気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の元非活メンバー(現在は退会済み)による語り

三大秘法と三種の神器。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて日蓮の思想に神道の影響が強いことは、当ブログで何度か指摘させて頂いています。



「純粋な日蓮の思想を考えると」

「神社建立・本尊奉納は大石寺の本来の教義」




さてそんなことを調べていたこともあって、本化妙宗連盟(国柱会・田中智学の弟子である山川智応が創立した宗教法人)の教導である、高橋智經の論文を読んでいました。
すると日蓮の三大秘法と国体護持の「三種の神器」を同一視する議論と出会いました。少し引用してみましょう。



「このような統一された教義において、日蓮聖人が法華経を依経として本化上行菩薩によって人類をいかに平和にしていくか、その精神的な根本文明を示されたものが、三大秘法です。この三大秘法は、三種の神器の玉・鏡・剣と相応しています。勾玉は題目。八咫鏡は本尊。そして草薙の剣は戒壇です。(中略)
日蓮聖人の宗教は一天四海皆帰妙法という、世界を統一して平和を達成するという教えです。宗教に関係なく日本国家も、やはり天照大神という神様からいただいた三種の神器を受け継いで、神武天皇は"慶びを積み、輝きを重ね、正しきを養い、しかるのちに、八紘一宇、六合一都となす"ことを理想としました。これが、本門の題目・本尊・戒壇をもって、一天四海皆帰妙法を実現せねばやまないという日蓮聖人の宗教とぴたりと重なるのです。ここに自然と『王仏冥合の思想』が出来上がってくるのです。」
高橋智經「日蓮聖人の本門戒壇思想」、西山茂編『本門戒壇論の展開』所収、25ページ、本化ネットワークセンター、平成27年



一読されておわかりのように、三種の神器と三大秘法がここでは同一視されています。
このような議論は、創価学会の活動家の頃には全く理解できなかったことですが、確かに日蓮には天照大神への信仰があり、弟子の日興もまた本門寺構想において、末法本門寺の垂迹神を「天照大神」と「八幡大菩薩」と書いて残しています(日興『三時弘経次第』)。
なので、日蓮や日興門流の思想に既に天照大神天皇を重要視するエレメントが存在しているわけでして、国柱会や本化妙宗連盟のように国体護持と戒壇建立思想を結びつける議論は、あながち日蓮の思想として不自然な議論とも言えないと思います。



さて、そんなわけで、私としては「大石寺法主で、三種の神器と三大秘法とを結びつける議論を展開している人がいたのだろうか」という素朴な疑問がわきまして、もう一度『富士宗学要集』を読んでいました。
そうすると、見つかりました。
三大秘法と三種の神器とを同一視する教義を明確に述べている、その一人こそ、実は大石寺26世の堅樹院日寛だったんですね。



「一、三種の神器の事  神璽・宝劔・内侍所なり。
神璽は玉なり。天照大神の岩戸に籠り給ふ時、諸神祈り申して天の香久山の坂樹の上枝に八尺瓊の御統る是れなり。
又、八尺瓊の曲玉とも申す。天照大神、素盞鳥尊と誓ひ給ひし時、御髪に付けさせ給ひける者なり。また素盞鳥尊此の国の羽明る玉と云ふ神より受けて、後に天照大神に奉り給ふとも申すなり云云。
妙法を付属すると神璽を譲ると、其の品異なりと雖も其の趣き是れ同じ。妙法は即ち是れ髻中の明珠の故なり。安楽行品の如し。(中略)
宝劔とは素盞鳥尊出雲の国にて八岐の蛇を切り給ふ時、大蛇の尾の中に有りしを取つて天照大神に奉る。後、人皇に及んで伊勢大神宮にありしを、日本武尊東征の時是れを申し出し帯し給ふ。駿河国にて賊徒火を放ちて尊を焼かんとしける時、尊此の劔を抜いて草をはらひ給ひければ、火烟賊徒に吹きかゝり逃亡す。是れより草薙劔とも申す。其の長き十抱ある故に十抱の劔とも申すなり云云。
妙法の付属は宝劔を授くると其の意之同じなり。(中略)
内侍所とは神鏡の事なり。八咫鏡とも申す。八寸有るが故なり。是れも天照大神、天の岩戸に籠り給ふ時、天の香久山の中枝にかけて祈り給ひしなり。是れは諸神はかりて日神の御影をうつして鋳給ふ鏡なり云云。職原大全一に云く、往古の神勅とは日本紀に、天照大神手に宝鏡を持ち天忍穂耳尊に授けて之を祝して曰く、吾が児此の宝鏡を視る当に吾を視るがごとくすべし云云。愚謂へらく、曰く、天照大神初め天忍穂耳尊を以て葦原中国の主と為す。此の時此の鏡を授けて云く、汝此の鏡を見る、吾が姿を見るが如くせよ、夫れより代々地神相伝ふ○古事記に云く、此の鏡とは専ら吾が御魂と為して吾が前に拝むが如し文。鏡を以て御魂と曰ふ。今の伊勢内宮の神躰是れなり已上略抄。
妙法の付属亦是れ同じきなり。」
(日寛『主師親三徳抄』富士宗学要集10-102〜104ページ)



