気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の元非活メンバー(現在は退会済み)による語り

考えることのできない信徒を生み出した対話拒否路線。




いつもみなさん、ありがとうございます。



私は元々創価学会のバリバリの活動家でした。
私が一番好きだった活動は家庭訪問、友好活動と称してたくさん友だちを作って遊ぶのが好きでした。
また私は元広宣部の活動家でもありました。妙観講やら顕正会やら、組織内に事案があれば出動し、回答不能になるまで対論をしてきたものです。罪深い人生です。



私はブログ開設当初、まだその広宣部あがりの対論の性格が消えていませんでした。
非活から退会を選び、日蓮正宗からも離れ、さらには日蓮思想の検証を通じて日蓮からも離れました。
そこで自身の思考の愚かさを深く反省し、己の罪深さを呪ったものです。



私に語れるものがあるとするなら、私はそれなりに真剣に研鑽をしてきたということです。
まあ、自分の買える書籍の範囲内で、私は御書を読み、池田大作氏の著作も読み、牧口常三郎全集も読み、富士宗学要集や日蓮宗宗学全書、歴代法主全書等の文献も揃え、日蓮正宗側の文献や慧妙(当時の広宣部には聖教新聞とともに慧妙をとっている活動家もいました)などを読み、どういう風に教団論理が構成されてきたのか、どのように創価学会大石寺が批判されてきたのか、歴史的経緯も含めて学んできたのです。



今ではそれらの研鑽が全く無意味だったと思っています。そもそも専門で学ばれている方には何も敵いませんし、何か伝えられることがあるとするなら、私が集めてきた文献やら知ってきたこと、見てきたこと、学んだことを、気軽にブログで書くくらいです。



私が広宣部の活動から遠ざかる頃、創価学会は段々、他宗派に対して対論や過激な破折活動をしなくなります。
というのも、いろんなことを知ってしまった広宣部の活動家たちが日蓮正宗の信徒になってしまったり、退会してしまったりする事案が多発したからです。
当時、広宣部はスパイ活動まがいのことまでしていました。創価学会を脱会するようなふりをして勧戒式まで受け、素知らぬ顔で教団二重籍で大石寺に登山したりする人が多発したのです。大石寺内にも創価学会寄りの隠れ仮面僧侶もいましたので、狐の狸の化かし合いのような状況だったのです。



創価学会は、段々過激な色を弱めて、他宗派との対論をやめ、「会うな」「対論をするな」「ネットは見るな」という対話拒否路線にシフトしていくようになります。
そして教学は何もなくなります。『大白蓮華』の座談会御書は御書全集のほんの数行程度を大きな字で引き伸ばして、さもたくさん読んだように偽装したものになり、日寛の六巻抄や文段など全く読まなくなります。また日蓮正宗由来の教義(宗教の五綱、五重の相対、三重秘伝など)など教学試験の範囲から消えていきます。後に残ったのは教学を知らない、内弁慶の信徒たちだけです。



だから今の信徒たちは、何も語ることができません。若い人たちは特に戸田城聖氏が東京建設信用組合で事業停止命令を受けたことや、夕張炭労事件や小樽問答など歴史的な事実さえ知りません。彼らは学ぶことを奪われてモバイルSTBの神話化された池田大作氏しか知らないのです。
そんな信徒たちは事実を受け止めることができませんし、都合の悪い事実には耳を塞ぐことしかできません。対話ができないのです。
そのような信徒を生み出したのは、創価学会という教団です。



私は教団にも信濃町幹部にも頼らずに自身で学んできました。一部の広宣部の活動家や、また日蓮正宗の一部僧侶たちから学んだこともありましたが、基本は一人で学んできました。
ですから独りよがりで、研鑽が不足するところも多かろうとは思います。けれど私はそれでよいのだと思います。日蓮正宗創価学会のような大石寺系教団の欺瞞の教義から離れて自身で思索することを選びたかったのです。どうせ間違えるなら自分の責任で間違えたかったのです。私は教団の活動分子になどなりたくないですから。



自分の頭で考えられる人がいない創価学会等の大石寺系教団、そんな中で内弁慶な論理で対話拒否することしかできない信徒を見る度に、彼らは教団論理の犠牲者なのだろうなぁと感じずにはいられなくなります。















