると、今の創価学会とか今の大石寺系教団の動きに、今の私はあまり関心がないんですよね。「今」「現在進行形」の創価学会なり大石寺なりに、なんらかの信仰としての魅力が感じられればよいのです…

「相伝に有らざれば知り難し」って?

いつもみなさん、ありがとうございます。さて、日蓮正宗の信徒、法華講さんの活動家さんと議論をした時、史料的な論拠を提示すると大抵の場合、しどろもどろになって回答不能になるか、話を逸らすことしかできなくなります。まあ、私自身、創価学会を退会す…

源信の教えについて。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて、最近は念仏思想を学ぶことが多い私などからすると、創価学会や大石寺は法華経を否定する法然の念仏宗を毛嫌いするのはとてもよくわかるのですが、それなら「源信を学べばよいのになぁ」などと思ってしまいます…

『価値創造』で紹介されたヒトラー。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて、最近、高橋篤史の『創価学会秘史』(講談社、2018年)を読んでいて、「本当によく調べ上げたなぁ」と感心してしまいます。というのも、この本のプロローグで述べられているように、創価学会は過去の『聖教新聞…

創価学会関連企業の複合体。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて創価学会という組織は、外郭企業の複合体という側面を持っていまして、例えば以前のブログでは、大蔵商事、東洋物産等のことを書きました。「大蔵商事のこと」https://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2018/1…

佐渡始顕本尊について。

みなさん、いつもありがとうございます。さて、今回は創価学会や日蓮正宗等、大石寺系教団の方からは評価されていない(と思われる)「佐渡始顕本尊」について書いてみましょう。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、この「佐渡始顕本尊」は身延山に…

三大秘法と三種の神器。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて日蓮の思想に神道の影響が強いことは、当ブログで何度か指摘させて頂いています。「純粋な日蓮の思想を考えると」https://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2021/02/21/080309「神社建立・本尊奉納は大石寺の…

過去を認める姿勢。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて私は既に創価学会から退会し、日蓮正宗という大石寺信仰からも離れて、個人で信仰を深めたいと今は考えている人間です。ブログ開設当初は創価学会の非活動メンバーとして、そういった人たちと一緒に糾合できるよ…

伝法本尊の大きさ。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて私は大石寺・奉安堂に存在する、弘安2年造立説の戒壇本尊が、日蓮真作ではない後世の創作であることを何度かブログで書いています。「弘安2年の戒壇本尊は日蓮の造立ではない」https://watabeshinjun.hatenablog.…

東洋精光のこと。

いつもみなさん、ありがとうございます。以前、私は池田大作氏が営業部長を務めていた、大蔵商事のことをブログで書いたことがあります。「大蔵商事のこと」https://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2018/10/18/000000「大蔵商事と松島勇氏のこと」https…

転重軽受について。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて創価学会や大石寺の言う教義の中に「転重軽受」と言うものがあります。これは、生まれる前の宿業が強く未来に苦しみを受けなければならないが、過去の業を軽く受けることができるという、涅槃経由来の教義になり…

末法思想と極楽往生。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて、私はかつて創価学会や日蓮正宗の信徒であったものが、非活から退会を選び、現在は龍樹の『十住毘婆沙論』等から念仏思想に接近しています。以前、源信の『往生要集』について、記事を書いたことがあります。「…

日目の『申状』から考える。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて前回の記事は、何度となく引用している日興の『三時弘経次第』から考える内容でした。ところで、この日興『三時弘経次第』に見られる極端な国家主義、また本門寺構想、そして垂迹神=天照大神・八幡大菩薩という…

久成釈迦仏と付属の弟子。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて、冒頭画像に示したのは、大石寺開山、白蓮阿闍梨日興の『三時弘経次第』の本文画像です(日蓮正宗歴代法主全書1-43ページ)。ここでは日興により、末法の本門寺構想が、迹門にあたる比叡山を手本にしていること…