読んで明白で、ここでは明らかに日蓮の三大秘法と三種の神器は同一視されています。先の本化妙宗連盟の高橋氏が述べていた趣旨と、大石寺の日寛がここで述べていることは驚くほど符合しています。
とすれば、やはり大石寺の古来の教義には疑うことなく神道の影響が存在し、それが昭和期に入って創価学会の出現以降、徐々に薄まっていったのだろうと思います。



ところで、創価学会が各家庭に頒布している本尊は大石寺26世日寛書写のものです。
もしも日寛の教義を根本にするのなら、三大秘法と三種の神器は趣旨として同一であるという日寛の教義に立ち返り、国柱会や本化妙宗連盟のような教義に返らなければ筋が通らない気がしてきます。まあ、既に退会している私には、そんな教義は必要ありませんし、願い下げなんですけどね。



















過去を認める姿勢。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて私は既に創価学会から退会し、日蓮正宗という大石寺信仰からも離れて、個人で信仰を深めたいと今は考えている人間です。
ブログ開設当初は創価学会の非活動メンバーとして、そういった人たちと一緒に糾合できるような何かを模索したこともありました。が、それは路線そのものが間違いだったと気づき、今は個人信仰を深めています。



私は創価学会の活動家時代に創価班の「広宣部」という他宗派との対論や諜報活動に携わり、そこで日蓮遺文や大石寺等の富士門流文書を資料として集めて読むようになります。



「広宣部と言論企画部」

「広宣部の思想」




「広宣部の思想」に書きましたが、広宣部の資料の多くは波田地克利氏によって提供されたものと聞いています。最近は法華コモンズに所属し、You Tubeで独自のチャンネルも創設して活動されているようです。変わらずに「八重の相対」という、正木正明氏も共有した池田大作無謬主義の考え方を主張されているようです。今の私にはもう関係ないことですが。



ところで、私は若い頃に創価大学で4年間の多感な時代を過ごしましたが、そこで歴史学を専門にされている方と知り合いました。
歴史を再構成するにあたって、彼から私が学んだことは「主観を徹底的に排し、史料を冷静に提示すること」です。
歴史学というのは、既に存在しない過去を研究対象とするものです。過ぎ去って存在しない歴史を浮かび上がらせるのに、主観や思い込み、先入観、パラダイムというのは実像を知ることを妨げるものです。
私は歴史学の再構成のために資料の冷静な提示が必要であるということを、彼から学んだのです。



例えば波田地克利氏が「八重の相対」と言っても、それは池田大作氏の思想を至上とする人たちに通用する議論かもしれませんけど、それは日蓮系の思想とは何の関係もありません。
池田大作、日寛、日蓮などの時代の違うパーツを都合よく貼り合わせてコラージュにしてみても、それは本来の日蓮の考えを再構成する正しい方法論にはなり得ませんし、説得性も持ち得ないでしょう。
とはいえ、そういうことを私もしようとした時期があります。日蓮の思想や親鸞の思想を現代哲学に言い換えたい衝動もありますが、それはそもそも彼らを当時の鎌倉時代の文脈から歴史学的に把握することとは当然のことながら違うことなのです。



