気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の元非活メンバー(現在は退会済み)による語り

本尊書写への素朴な疑問。




いつもみなさん、ありがとうございます。



大石寺の本尊に関して素朴な疑問なのですが…………。



大石寺法主書写の本尊は、日蓮正宗の教義的に言えば「分身散体」の義から、本門戒壇の本尊の書写を行い、それを信徒に配付するのだと思います。



ところで、法主が本門戒壇本尊の内証を書写できる権能を有しているのは、唯授一人の血脈相承を受けているからなんですよね。
それはまあ百歩譲って受け取るとして…………けれどもなんで信徒に授与する時はその「複写」なんですかね? 要するにコピーでしょ? それって創価学会のやっていることと変わらなくなりません?


まあ、そういうと大石寺の方は、きちんと「開眼供養をしてある」とか「法主の許可を得て授与させていただくもの」等と答えられます。



じゃあ、それなら、戒壇本尊そのものを複写して、法主の開眼供養をして、授与すればいいだけの話なんじゃありません?



実際、信徒の各家庭に授与されているのは、法主書写本尊の「コピー」であって、公式には法主の開眼供養がされたものですよね。
その内証を与えることができるのが法主だけだとするなら、何も法主がわざわざ書写しなくても、単に戒壇本尊を画像複写して、それに法主が開眼を与えれば、それでよいではありませんか?
だいたい日蓮自身の書写曼荼羅を拝ませないのは、日蓮系宗派で日蓮正宗くらいのもので、戒壇本尊が日蓮真蹟であると言い張るなら、なぜ日蓮真蹟の曼荼羅ではなくわざわざ法主書写のものを信徒に拝ませるのかということになります。



なぜそんなことを思ったかというと、以前の記事にも書いたことですが、熊田葦城『日蓮上人』に掲載された戒壇本尊写真を切り抜いて、それを身に帯して戦地に赴いた、日蓮正宗信徒が少なからずいたことがわかっているからです。



「大正5年縮刷本『日蓮上人』掲載の戒壇本尊画像」



実際、この熊田葦城氏の著作の戒壇本尊画像の掲載は、大石寺に許可を取って行われたことがわかっています。
ですから許可があればよいということになります。
それなら、なぜ信徒のために、ありがたい戒壇本尊そのものを複写して、法主の内証から開眼を与えて授与しないのでしょうか。
信徒も直接に戒壇本尊を拝めるし、法主がわざわざ本尊書写する時間を取らなくてもよくなり、一石二鳥である気がします。
それをやると後世の偽作ということがバレてしまうからなのでしょうか。それとも御開扉が減ってしまうからダメなんですかね。信徒の方ならちゃんと参拝して現物を拝みに来ると思いますけどね。



そういう素朴な疑問に答えられないとするなら、大石寺は、自山の戒壇本尊の信憑性が低いということを自ら暴露しているに等しいと私は思います。


出入りの多い宗教法人の変節。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて創価学会の公称世帯数は約827万世帯といわれています。
本当かどうかは知りませんが、ただ創価学会は信徒数を「頒布した本尊の数」とカウントしています(基本は1世帯に1本尊)。なので、信濃町創価学会本体としては「827万の本尊を頒布した」ということから、この世帯数を謳っているのでしょう。



ところで多くの人が指摘もし、個人的な実感からも思うことですが、創価学会というところは、出入りの多い宗教という感じがします。
入会したと思ったら音信不通になってしまったり、絶対その住所にその人が住んでいない筈なのに、統監上のみ当人の所在を残しておくことがよくあるからです。



私もかつて男子部の部幹部や本部幹部だった時には、四者とは別に男子部の統監を見ていたから、その実態はよくわかります。地区で20人の名簿があっても、そのうち半分以上が統監だけの存在なんてことは珍しくありませんでした。



つまりこれは、創価学会という組織が常に「折伏」と称する布教活動を展開していないと、世帯数の増加は見込めないことを示唆していると思います。
常に会員が布教活動に挺身していなければ、創価学会は世帯数減少という事態から免れ得ないのです。
で、地域組織としてはその実態を統監上反映できないでいるということです。



