気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の元非活メンバー(現在は退会済み)による語り

不軽菩薩の精神から見れば。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて非活から退会を選び、あらゆる大石寺系教団から離れた私ですが、相変わらず創価学会日蓮正宗の一部の信徒さんからは文字通り「罵詈雑言」を浴びせられることが多いです。
一部紹介すると「バカ」「アホ」「人格障害」「次元が低い」「地獄に堕ちろや」「嘘つき」「天魔」「精神に障害がある」等々、ここに載せるのも憚られるほど酷いものばかりです。


まあ、別に私はそれらの教団から離れているので、外野でやいのやいの言っている分には傍観しています。彼らの文脈の中で、彼らの世界で楽しく過ごしてもらえばいいだけのことで、私を巻き込んでほしくないだけですから。



まあ、なんでもいいんですけど、創価学会大石寺の信徒さんって、法華経の常不軽菩薩品第20を読んだことがないんでしょうか?



常不軽菩薩品第20に何が書いてあるのかなんて、日蓮系信者ならもはや常識かと思うんですが、簡単にかいつまんで書いてみましょう。



威音王仏の時代に生まれた常不軽菩薩は、一切衆生に仏性があるとして、出会う人全てに礼拝をし、決して軽んじることがありませんでした。その時に唱えた言葉がいわゆる「二十四文字の法華経」と言われています。


「我深敬汝等、不敢軽慢、所以者何、汝等皆行菩薩道、当得作仏」

「我れ深く汝等を敬う、敢えて軽慢せず、所以はいかん、汝等皆菩薩の道を行じて、当に作仏することを得べし」

f:id:watabeshinjun:20220115192401j:plain

このために、不軽菩薩は他の人たちから愚弄され、侮蔑され、木や杖で殴られ、石や瓦をぶつけられたと言われています。これらの難を「杖木瓦石の難」といいます。
法華経によれば、不軽菩薩を侮蔑した人たちは死後に阿鼻地獄に堕ちますが、その後、長い時間の後、再び仏に巡り会うことができたことが説かれています。



とすればですよ。
不軽菩薩の精神から考えれば、法華経を依処とする信徒は、あらゆる人の仏性を信じて礼拝を続けた不軽菩薩の精神を受け継ぐべきかと思います。
それなのに、なぜ創価学会日蓮正宗の信徒は、退会者を侮蔑して憚らず、挙げ句の果ては「地獄に堕ちろ」とか「バカ」とか人格否定までするのでしょう?
それが法華経に説かれた不軽菩薩の振舞いと合致するのでしょうか。
自分たちでやっていることと、法華経に説かれていることが違っているのに、そのことになぜ自覚もできないのでしょう。



私は既に創価学会を退会しました。日蓮正宗からも離れました。ですから関係はありません。
けれど思想・信条は自由ですから、外野でやいのやいの言いたいことを言うのは別に自由だと思っています。
私が理解できないのは、関係ない一般の私を巻き込んで人格否定までして、他者を侮蔑して憚らない精神性の方なのです。それは不軽菩薩の精神にも反する行為だと私は思います。


















浄土宗弾圧を容認する日蓮。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて日蓮の『立正安国論』には、比叡山からの法然への死後の批判として、いわゆる「嘉禄の法難」のことが書かれています。
まず「嘉禄の法難」とはどういうものかを簡単に説明しましょう。


嘉禄3年(1227年)、法然の死後15年後のことですが、法然が説いた専修念仏は広がりを見せていました。特に東山の法然廟所では毎月法然の命日である25日に大規模な法要が営まれ、法然を顕彰していたため、彼の専修念仏を快く思わない者たちの反感を買っていたのです。


同年の6月に天台宗の僧である定照が、法然の弟子であった隆寛に『選択集』を批判する書状を送り、これに対して隆寛が反論の書を送るということが起こります。これをきっかけに延暦寺の衆徒が専修念仏者の黒衣を破るという行為に出ます。さらには天台座主が「念仏者たちを流罪に処する」「東山の法然墓所を破壊して鴨川に遺骸を棄てる」ように朝廷に訴える騒ぎになります。



先に動いたのは延暦寺の僧兵たちで、朝廷の許可が下りる前に法然の廟所を破壊する暴挙に出ます。これを知った浄土宗側が機先を制して6月22日に法然の遺骸を掘り出します。彼らは嵯峨の二尊院に遺骸を運ぶ予定でした。浄土宗の僧侶や六波羅探題の武士約1000名も護衛についたと言われています。
二尊院に運ぶことがこの時に延暦寺側にばれてしまい、別の寺に一時改葬をしますが、7月に入ると、隆寛ら浄土宗の僧侶は次々と流罪になり、10月には延暦寺の大講堂で、法然の『選択集』の印板(印刷用の版木のこと)を焼き捨てることまでします。そうやって延暦寺側は浄土宗に圧力をかけてきたのです。