この私の方法論は、ブログを読まれている方ならある程度理解して頂けていると考えています。
東洋精光や大蔵商事のことをブログに書きましたが、私は淡々と事実を列記することに主眼を置いて書いているつもりです。
いくつかのブロガーの方で、私の姿勢を好意的に評価してくださる方もいまして、ありがたい限りです。改めて感謝申し上げます。



大石寺26世堅樹院日寛は「依義判文」という教義を展開しました。書いてある文から意味を読み取るのではなく、大石寺戒壇本尊という「義」を根本にして「書いてある文を判釈していく」という姿勢です。
私はこの日寛由来の「依義判文」こそが、大石寺系教団の最大の誤りであったと考えています。
「義」によって「文」を判断するなら、書かれていない後世の教義をあたかも本来の思想のように「偽装する」ことが可能になります。
私はあくまで書かれてあること、事実であること、資料的に明確であること、残されている確実な文献から真実を描き出す作業を進めていきたいと考えています。



そのような歴史学的な方法論を軽視し、依義判文に固執する人たち、また歴史学的な検証を怠って「御書って難しいから」とお茶を濁す人たち、学ぼうとしない人たち、史実を認めない人たちには、あまりお近づきになりたくないです。
私は真摯に過去を認める人でありたいし、自身が過去に広宣部のような活動をしていた原理主義的な狂信徒であったことも素直に反省したいです。
過去を誤魔化してなかったことにする人たち、教義の矛盾を認めようとしない人たち、自分たちのアドホックな後付け教義に固執して絶対化を図る人たち、そう言った人たちはなぜか今の私には子どものように見えてきてしまいます。















伝法本尊の大きさ。

f:id:watabeshinjun:20210417071438g:plain


f:id:watabeshinjun:20210417071503j:plain






いつもみなさん、ありがとうございます。



さて私は大石寺・奉安堂に存在する、弘安2年造立説の戒壇本尊が、日蓮真作ではない後世の創作であることを何度かブログで書いています。



「弘安2年の戒壇本尊は日蓮の造立ではない」

戒壇本尊と御本尊七箇相承との相違」

戒壇本尊の重さ」

「日興跡條條事について」



戒壇本尊の大きさは縦143.92cm、横65.15cmというサイズでとても大きなものです。
では日蓮真蹟の本尊で、戒壇本尊よりも大きなサイズのものはあるのでしょうか。



実は存在します。



少し前のブログで書きましたが、弘安3年の「臨滅度時本尊」は縦161.5cm、横102.5cmという大きさです。これは日蓮が亡くなる時に池上邸に奉掲された本尊です。



ではもっと大きなものはあるのでしょうか。



ここで紹介したいのは弘安3年11月に書写された「伝法本尊」と呼ばれるものです。冒頭の画像を参照して頂ければと思います。画像の1枚目は玉澤妙法華寺にある真蹟で、2枚目はこの伝法本尊を楠木に彫刻したものです。神奈川・妙法寺の板本尊になります。



この本尊は12枚の紙を繋げて書かれており、日蓮が著した曼荼羅の中で最大級のものです。大きさは縦197.6cm、横108.8cmで、戒壇本尊などとは比べ物にならないほど大きなものです。
この伝法本尊は日蓮から六老僧の日昭に授与されたものです。このことは日昭の『譲与本尊聖教事』にも「一、大漫荼羅弘安三年十一月御筆 一舗」ときちんと記録されています(日蓮宗宗学全書1-11ページ)。
加えて、この伝法本尊には授与書に「釈子日昭伝之」と認められています。つまり「釈迦の弟子・日昭にこれを相伝する」と日蓮の筆で書かれているのです。



もちろん授与本尊の大きさだけで、どこの系譜が正統であるのかを計る指標になり得ないのは当然ですが、少なくとも日蓮にあっては日昭にきちんとそのような大きな本尊を贈っているということになります。



私は大石寺戒壇本尊が後世の創作に過ぎないと考えています。
邪推やもしれませんが、恐らくは大石寺としては権威があるような日蓮真蹟本尊が寺に残されていなかったことから、寺の正統性を担保するため他山を習って大きな板本尊を偽作したとしても、あながち不自然な推論ではないと私は思います。