令和3年7月16日付の聖教新聞の社説では、『立正安国論』の意義を「矛盾を乗り越える宗教」として定義していましたが、今までの創価学会のトーンとは明らかに違います。
かつては「力ある宗教」とか「幸せをつかむ宗教」とか、強烈に現世利益を主張していた創価学会が、ここに来て「矛盾を乗り越える」とか「小さなエゴを乗り越えることが現代では求められる」とか、そんなことを述べています。



その都度その都度、時代に合わせて(悪く言えば迎合して)、きれいなことばかりを言ってきた創価学会も、ここまで変節してくると、さすがに多くの方も辟易してくるのではないでしょうか。少なくとも私はそうです。



時代の要請に耐える宗教こそ「小さなエゴを乗り越えて、矛盾を乗り越える宗教」なのだと仮定するなら、先日の原田稔会長の指導のように「政党支援を宗教活動の一環として」「公明党の政策への賛否を大義名分とすることなく」「組織に不満を言わず活動すること」こそが、現代社会の求める「矛盾を乗り越える宗教」「小さなエゴを乗り越える宗教」だということでしょうか。

少なくとも私には願い下げです。









真言を包摂する日蓮。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて日蓮は、曼荼羅書写を始めた初期の頃から、一貫して不動愛染の梵字を書くことが多いです。
例えば佐渡に流される途中の依知で書いたとされる「楊枝本尊」でさえ、きちんと不動と愛染の梵字が書かれてあります。


f:id:watabeshinjun:20210718060633j:plain




不動明王愛染明王も、法華経には出てきません。それにもかかわらず、きちんと書かれていることは不思議なことです。


以前、日蓮真蹟の『不動愛染感見記』(保田妙本寺蔵)のことを何度かブログで書いたことがありますが、感見記で日蓮は月の中に生身不動明王を、太陽の中に愛染明王を拝見したことが述べられています。また『不動愛染感見記』では日蓮自身が「大日如来より日蓮に至る二十三代嫡々相承」とまで書いているのです。


加えて『不動愛染感見記』では、不動明王が月、そして「玉兎」と呼ばれるウサギとともに描かれており、さらに愛染明王は太陽の中に「金烏」と呼ばれるカラスとともに描かれています。



「金烏と玉兎」



日蓮法華経至上主義の人だったことから、返って見落とされがちなのですが、法華経の題目を中心にさまざまな教えを包摂するところが随所に見られます。とりわけ梵字曼荼羅に書いている時点で、真言の影響が大きいことは否定しようがないだろうと個人的には考えています。
法華経には説かれない真言の教えである「即身成仏」を自身の教義に取り込み、法華経に説かれない不動愛染を梵字で書き、法華経に説かれない天照大神八幡大菩薩をも曼荼羅中に書く……こういったところに、日蓮の諸教包摂性のような特徴がよく出ていると思います。





政党支援は宗教活動の一環か。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて先日の記事では、原田稔会長の本部幹部会での指導(令和3年7月13日付、聖教新聞)を取り上げましたが、今回はその続きになります。
原田稔会長が選挙の支援活動も宗教活動の一環として認めている点です。



政教分離宣言以降、創価学会は「創価学会の政党支援と宗教活動は別のこと」と表向きには述べてきました。内実は違って思いっきり宗教活動の一環として活動してきたのですが、外向きにはそれは違うとしてきたのです。
近年、それがだんだんなし崩し的に取り払われ、創価学会の幹部も「政党支援活動にも功徳がある」と述べるようになってきました。