高尾墓園のこと。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて、創価学会やら日蓮正宗やら正信会やら顕正会やら、数々の大石寺系教団は互いに口汚く罵り合いながら、醜い正統派争いを繰り広げているところなのですが、その対立を象徴するような場所の一つとして、今回は東京八王子市にある「高尾墓園」を取り上げてみたいと思います。



東京都八王子市の郊外に7,500区画を持つ高尾墓園は、元々は昭和38年(1963年)に創価学会日蓮正宗側に寄進したものです。
私の父の年代の人たちがそうですが、当時は池田大作氏をはじめ、創価学会幹部や一般会員がこぞって墓を買い求めました。これが創価学会の墓地ビジネスの原型となったと言ってよいでしょう。私の両親の墓も父が若い頃に買ったもので、創価学会系墓園にあります。


昭和55年(1980年)7月に正信会が結成されます。これは創価学会独自路線に寛容な態度を示していた、阿部日顕ら当時の日蓮正宗執行部に対して、不満を持つ一部僧侶と信徒が結成したものです。
この際に墓園を管理する常修寺の住職は、正信会に移ります。これに対し、日蓮正宗側は離脱僧侶に対して寺院の明け渡しを求めて全国各地で提訴をします。常修寺でも寺と墓園の帰属を巡り、睨み合いの状態になります。



その後、平成に入り、今度は創価学会日蓮正宗の間で宗創紛争が勃発し、対立が激化する事態となってしまい、平成3年(1991年)に創価学会は破門されます。これ以降、創価学会日蓮正宗は互いに互いを罵り合う全面戦争の様相を呈していきます。
この間、平成11年(1999年)、日蓮正宗は常修寺代表役員の座を奪い返したのですが、正信会住職は墓園内での建物で生活を続行する二重支配の構造になります。
このため、日蓮正宗側は門前に事務所を別に設けて参拝者の対応を行うという奇妙な状態になります。日蓮正宗側の住職(現在は宮下雄鎮氏)が「墓園内の管理、清掃はこちらで行っている」としています。裁判の判例によるなら現在の正信会住職である西本暁道氏が天寿を全うするまでは、日蓮正宗側は高尾墓園を完全に取り戻すことができないことになっています。



そんな不毛な宗派対立の果てに、創価学会員の墓地所有者の足が高尾墓園から遠のくのは当然のことです。園内で手入れが行き届いた墓は全体の2割程度で、花が供えられ、卒塔婆が立つ墓はどれも創価学会を退会した人たちばかりだということです。
墓園中央には池田氏ら幹部による墓が序列順に並ぶ一角があり、その数は約120基。ただ墓石は既に風化し、香炉は崩れ落ち、基礎ごと撤去されたものさえあると言います。



その中で卒塔婆の立つ墓が2つだけ。
一つはかつて捨て金庫の騒動で持ち主として名乗り出て責任を取った中西治雄氏のもの。
もう一つは原島嵩教学部長の父、かつての最高幹部だった初代公明党委員長、原島宏治氏の墓だということです。



参考文献
高橋篤史「『創価マネー』の巨大経済圏」、週刊『東洋経済』2018年9月号所収。












社長会のこと。




いつもみなさん、ありがとうございます。



昭和35年(1960年)5月3日、池田大作氏が32歳の若さで創価学会会長に就任すると、創価学会は次々と外郭企業を設立するようになります。その中で、昭和42年(1967年)6月に各社の社長を集めて方針を話し合う「社長会」(金剛会とも言いました)が始まります。これは各社の持ち回りで、毎月開催だったようです。