追記
ちなみに日昭『譲与本尊聖教事』には、この伝法本尊とともに日蓮真蹟の『註法華経』も日昭に授与されていることが記録されています。真蹟の『註法華経』は正しく玉澤妙法華寺にあることは広く知られているところです。
ところで創価学会は2002年に新しく『妙法蓮華経並開結』を独自に発刊しましたが、秋谷栄之助の「発刊の辞」では発刊にあたり、この『註法華経』を底本としたことが書かれています。
ということは、創価学会法華経を発刊するにあたり、日興門流でありながら、日昭門流に伝わっている『註法華経』を「底本」として採用したということになろうかと思います。














東洋精光のこと。




いつもみなさん、ありがとうございます。





以前、私は池田大作氏が営業部長を務めていた、大蔵商事のことをブログで書いたことがあります。



「大蔵商事のこと」

「大蔵商事と松島勇氏のこと」




この「大蔵商事」の件は、創価学会の歴史の中で今では決して語られることのない部分ですが、今回はこの「大蔵商事」に加えて、戸田城聖が創立した「東洋精光」(後の「東洋物産」)という会社のことを紹介してみたいと思います。



上記の記事にあるように、昭和25年(1950年)秋に戸田城聖は金融会社として「大蔵商事」を設立します。ただ戸田氏本人は東京建設信用組合の営業停止の問題もあり、自身は顧問で控えに回り、社長に和泉覚、専務理事に森重紀美子(戸田城聖の愛人)を立てました。
「大蔵商事」の記事紹介でも述べた通り、営業部長だった池田大作の手腕もあり、この大蔵商事は昭和27年(1952年)頃には大きく安定した収益をあげるようになります。
そしてそれに合わせるようにして、昭和28年(1953年)、戸田城聖は「東洋精光」という会社を立ち上げます。



大蔵商事と同様に戸田城聖は社長にはならず、戸田氏のダミーとして北条浩(後の創価学会第4代会長)が社長に就任します。
記録に残っている歴代の社長は以下の通りです。



「東洋精光」(東洋物産)歴代社長

初代 北条浩(創価学会第4代会長)
昭和28年5月13日〜昭和35年2月21日

2代 飛田敏彦(創価学会総務)
昭和36年1月28日〜昭和38年1月28日

3代 山川義一(創価学会総務、聖教新聞業務総局長)
昭和38年6月1日〜昭和39年6月22日

4代 木村靖(社長会記録責任者)
昭和39年6月〜昭和51年1月

5代 名津井悟(創価学会総務、中野区議会議員)
昭和51年2月〜?




この会社は大蔵商事が引きあげて来た担保流れの品を、創価学会員に対して販売することをしていました。具体的に述べれば大蔵商事が学会員から集めた金を、高利で貸しつけ、運用する際に生じた担保流れ品を中心に、いろいろな物品を東洋精光で、創価学会員に販売していたのです。東洋精光は学会員に対して鍋や釜などの日用品から電化製品にいたるまで幅広い商品を扱っていたようです。



ところでこの「東洋精光」(後の東洋物産)は昭和41年(1966年)11月から公明党議会局部長の北条直(北条浩の実弟)が取締役兼商事部長として入社することになります。その後、昭和46年(1971年)頃、創価学会幹部の山本保生氏と組んで冷凍食品の事業に手を出すようになります。
この冷凍食品部門は一時は成功したようですが、その後、穴を開けるようになり、結局赤字とともに冷凍食品部門を別会社として切り離し、株式会社産業サービスを設立します。この時の産業サービスの代表取締役は山本保生でして、取締役の中に北条直が入っていました。



昭和50年(1975年)の暮れ、産業サービスに対する多額の融資や焦げつきが問題化するようになり、今井浩三(顧問弁護士)、篠原善太郎(東西哲学書院社長)、八矢英世(創造社社長)らが山本保生を責め、東洋物産のために数千万円単位の回収が行われました。
ところが山本氏は東洋物産への返済から1週間後の昭和51年(1976年)1月21日、産業サービスを計画倒産させます。その間、昭和50年10月から翌年1月にかけて約6億円の商品を取り込み、一部を代物弁済として東洋物産の返済に充てるとともに、残りを「ユアーズグループ」と称する5つの会社に分散して、再起を図ります。