「選挙支援と信仰活動を結び付ける傾向」




ところが、今回の原田稔会長の指導では、会長の言葉で「政党支援活動が宗教活動であること」を認めてしまっています。



具体的に原田稔会長の言葉を引用しましょう。



「すなわち、私たちの推進する支援活動は、『仏法の慈悲を根底にした人間主義の政治』を実現するための、宗教運動の一環であり、だからこそ、まず何よりも、私たち自身の人間革命ーー言い換えれば、祈りを根本に、全ての人の仏性を信じ抜き、あらゆる差異を超えて友情を広げる中で、自己の境涯を広げゆく実践こそが、根本中の根本であります。」
聖教新聞、令和3年7月14日付)



会長自身が公式に「政党支援活動は宗教活動の一環」であることを公式に認めてしまっています。
とすると池田大作が「大失敗」と認めた言論問題の総括、政教分離宣言の意味は何だったのでしょう。
創価学会はあの時、行き過ぎたことを反省したのではないのでしょうか。
それをなし崩し的に反故にして、公明党への政党支援活動を宗教運動の一環としてよいのでしょうか。
申し訳ないのですが、これでは創価学会以外の世間一般からその非常識さを批判されても何も言えないと思います。








会長と会員の心の距離。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて先日、原田稔会長の指導について、いろいろ書きましたが、すでに原田稔会長の頭の中は秋の衆議院総選挙に切り替わっているようです。
というのは、7月13日に原田稔氏は関西池田記念会館に行き、大阪代表幹部会を行い、翌14日には神戸市中央区の兵庫池田文化会館で、総兵庫代表幹部会に参加しているからです。17日には広島池田平和会館にまで行っています。



多くの方もご存知のように、衆議院小選挙区で大阪と兵庫は落とすことのできない最重点区です。そこに真っ先に入ったということになります。そしてその次に広島3区を擁する広島に入ったということでしょう。



そもそも選挙戦で組織を固めて、信任を得てきた指導者こそ池田大作その人でした。
池田大作戸田城聖亡き後、総務として創価学会の選挙を取り仕切ってきました。
昭和34年6月、池田総務の下、行われた参議院選挙では全国区で248万8千票の総得票数を集め、当時の公称会員数の2倍以上の票を叩き出しました。
そして6月30日、選挙の結果を受けて、組織が大きく変わります。当時青年部であった池田大作、北条浩、森田一哉龍年光が青年部参謀室を離れて理事に格上げになったのです。
つまり池田大作氏は選挙で実績を積み、青年部として創価学会組織を大きく変えていったのです。池田を中心とする青年部の台頭こそが池田の会長就任の大きな原動力となります。



そしてこの時期の池田大作の大きな特徴として挙げたい点は、こまめな地方指導です。彼は与えられた総務の職をフルに活用し、全国の組織をまめに動いて、顔と名前を全国に浸透させていきます。
戸田城聖死後の他の幹部たちは「会長は当分置かない」「我々で会長になりたいなどと考えている者は一人もいない」などの小泉隆氏や原島宏治氏の言葉を鵜呑みにして徒に牽制しあっているだけでした。ただ池田大作だけ、会長不在の空白期間を会長就任の事前運動の時期と捉えて精力的に動き回っていたのです。
加えて池田大作には若い頃の苦労もあって、どこか庶民的な魅力がありました。地方の会合にも積極的に入り老婦人にも気さくに話しかけ、笑いを誘うようなユーモアにも欠けてはいませんでした。多くの会員はそんな池田氏を慕うようになります。まあ、その庶民性が次第に虚飾だらけの指導者へと変貌していくのですが、多くの会員はそのことに気付きませんでした。池田氏にはそういう二面性があるのです。



翻って、原田稔会長の大阪や兵庫への指導をみると、単に大きな会場に入って大阪や兵庫の各会場と同時中継を結ぶだけのものです。
まあ、このコロナ禍の中で会員も活動が制限されますから致し方のないところなのでしょうけど、全盛期の池田大作なら各会場にどんどん足繁く入っていくだろうになあと感じました。