戒壇本尊に紙幅の原本は存在しない。

いつもみなさん、ありがとうございます。 さて、このブログでは、大石寺・戒壇本尊が後世の偽作に過ぎないことを何度か検証しています。 「弘安2年の戒壇本尊は日蓮の造立ではない」 http://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2017/01/31/000248 「御座替…

歎異抄を読む

いつもみなさん、ありがとうございます。 私が最近、親鸞の著作を読んでいて、念仏思想に接近しているのは、このブログ読者の方なら多くがご存じのことかもしれません。 親鸞の『歎異抄』を読んでいて、最初に衝撃的だったのは、次のような一節に出会ったこ…

神社建立・本尊奉納は大石寺の本来の教義

いつもみなさん、ありがとうございます。 さて前回の記事で、日蓮・日興も法華経を中心とした国家思想を考えていたこと、そしてその上で「法華垂迹天照大神宮」を建立し、本門寺建立の暁に本門寺垂迹神は天照大神になることを実質認めていたことを簡単に書…

純粋な日蓮の思想を考えると

いつもみなさん、ありがとうございます。 さて前回の記事で、日蓮の純粋な思想について概ね4点についてあげてみました。 1、日蓮は大前提として日本古来の神道を深く信奉しており、天照大神や八幡大菩薩の加護を深く信じていた。 2、日蓮は国家の奉じる宗…

純粋な日蓮の思想について。

いつもみなさん、ありがとうございます。 さて、私はブログ開設当初、創価学会非活動の会員として、教義の検証をかねてこのブログの記事を書き始めたようなところがあります。 今はすでに創価学会を退会していますが、当初は日蓮の教えとは何なのか、大石寺…

悪いと思わない人たち。

いつも、みなさん、ありがとうございます。 さて、私はこのブログでいろいろ書いて、大石寺系・創価系教団の教義を批判し、現在は龍樹や親鸞を根本とする念仏信仰を求めようとしています。 私はこのブログで創価学会の教義の変節を批判したりもしますが、最…

自分自身を見つめて。

いつも、みなさん、ありがとうございます。 さて私は時々「なんでこんなブログ書いているんだっけ?」と自問する時があります。 みなさんはないでしょうか。 創価学会や日蓮正宗の信徒団体の人間としてほぼ人生の半分近くをささげてしまった私の人生です。 …

創価・大石寺系教義の浅はかさ。

いつもみなさん、ありがとうございます。 さて私はいくつかの記事で書いているように、創価学会非活から退会を選び、その後、思想的変節を経て、現在は龍樹や親鸞の著作から念仏思想に接近しています。 「気楽非活の思想的変遷」 https://watabeshinjun.hate…

親鸞の名号本尊について。

いつも皆さん、ありがとうございます。 さて現代の浄土真宗等では、阿弥陀仏の立像を本尊としているのですが、親鸞自身はなんと「南無阿弥陀仏」等と書かれた文字、すなわち書かれた名号を本尊としていたことが知られています。 これは事実として親鸞自身の…

大蔵商事と松島勇氏のこと。

いつもみなさん、ありがとうございます。 さて今回は池田大作氏が若い頃、営業部長として働いていた「大蔵商事」のこと、そしてそこで顧客として知り合うことになる松島氏という人物のことについて、簡単に書いてみたいと思います。 大蔵商事について、ご存…

公明党の得票数の推移。

いつもみなさん、ありがとうございます。 さて今回は公明党の得票総数の推移をなんとなく調べてみました。 ちなみに比例代表制は参議院で1983年に初めて導入されています。それ以前の参議院選挙は全国区の得票総数をデータとしてあげました。 衆議院の公明党…

悟りと「エンライトゥンメント」

いつも皆さん、ありがとうございます。 最近は多くのブログやSNS等で当ブログに言及していただき、感謝にたえません。また「ブログ復活うれしかったです」等の記事もあるようで、本当にありがたいです。改めて感謝申し上げます。 さて今回は、鈴木大拙の「…