しかしながら昭和51年の暮れ、再び行き詰まってしまい、山本保生は顧問弁護士の今井浩三に相談します。産業サービス当時の債権者から告訴されてしまい、このまま倒産すると一挙に事件化して創価学会の名前が世間に出かねない事態になっていたのです。



この時に創価学会の顧問弁護士であった山崎正友が北条浩、中西治雄と相談し、創価学会本体に累が及ぶのを恐れ、株式会社「千居」(中西氏の配下にあったとされます)から約2000万円の融資を「商品提供」という形で行いました。
ところが昭和52年(1977年)4月5日、山本保生は取り込み詐欺事件で高井戸署に逮捕されることになります。この後、問題がこじれ、冷凍食品会社は株式会社「シーホース」となります。山崎正友氏が経営していたとされる冷凍食品会社もそのルーツを辿れば、元々は創価学会の外郭団体、事業会社の一つであったわけです。



創価学会本体とは切っても切り離せない、「大蔵商事」と「東洋精光」、そしてその関連事業の中で、当時から多くの創価学会の首脳たちも養われていたことは容易に推察できると今の私は考えています。




参考文献
山崎正友『闇の帝王、池田大作をあばく』三一書房、1981年




追記
私の子どもの頃の記憶ですが、母が創価学会の協議会の帰りに大量の冷凍食品のエビを買って帰ってきた記憶があります。当時そんなに裕福でもなかった私の家で、「どうしてこんなに大きなエビの塊が買えるんだろう」と不思議に思いながら夕飯にエビフライを食べたことを思い出します。今考えてみると、それらは外郭団体の産業サービス、あるいはその後のシーホースが会員向けに販売していたものだったのかもしれませんね。










転重軽受について。








いつもみなさん、ありがとうございます。



さて創価学会大石寺の言う教義の中に「転重軽受」と言うものがあります。
これは、生まれる前の宿業が強く未来に苦しみを受けなければならないが、過去の業を軽く受けることができるという、涅槃経由来の教義になります。
この点は以前も少し書いたことがあるのですが、あえて日蓮の述作の『転重軽受法門』(真蹟:中山法華経寺)から引用してみましょう。



「涅槃経に転重軽受と申す法門あり、先業の重き今生につきずして未来に地獄の苦を受くべきが今生にかかる重苦に値い候へば地獄の苦みぱつときへて死に候へば人天・三乗・一乗の益をうる事の候」
創価学会版御書全集1000ページ)



ところで、この教義なのですが、日蓮以前に主張されていた人がいます。それは浄土宗の法然です。法然の書簡に「鎌倉二位の禅尼へ進ぜられし書」というものがあり、そこから引用してみます。この「鎌倉二位の禅尼」とは北条政子のことです。



「宿業限り有て受くべからん病は、いかなるもろもろの仏神に祈るとも、其れに依るまじき事也。祈るに依て病も止み、命も延ることあらば、誰かは一人としてやみしぬる人あらん。況や又仏の御力は、念仏を信ずるものをば、転重軽受と云ひて、宿業限り有りて、重く受くべき病を、軽く受けさせ給ふ。況や非業を払ひ給はん事ましまさざらんや。されば念仏を信じる人は、縦ひ何なら病を受くれども、皆是宿業也。」
(浄土宗略抄「鎌倉二位の禅尼へ進ぜられし書」より)



この書簡は正治元年(1199年)以降に書かれたものとされています。日蓮の『転重軽受法門』は文永8年(1271年)ですから、「転重軽受」の教義を述べるのは法然日蓮より70年ほど先行しています。



加えて法然の述べる「転重軽受」は少し意味合いが創価学会大石寺系教団で述べられているものとは異なってきます。
上述の法然の書簡によれば、法然は前世の宿業による病を患った場合には、それを仏や神に祈って治すのは無意味であると考えています。仏は念仏を信じる者の病を軽くする力を持っており、宿業以外の病気にはかからないようになるのだそうです。