私は原田稔氏の指導を聞いたこともありますが、どうにも彼から庶民性とも言える気さくな部分を感じたことがありません。
例えば池田大作には大らかな庶民性がありました。他には秋谷栄之助氏の指導も個人的に聞いたことがありますが、彼は非常に大らかな性格で、人が集まりすぎてしまった会場で、「みんなこっちに上がろうよ」と男子部会員を壇上に上げ、自分の直ぐそばまで呼ぶようなことがありました。
秋谷栄之助氏のみならず、かつての幹部にはどこか庶民的な味わいというか魅力があったことも事実です。
柏原ヤス、小泉隆、和泉覚、辻武久、北条浩、森田一哉等々、どこか気さくで気軽に話せるような人柄を感じていたことも私の実感としてあります。



ところが、原田稔会長等、最近の幹部たちにはあまりそのような庶民的な部分を感じません。例えば池田博正、谷川佳樹氏らは庶民的な部分に乏しく、近寄り難い印象を覚えます(あくまで私の個人的な印象です。会ってもっと話したらまた印象は違うのかもしれませんが)。唯一、長谷川重夫理事長は、お涙頂戴的な浪花節のような指導をされますので、庶民的な人柄と言えば彼はそうなのかもしれません。



近年、原田稔会長への不満の声が組織から漏れ聞こえてくる理由は、会長と会員との間の心の距離の遠さのように感じます。
会員たちが会長に心を汲んでもらっていない、理解してもらっていないと感じ始めているのです。
原田稔氏自身もそれをどこか感じるからこそ、躍起になって池田大作氏の指導を取り出して、異体同心の鉄の団結を強調したりもするのでしょうけど、金科玉条のように池田氏を担ぎ上げるだけでは、かつての池田氏のような支持は得られないでしょう。














原田稔会長指導から。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて令和3年7月7日、創価学会の第4回本部幹部会が戸田記念講堂で行われました。
ところで、私のところに聞こえてくる方々の話ではえらく評判が悪いです。



もちろん私のところに届いてくる声で、仮面活動家やら未活動や非活動メンバーの意見ですから、信濃町執行部に批判的な考えに傾斜するのはわかるのですが、それでも流石に今回の会合、とりわけ原田稔会長の指導は非常に酷評されています。



今回の本部幹部会、Soka Net から7月18日まで限定の動画配信もされていたので、実際に見てみました。それで感じたことを書いてみたいと思います。



まず活動報告ですが、どれも布教活動の報告でした。ここからわかることは、創価学会本体はこれからも布教としての「折伏」を基本の活動として推進していきたいという意図はよくわかりました。



冒頭に池田博正主任副会長による、池田大作のメッセージ紹介がありました。
正直、何の感銘も受けませんでした。単に池田大作の言葉を読み、記念の書を紹介するだけの姿です。まあそれでも池田大作を崇め奉る信徒からすれば、それなりに印象に残ったのやもしれません。ただこの方は池田大作の長男として、単に伝言役・代役に選ばされているだけという印象を私は否めません。他人の言葉を朗読するだけの人という感じです。



問題の原田稔会長の指導ですが、聞いてつくづく感じたのは「創価学会の批判者に対する姿勢というのは、昔から変わらない」なあというものです。
その体質が昔から全く変わっていない。そのことを強く印象づけました。