この社長会の記録係を務めたのが、東洋物産(旧東洋精光)の4代目社長である木村靖氏で、事実、社長会の議事録は東洋物産の社用箋に書かれています。

f:id:watabeshinjun:20211008161324j:plain




東洋物産については、以下の記事を読まれると良いでしょう。大蔵商事に引き続いて設立され、会員の顧客の担保流れ品を販売していた会社です。



「東洋精光について」



議事録によりますと、築地の料亭で開かれた第1回で、池田氏は次のように発言したそうです。


「広布の闘いで、政党、学校、文化、民音等も出来た。最後に残ったのは経済だ。これからこの社長会を中心に経済革命をする」




このように池田氏社長会を中心に創価学会以外にも資金獲得を求めて財閥のような外郭企業連合体の構想を持っていました。そしてその構想はすでに実現されています。
当時の社長会では、石油、石炭、保険、モノレール、ラーメン店に至るまで多種多様な事業アイデアが出ました。
昭和45年(1970年)11月、第41回社長会では、富士白蓮社(葬儀会社)社長からウランの報告が上がります。
報告によるなら10年前に株を売って得た資金で岐阜県の山奥に3万坪の土地を買ったのですが、そこでウランが出たとのことでした。これは後に旧動力炉・核燃料開発事業団が埋蔵量を調査した東濃鉱山周辺を指すと考えられています。
池田氏はこれに対し、「それはすごい……億万長者だな、ウランは時代の先端を行くものだ……30億くらいにはなるよ……会館を作れ、ウラン会館だな」と発言しています。



社長会は昭和47年(1972年)6月の第61回まで続くことになります。しかしジャーナリストの高橋篤史氏によれば、社長会を中心とする外郭企業群は一般会員信徒から効率よくお金を吸い上げ、その外部流出を極力少なくする内向きな性格にとどまっていったようです。




参考文献
高橋篤史「創価マネーの巨大経済圏」、週刊『東洋経済』2018年9月号所収。



























日興の筆跡。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて大石寺では弘安2年造立説の戒壇本尊が、後世の偽造であることは度々このブログで指摘しています。また種々ネットで検索して頂ければ、如何に戒壇本尊の信憑性がないかわかります。そもそも戒壇本尊に言及した文献は日蓮にも日興にも日目にも見出せず、さらに後世の大石寺日道にさえ見出すことができません。


そんな欺瞞教義を真実であるかのように吹聴している大石寺なのですが、それを証明する根拠として度々彼らは日興の著作として『日興跡条条事』(『日興跡條條事』)を出してきます。
正直『日興跡条条事』は、日興の本来の筆跡と異なることに加えて、真蹟とされる紙に改竄・削除された空白部分の形跡が見出されるなど、信用性に多く疑義が呈されています。
以下に大石寺が真蹟とする、『日興跡条条事』の画像を載せてみます。

f:id:watabeshinjun:20211008100828j:plain



ここで私が注目したのは、冒頭「本門寺」の「本」という字の書き方です。
興風談所発行の『日興上人全集』から、日興真蹟画像を見てみたのですが、この「本」という字の書き方、素人の私の目から見ても常の日興の書法とは明らかに異なります。
どういうことか、日興真蹟の残る他の文献から見て比較してみましょう。
まずは日興『本門弘通事』です。この真蹟正本は大石寺に現存します。また真蹟末尾には大石寺20世日典が日興真蹟である旨の加筆をしています。

f:id:watabeshinjun:20211008100855j:plain


『本門弘通事』の冒頭と後半部分の「本」という文字の書き方に注目したいのですが、ここで日興の書法は「本」という字を書くのに「大」という字を書いてから「十」という字を下に加えるように書いていると考えられます。よく見ると「本」という文字の縦棒は完全に貫通しておらず、字の下半分の部分にしか書かれていないのです。下に『本門弘通事』の拡大画像を載せてみます。

f:id:watabeshinjun:20211008100919j:plain


f:id:watabeshinjun:20211008100932j:plain


では他の真蹟ではどうか。例えば『宗祖御遷化記録』(西山本門寺蔵)でも「本」の字を「大」と「十」に分けて書く独自の書き方が確認できます。拡大した画像を載せますので、読者の目で確認ください。マークした部分は「右六人者本弟子也」の「本」の文字の部分です。

f:id:watabeshinjun:20211008100952j:plain



日興の「本」の字の書き方は明確に「大」と「十」とを分けて書くような特殊な書法が用いられていることがわかるかと思います。
さて、それではもう一度大石寺が真蹟と主張する『日興跡条条事』の冒頭「本」の字を見てみましょう。


f:id:watabeshinjun:20211008101009j:plain



どうでしょうか。明らかにこれは日興の字体とは異なります。この字は、上述の「大」と「十」を分けるような日興独特の書き方と明らかに違うことがわかる筈です。つまりこの『日興跡条条事』を書いたのは、日興とは別人物の可能性が高い、すなわち後世の偽作の可能性が高いということになります。