法然は自身が病を患った時には医師の診察を受け、灸や湿布をし、唐から調達した薬を飲んでいたと記録にあります。法然は自身の病の治病のために祈祷を行ったことはないのです。ただ他者から頼まれた時に祈祷を行っていたことはわかっています。



翻って、創価学会日蓮正宗の信徒たちが「転重軽受」を信じてお題目を唱える姿勢というのは……私も元活動家なので経験があるのですが、ほとんど加持祈祷というべきものです。
頭から湯気が出るほど題目を唱え、一心不乱に何時間も唱題し続ける感覚は、まさに祈祷であり、浄土真宗からみれば単なる「自力」に固執している姿に見えてきます。まあ退会して過去の自分の姿を客観的に見られるようになったがためにそのように自分も初めて言えるわけなのですが……。



法然親鸞の考える教えは、徹底した「他力」であり、「自力」の無意味さを知り、剥き出しの凡夫に過ぎない自身の愚かしさに気づくことにあります。だからこそ「転重軽受」も前世の宿業を受け止めることに本意があるのであって、無理矢理に呪術で治すようなことを意図したものではありません。




参考文献
小山聡子『浄土真宗とは何か』中公新書、2017年













末法思想と極楽往生。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて、私はかつて創価学会日蓮正宗の信徒であったものが、非活から退会を選び、現在は龍樹の『十住毘婆沙論』等から念仏思想に接近しています。



以前、源信の『往生要集』について、記事を書いたことがあります。



「念仏思想について」



源信は『往生要集』で極楽往生するために二つの念仏を分けています。それは観想念仏と称名念仏です。



観想念仏は心の中に仏や浄土を思い浮かべる念仏であり、称名念仏とは「南無阿弥陀仏」と口で唱える念仏のことです。
源信は平生に行う念仏は観想念仏を重んじましたが、臨終時には観想念仏はあまりに難しく、心を乱さずに正念で一心に念仏を唱えることで、阿弥陀仏の来迎があり、極楽往生できると考えていました。



したがって源信にあっては、臨終時の念仏が大切なのであり、ここから「臨終行儀」ということが時代の流行になっていきます。亡くなるその瞬間に心を乱しては阿弥陀仏の来迎がないかもしれない、だからこそ痛みや苦しみを克服し、安らかな心で服装を整えて念仏を唱えて臨終を迎えることが平安時代には流行していきます。源信は臨終行儀に当たって身を清める際に鼻毛まで抜いたと言われています。



天台宗の教義では釈迦の入滅後2000年後に「末法」が始まるとされています。多くの創価学会大石寺系信徒の方も「末法」の概念は、ご存知かと思いますが、末法は釈迦の教えが力を失うとされた時代です。そして終末思想、末法思想が流行した平安時代の貴族社会には、源信の『往生要集』が大きな影響を与えていきます。
例えば藤原道長は書家に『往生要集』を書写させていますし、臨終の20日前に沐浴をして念仏をしたと言われています。
10円玉の絵で有名な平等院鳳凰堂藤原道長の息子・頼通が建てたものです。また阿弥陀仏の来迎を演じる迎講は観衆に浄土への憧れと共に、極楽往生の様子を脳裏に焼き付けて観想念仏の助けとすることを本来目的としたものです。



それに対し、法然は臨終行儀を重んじることをしませんでした。法然源信の臨終行儀の念仏を否定し、日頃からの専修念仏があれば極楽往生は疑いないとしたのです。
法然の弟子である親鸞は、この法然の考え方を継承し、龍樹の易行道・難行道を「自力・他力」と展開していきます。



彼らの根底にあるのは、末法という時代に釈迦の教えが効力を失い、そもそも「難行道」である法華経等の教えは力を持たないし、それらを修行することもできない、だからこそ念仏によって極楽往生を遂げようというものです。背景にあるのは政情の不安等、終末思想、明日の命さえもわからない不安というものです。