どういうことかと言いますと、次のような指導を原田稔氏は述べています。少し長くなりますが、指導の後半部分を引用してみましょう。



「先生(池田大作)は小説『新・人間革命』第30巻の<上>で、こうつづられています。
『活動を進めるうえで、いちばん心しなければならないのは、自分の意見が受け入れられないことで、失望感をいだいたり、感情的になって人を恨んだりしてしまうことです。それは、自分の信心を破るだけでなく、広宣流布を破壊する働きになっていく』と。
そして次のように結論されます。『今日は、将来のために、広宣流布をめざすうえでの、最第一の鉄則とは何かを、あえて言い残しておきます。それは、金剛不壊の異体同心の団結です。』
このご指導は、今の私たち一人一人、そしてまた、未来永遠に連なる池田門下が受け継ぐべき、最重要の指針と拝すべきであります。さらにまた、退転・反逆の方程式を、こう喝破されています。
『自分中心になると、御書や学会指導に立ち返ることも、異体同心を第一義にすることもなくなってしまう。つまり、本来、仏法者の基本である、自身を見つめ、内省するという姿勢が失われていく。また、自分の心が"師"となってしまうから、自身を制御できず、その結果、我欲に翻弄され、名聞名利に走ったり、自分勝手なことをしたりする。そして、皆に迷惑をかけ、さまざまな不祥事を引き起こす。だから、誰からも信用されなくなり、清浄な学会の組織にいられなくなる--これが退転・反逆していく共通の構図といえます』という大事なご指導であります。
さらに、近年の反逆者らがさらす醜態を見れば、そうした『自分中心』の者は、組織運営上の方法論や諸課題、あるいは公明党の政策などへの賛否などを大義名分に利用して、己の後ろめたさを覆い隠し、自己正当化を図ろうとするのが常套手段であることも、皆さま、ご存知の通りであります。
原田稔会長指導、聖教新聞、2021年7月14日付)



読めばわかるように団結を強調するのはいつものことですが、今回は「退転・反逆者」の定義として、「組織運営上の方法論や諸課題」また「公明党の政策」に対しての賛否を大義名分にするということが述べられています。
となると、組織で活動している人たちの中に疑問符が付くのは「じゃあ、組織の運営に関して地区内で異論を述べるのは、退転・反逆なのか」ということになります。



実際、このコロナ禍の活動で、都議選の応援にせよ、各地区の組織では壮年、婦人、男子部で異論が噴出していました。私は仮面活動家や地域の幹部たちから聞いています。
都議選の応援で、強引に都内に入ろうという意見と、今の時期に都内に行くのは非常識だという意見が喧々諤々と戦わされ、地区によってはもはや分裂の様相を呈してさえいます。リモートで座談会に参加することができず、孤立している高齢の信徒も少なからず存在するのです。
その中で異論を述べることさえ反逆なら、「それは流石に言い過ぎではないか」という意見が強まっているのです。



また公明党の政策への異論を述べることが反逆なら、創価学会員は公明党へ意見を言えなくなることになります。それでは健全な民主主義のあり方ではありませんし、真に公明党を支援することにもならない筈です。遠山清彦氏が問題を起こして、最終的に議員辞職まで追い込まれたのは、やむにやまれぬ創価学会員、とりわけ婦人会員の声だったのではないのでしょうか。



個人的な感想として、今回の原田稔会長の指導は、都議選勝利を強調して、創価学会内に渦巻く異論を一掃し、団結の重要性を強く訴えるようなものでしたが、それが返って多様性を受け入れられない創価学会の硬直した体質を曝け出す結果になっているように思います。



創価学会は昔からそうですが、他者からの批判に耳を閉ざす傾向があります。意見を受け入れないのです。そして組織の決定に対して「異体同心」の団結をもはや強調することしかできなくなっているのでしょう。




追記
創価学会から新版の日蓮御書全集が発刊されるそうですが、定価がなんと8,000円!
分冊は4分冊のものもありますが、1巻で1,200円!
私のところに届く会員の声には「流石に高すぎる!」という声が百出しています。
しかも偽書説濃厚な『御義口伝』もちゃっかり収録されています。
























母への贖罪。





いつもみなさん、ありがとうございます。



さて私はこんなブログを未だに書き続けていますが、こんなブログをよく読んで好意的に評価してくださる方がいることを知っています。感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございます。私は他の方のブログも比較的よく見ている方だと思います。



しかしながら、私は自分の活動家時代の醜さをよく知っています。自分が他人から尊敬されるような人間でもないことを、自分が一番よくわかっているつもりです。
創価学会、そして日蓮正宗の信徒時代に養われた精神性は、自分よりも弱者と見れば畳み掛けてねじ伏せる、そんなものでした。
とりわけ創価班・牙城会の組織である、広宣部・言論企画局に所属していた頃は酷いものでした。私はそれらの活動を半ば楽しんでやっていたのです。