日興と慈遍の神天上の法門。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて昨日の記事で書いたことですが、日蓮は『立正安国論』で「神天上の法門」を述べ、世の人々が正法である法華経に背く故に天照大神、また神々が法味に飢えて守護すべき国土を棄てて去ってしまうと考えていました。日蓮にあっては、天上の神々の実在性は確信されたものであり、日蓮は神々の存在を信じていることが大前提になっています。



ところで、日蓮の弟子の日興が書いた『神天上勘文』で次のような部分があります。



「其の上は此宗独り神去の法門を立るに非ず。天台の止観に宗廟社稷の神を釈し給へり。宗廟とは権者の神也。社稷とは実迷の神也。五穀の精也。叡山慈辺僧正は日登と名乗り給ふ也。而るに此人破邪持国論と申論一巻製作し給ふ也。此論は真言等の邪義を破し妙法を持て国土を安んぜしむる也。此論に専ら神去の法門之を立て、神に於て十七種の不同を立る也。(中略)さて有覚神とは権者の神にて御座候也。此神は止観に明す所の宗廟神と之同じ也。此神法味に飢て国を去る、国土の神にて御座候。」
(日興『神天上勘文』日興上人全集263〜265ページ)



日興もまたここで比叡山慈遍の『破邪持国論』という著作を紹介し、自身の神天上の法門が自分たちだけの考えではないことを述べています。
慈遍は吉田兼好の兄弟とされる人物で、その生涯に関しては不明な点も多く、この『破邪持国論』もどのような著作であったかわかっていません。ただここで日興が紹介しているところ、またその書名から推測するに、『立正安国論』を基にして書かれたものと考えられます。彼は後醍醐天皇の信任に厚かった天台座主慈厳に仕えています。また慈遍はその後、南朝方について伊勢神道を受容して、神国日本を永遠とする立場に立っていました。
その神国日本を信奉する慈遍の思想を日興が著作で紹介し、しかも日興本人が「此宗独り神去の法門を立るに非ず」とまで述べ、慈遍の思想と日興の考えが同じ立場に立っていることを示唆しているのです。


すなわち日興にあっても日蓮と同様に「神天上の法門」の立場に立っており、日蓮も日興も天照大神や神々の実在性を信じる立場にありました。そして日興は比叡山慈遍の「神国日本」の考え方と基本同じ立場にあったということになります。




追記
日興の『神天上勘文』は京都要法寺日辰、また大石寺了玄日精の写本が存在しています。興風談所の『日興上人全集』では要法寺日辰写本を底本とし、『日蓮宗宗学全書』では大石寺了玄日精写本を底本としています。












日蓮の神天上の法門。





いつもみなさん、ありがとうございます。



さて、日蓮の『立正安国論』における主張の中心には「神天上の法門」というものがあります。
要するに世間の人々が正法に背く故に、神々が法味に飢えて守護すべき国土を棄てて天上の本地に戻ってしまい、その代わりとして神社や仏閣には悪鬼が住むようになるというものです。



「倩ら微管を傾け聊か経文を披きたるに世皆正に背き人悉く悪に帰す、故に善神は国を捨てて相去り聖人は所を辞して還りたまわず、是れを以て魔来り鬼来り災起り難起る言わずんばある可からず恐れずんばある可からず。」
日蓮立正安国論創価学会版御書全集17ページ)



ただ日蓮がここで、その論拠として挙げる経文は金光明経、大集経、仁王経、薬師経の四経で、なぜか法華経以前の爾前経からの引用というのが、些か説得力に欠けるように思われます。
まあ、それはともかくとして、日蓮がここで「神天上の法門」を主張し、世の人々が正法である法華経を信じなければ、国土を守護すべき神が去ってしまうということを述べていることは理解できるでしょう。日蓮にあっては神は存在するものであり、正法に帰依するからこそ、法味を求めて神が国土を守護するということが日蓮の趣旨なのです。つまり日蓮にあっては神の存在は疑いのないものということになります。