日蓮は、承久の乱において後鳥羽上皇方が負けたことを「亡国の証」と捉え、法華経を中心にした比叡山の再興を謳い、効力を失ったとされる法華経をもう一度中心にした祭政一致国家を夢見るようになります。そもそも日蓮のアプローチはベクトルが全く異なっており、日蓮は救いというより、国家の奉ずる宗教の問題に入って立正安国の世界を求めていくのです。



承久の乱について」




法然日蓮も、どちらも「末法」という政情不安な時代に生きたパラダイムを共有していたのであって、その中でどのように生きるのかを模索した人であったということです。同時に法然親鸞日蓮も当時の「末法」という歴史のパラダイムからは離れることはできませんから、それについて現代に生きる私たちは、何が今の自分達に必要なことなのかを自分で考えて一定の答えを出す必要に迫られているのだと私は考えています。
そのような検証の試みを根本から否定し、完成された教義を装って偽り、借り物の教義を信じるだけの人たち、とりわけそのような創価学会大石寺系の信徒たちは、真の信仰者とは到底言えないと今の私は考えています。










日目の『申状』から考える。





いつもみなさん、ありがとうございます。



さて前回の記事は、何度となく引用している日興の『三時弘経次第』から考える内容でした。
ところで、この日興『三時弘経次第』に見られる極端な国家主義、また本門寺構想、そして垂迹神天照大神八幡大菩薩という考え方はその後の大石寺教義のルーツになります。



それが示されているのが、大石寺第3祖日目の『申状』です。
日目の『申状』の中には、きちんと天奏において日蓮の『立正安国論』や日興の『申状』とともに、この『三時弘経次第』も添えて提出されたことが記録されているからです。
全文を引用してみましょう。



日蓮聖人の弟子日目誠惶誠恐謹んで言す。

 殊に天恩を蒙り、且つは一代説教の前後に任せ、且つは三時弘経の次第に准じて正像所弘の爾前迹門の謗法を退治し、末法当季の妙法蓮華経の正法を崇められんと請うの状。

副進
 一巻 立正安国論 祖師日蓮聖人文応元年勘文
 一通 先師日興上人申状 元徳二年
 一通 三時弘経次第
右、謹んで案内を検えたるに、一代の説教は独り釈尊の遺訓なり、取捨宜しく仏意に任すベし。三時の弘経は則ち如来の告勅なり、進退全く人力に非ず。抑、一万余宇の寺塔を建立して、恒例の講経陵夷を致さず、三千余の社壇を崇めて如在の礼奠怠懈しむることなし。然りと雖も顕教密教の護持も叶わずして、国土の災難日に随って増長し、大法秘法の祈祷も験なく、自他の反逆歳を逐うて強盛なり、神慮測られず仏意思い難し。倩(つらつら)微管を傾け聊か経文を披きたるに、仏滅後二千余年の間正像末の三時流通の程、迦葉・竜樹・天台・伝教の残したもうところの秘法三つあり、所謂法華本門の本尊と戒壇妙法蓮華経の五字となり。之を信敬せらるれば、天下の安全を致し国中の逆徒を鎮めん、此の条如来の金言分明なり、大師の解釈炳焉たり。就中我が朝は是れ神州なり、神は非礼を受けず。三界は皆仏国なり、仏は則ち謗法を誡む。然れば則ち爾前迹門の謗法を退治せらるれば、仏も慶び神も慶ぶ。法華本門の正法を立てらるれば、人も栄え国も栄えん。望み請う、殊に天恩を蒙り諸宗の悪法を棄捐せられ、一乗妙典を崇敬せらるれば、金言しかも愆(あやま)たず、妙法の唱え閻浮に絶えず、玉体恙(つつが)無くして宝祚の境ひ天地と疆(きわ)まり無けん。日目先師の地望を遂げんがために、後日の天奏に達せしむ。誠惶誠恐謹んで言す。
元弘三年十一月 日  日目花押」
(日目『申状』日蓮正宗歴代法主全書1-211〜212ページ、真蹟:保田妙本寺蔵)



以下に通解を載せてみます。



日蓮聖人の弟子である日目が、謹しんで申し上げます。殊に天皇の恩をいただき、一方には釈尊一代の説法の爾前経と法華経の説法の前後にまかせ、他方には釈尊滅後の時代区分である正法・像法・末法という三時弘経の順序によって、正法・像法時代に弘まった爾前迹門の謗法を退治し、末法衆生が救われる妙法蓮華経の正法を崇められることを、心より望み奉る状を捧げます。