私は広宣部時代、対論の資料を読みこなし、自身で資料も作成して、浮かれ気味で対論に取り組んでいました。当時は顕正会妙観講創価学会の組織切り崩し工作で多く入り込んでいた頃です。
彼らを回答不能になるまでやり込めるのが私の当時のやり方でした。あまりに強烈な対論に創価班の先輩が私を恐れ出したこともあります。妙観講の信徒さんと対論した時に、相手が回答不能に陥り、その後、相手が倒れて入院してしまったこともあります。



私は元々そのようなバリバリの活動家でした。方面幹部の広宣部メンバーも私に一目置くようになり、私は有頂天になっていたのかもしれません。
青年時代はライン役職も地区幹部から部長まで全部やりました。部員さんと遊びに行ってお酒を飲んだりするのが大好きでした。しかし今となっては私のせいで、組織から離れられずにいる人が少なくないことは自覚しています。その責任はきっと私にあるのでしょう。



私は布教活動もし、部員さん回りもし、休みの日は全てを返上して創価学会の活動に打ち込みました。
その結果、私はたった一人の家族だった母を失いました。



私は父を失った後も、母を介護して生きてきました。母の介護のために、また創価学会の活動の優先のために結婚もしませんでした。
全てを捧げて活動に明け暮れました。
今からすれば、当時の私はそんな宗教的な使命感に酔いしれていたのだろうと思います。



母方の親類は皆、亡くなりました。
父方の親類も、亡くなり、音信不通になりました。
そして母が亡くなった後、葬儀を終え、納骨も済ませ、たった一人で静かな夜を迎えた時に言い知れぬ虚無感に襲われました。
私の人生はいったい何だったんだろうと。



全てを総括したいと思いました。しかしながらそれができるほど、私の才能も知識も不足していました。
だから気楽に少しずつ書くだけのブログを書いてみました。
当初は少し成功したのかもしれません。
しかし次第に自分がまだ昔の思考法から逃れられていないことを自覚するようになりました。論戦好きで好戦的な自身の性格は、創価学会の庭で後天的に育まれた性格なのかもしれませんが、その自身の性格の醜悪さに身震いさえ覚えました。



私はブログを閉じようと一時期思いました。
しかし母のことを思うと、私は再び書きたいと思うようになりました。



私はたった一人の母さえも救うことができませんでした。
そんな醜い男が、母のいない世界で生き続けていることに、私は罪の意識さえ感じています。
こんな私でも何か伝えられることがあるでしょうか。
少なくとも、私が人様に何か教えを垂れることができるような人間であるとはどうしても思えないでいます。




何かに固執してしまうのは、人間の弱さなのだろうと思います。
そしてその固執を全て否定することは、もしかしたら人間にはできない、もしかしたら人間の手には余ることなのかもしれません。
しかしそれでも私は、全ての固執、全ての執着、全ての先入観から離れたいと思っています。



私は元創価学会員や元法華講員さん、またその未活、非活メンバーのブログもよく読んでいます。その中には私のブログを好意的に評価してくださる記事もあり、本当に感謝しています。
しかし私は自分のかつての醜悪さをよく知っています。
そして多くのアンチ創価学会、アンチ日蓮正宗等の方々が、被害者意識に囚われてしまうことの難しさも自覚しているつもりです。



私は単に人生を間違えた、人生を誤った人間として、母に対する贖罪の思いで、残りの人生を生きていきたいと考えているだけなのです。
私のブログに何か世の中に資する部分がもしもあるのだとするならば、自身の反省もかねてまだ少しずつ、もう少しだけ書いていきたいです。
お付き合いして頂いている読者の方にはただただ感謝しています。そんな気持ちで、母への贖罪もかねてブログを書いていることをご理解くださいませ。





母さん、ごめんね。
母さん、もう少し待っててね。
母さん、もう少しだけ頑張ってみます。
母さん、いつもありがとう。