さてそう考えると、北山本門寺棟札で「三堂一時造立」ということが述べられ、天照大神垂迹堂が造立されたこと、またかつて大石寺堂内にもまた垂迹堂が実在していたことは、至って自然なことなのかと思います。



「法華垂迹天照大神宮のこと」

「神社建立・本尊奉納は大石寺本来の教義」

「日興の『本門寺根源』と石川氏」



さて、このような神の実在と法華経の関連性について、創価学会は果たしてどのように考えているのか、過去の教義との整合性やその齟齬についての説明が全くされません。
私個人としては、日蓮の論理についていけないところも多く、法華経を中心とした国家を理想とする故に国体としての天皇が守護されるという考え方に批判的です。またその立場を恐らく取るであろう、日蓮正宗大石寺顕正会等にも全く同意できません。



しかしながら、日蓮の『新尼御前御返事』等を読めば、日蓮天照大神の実在を信じ、法華経を蔑ろにする故に神が天皇を守護しないのだとする考えを日蓮が取っていることは瞭然です。



天照大神は東条の郷に住まう」



そのような日蓮の思想性に対して、創価学会は完全に頬っ被りをして、過去の日蓮正宗の偽作教義との齟齬も説明せず、日蓮の思想を単なる「生命のリズム」とか「宇宙の法」とか言い換えるだけなら、日蓮の末流でさえないと私は思います。






事前運動の禁止にもかかわらず。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて現場の仮面活動家さん、また非活メンバー、一部の信濃町職員から連絡を頂きましたが、すでに創価学会は選挙体制に入っています。支援の活動は既に解禁されたようで、報告もバシバシ取られているようです。



私みたいな者のところに、詳しい報告が仮面活動家たちから入る時点で、信濃町も末端組織ももはや上への面従腹背が常態化してきていることの証拠かと思います。
それはさておき、創価学会は告示前から実態として選挙運動をやってしまっています。これは公職選挙法で禁止されている事前運動にあたる筈です。
創価学会幹部はそんなことを百も承知で、いろいろ詭弁を弄して選挙支援活動を正当化します。



例えば友人宅に家庭訪問をするのを「友好拡大」とか言います。そもそも友人に頼んだ数を「F」と報告しますが、「F」とは「フレンド」の略で、これは表向きは「友人作り」の活動なのだというわけです。
また個別訪問も禁止されていますが、創価学会員は「端から端まで順番に行ったら個別訪問だけど、バラバラにランダムに行けば問題ない」という衝撃的な言い訳論理を展開したりもします。



まあ、そんな訳で、もしかしたら非会員の方の家に創価学会信徒が今後どんどん家庭訪問をしてくることが予想されます。とりわけ公明党小選挙区を抱える地域(広島3区、北海道10区、東京12区、大阪3区、大阪5区、大阪6区、大阪16区、兵庫2区、兵庫8区)は、創価学会員が大挙してやってくる可能性が高いでしょう。



彼らを追い払うのは簡単で、まず最初に「何の目的で来たのか」を言わせればよいだけです。「公明党の候補が出るので挨拶に」とか「今度選挙がありまして」とか言ったら、それは事前運動にあたる旨を伝えて、名前と所属組織を聞き出し、選挙管理委員会と警察に連絡をする旨を伝えることです。悪質であれば即座に連絡をして構わないと思います。
当たり前ですが、公職選挙法で公示前の事前運動は禁止されています。その当たり前のことがわからないのが創価学会員です。まだ衆議院が解散もしておらず、公示前なのに選挙支援の事前運動などやってよい筈がありません。



まあ、大石寺系教団の特徴らしく、自分たちの論理が破綻していることがわからず、批判されている理由も受け入れられない方がまだ多くの活動家に散見されるようです。創価学会員の個別訪問を望まない方は、彼らに訪問の目的を聞き出し、堂々と彼らのやっていることが公職選挙法違反であることを述べてよいでしょう。