副えて進呈します。
 一巻 立正安国論 先師日蓮聖人・文応元年の勘文
 一通 先師日興上人の申状
 一通 三時弘経次第

右の趣旨を謹んで述べれば、一代の説教とは独り釈尊が遺された教えです。その多くの経々を取捨選択するときは、あくまで仏意を根本としなければなりません。釈尊滅後の正像・末の三時に弘む経についても如来の告示があり、それらを人の力と思ってはなりません。

およそ仏法が伝来して今に至るまで、一万余りの寺院を建立し、仏の徳を賛嘆し、経典の講義は一向に衰えてはおりません。また、三千余りの神社を敬って、そこに神がおられると思って礼を尽くし、供物を捧げることを怠ったことはありません。しかしながら顕教密教による護持の祈祷も叶わず、国土の災難は日が経つにつれて増長しています。大法や秘法の祈りも効き目がなく、自他の叛逆は年とともに盛んになるばかりです。これでは、神の御意がどこにあるのか測ることもできず、仏の御意がいずれにあるのかもわかりません。

非才の身でありながら少々経文を開いて考えてみるにつけ、仏の滅後、二千余年が経過し、その間に正法・像法・末法の三時に流通した教えのなかで、迦葉尊者・竜樹菩薩・天台大師・伝教大師が弘めずに残された秘法が3つあります。それこそが法華本門の本尊と戒壇妙法蓮華経の五字です。今こそ、この三大秘法を信じ敬っていけば、世の中は正しく治まり、秩序を乱そうとする国内の反逆者を鎮めることができるのです。このことは仏の経典に明らかに説かれていることであり、天台大師等の解釈にも明白です。

就中、この日本国は神州、神により守護される国土です。神は非礼を受け入れません。また娑婆世界を含めた三界はみな仏国です。仏は謗法を諌めています。したがって、爾前迹門の謗法を退治するならば、仏も慶び、神も慶ばれます。法華本門の正法を立てるならば、人も栄え国も栄えるのです。願わくば、とくに天皇の恩を被り、諸宗の悪法を棄て、法華一乗の経典を崇め敬うならば、仏の金言には誤りはありません。つまり、国のいたる所で妙法蓮華経を唱えられ、玉体は健康に恵まれ、天子の政治が永遠に続いて、世の中も栄えます。

私日目は、先師の望みを遂げんがために、後日には天皇に奉上申し上げる次第です。

誠に恐れながら、謹んで申しあげます。

 元弘3年11月 日  日目花押」




と以上のような文面です。

日目の天奏の際に、日興の『三時弘経次第』がきちんと添付されているのがわかるかと思います。したがって日興『三時弘経次第』は正しく正文書であると考えるのが自然でしょう。

そしてこれを読む限り、日興の思想と同様に日目もまた日本という国を「神州」と考えており、極端な祭政一致国家を理想としているのがわかります。つまり法華経を根本にした祭政一致国家の樹立、そしてその結果として神州日本が守られ、玉体(天皇の身体)は守られるという考え方が日蓮、日興、日目と継承されていることがよくわかるかと思います。




以前の記事「日蓮の思想を考えると」(https://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2021/02/21/080309も書きましたが、大要以下のようにまとめて述べました。




1、日蓮は大前提として日本古来の神道を深く信奉しており、天照大神八幡大菩薩の加護を深く信じていた。


2日蓮は国家の奉じる宗教に法華経を用いるべしと考えており、かつて比叡山が国家権力と結びついたのと同様に、自身が国家に重用されて加持祈祷を行うべきだと考えていた。したがって「折伏」とは国家権力としての「賢王」が行う行為であり、僧侶となって法を弘持するのは僧である日蓮の役目となる。



つまり日目の思想にも、日興の『三時弘経次第』の内容はきちんと踏襲されており、日蓮や日興における天奏とは、本来この国体の護持と祭政一致国家の樹立という観点から為されたものであったということです。