このことは、日蓮の『立正安国論』中でもきちんと言及されています。

f:id:watabeshinjun:20220115171852j:plain


「其の上去る元仁年中に延暦興福の両寺より度度奏聞を経・勅宣・御教書を申し下して、法然の選択の印板を大講堂に取り上げ三世の仏恩を報ぜんが為に焼失せしむ、法然墓所に於ては感神院の犬神人に仰せ付けて破却せしむ其の門弟・隆寛・聖光・成覚・薩生等は遠国に配流せらる、其の後未だ御勘気を許されず豈未だ勘状を進らせずと云わんや。」
日蓮立正安国論創価学会版御書全集26ページ)



つまり念仏という教えが、仮に天台の教判から間違っているとして、それを批判する方法として日蓮は「法然墓所を破壊する」「信徒の黒衣を破る」「印刷用の版木を焼き捨てる」等の行為は容認されると考えているということになります。
以前、ブログで書いたように、日蓮における「折伏」には元来「布教」の意味はなく「為政者や神仏による他宗派の弾圧」という意味で使われていることがわかっています。
したがって比叡山が行った「嘉禄の法難」は、日蓮の文脈としては容認される行為だと考えていたことになります。






























身を供養することが説かれる法華経薬王品。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて法華経を「生命の尊厳を説いた経」だと勝手に創価学会は言っておりますが、そもそもそんな根拠はありません。
宝塔を五大と捉えるのは、覚鑁の思想であり、そもそも『阿仏坊御書』は真蹟不存です。また『阿仏坊御書』に説かれる五大(地水火風空)は真言の五輪思想なのです。



まあそれは措くとしても、法華経薬王品には、この身を犠牲にして仏に供えることが説かれていまして、とてもとても生命を尊厳と捉える経典とは思えません。何せ信仰のためなら自らの身を火で焼くことも辞さない教えなのですから。



法華経薬王菩薩本事品第23には以下のように説かれています。

f:id:watabeshinjun:20220115162647j:plain


「其身火燃、千二百歳、過是已後、其身乃尽、一切衆生喜見菩薩如是法供養已、命終之後、復生日月浄明徳仏国中、於浄徳王家、結跏趺坐、忽然化生」
創価学会版『妙法蓮華経並開結』586〜587ページ)



ここに書かれているように、一切衆生喜見菩薩は、自らの身を火で焼いて供養し、その命が終わった後、日月浄明徳仏の国土に忽然として生まれたことが説かれています。法華経薬王品にはこのように身を捨てて供養することを「第一の施」として称賛されているのです。

f:id:watabeshinjun:20220115162704j:plain



そして仏のために自らの肘を焼き、肘を失うことが供養の徳として讃嘆されています。

f:id:watabeshinjun:20220115162719j:plain


法華経が生命の尊厳を説く経文なのであれば、なぜ尊厳であるはずの生命の一部を焼いたりして、命懸けで供養をしなければならないのでしょう。













必要ない人たちと関わらない。




いつもみなさん、ありがとうございます。



こんなブログを書いて、もう5年以上も経ちますが、書くたびに創価学会日蓮正宗の信徒さんから悪口雑言、罵倒されることばかりでした。今もそうです。
でも全然平気です。なぜかと言えば、私は別にもう創価学会とも日蓮正宗とも何の関係もないからです。
彼らは「仏罰を受けるぞ」とか「地獄に堕ちる」とか、やたら非活や退会者を脅してきます。そして悪口ばかり言うのです。
辞めたら悪口言われるなら、最初から入らなあ方がよくありませんか?
そんな教団に入りたいと思う、一般の方がいますか?
要するに退会者や離宗者に冷酷で非道な組織なんです。




反対に彼らから離れて、私は複眼的な視点を持つことができるようになりました。
創価学会の退会者の苦しみがよくわかるようになりました。そして彼らを利用してハイエナのように食い物にする、日蓮正宗顕正会の性質がよく見えるようになりました。
そして今まで会えなかった友人たちとたくさん会う時間がとれるようになりました。友人と会っても布教する必要もないし、新聞営業をしなくてもよいし、セミナーに誘わなくてもいい。選挙の応援も頼まなくてよいというのは、本当に精神的に楽になりました。楽しく友人と会って何のプレッシャーも感じずに全力で遊ぶことができるようになりました。



家族や地域のしがらみから、退会や非活に踏み出せず苦しんでいる方がいることを私は知っています。かつての私がそうでしたから、よく解ります。
私と私の母がとった方法は、少しずつ理由をつけて活動から離れていったということです。魅力的な人がいない、行っても面白くない会合など参加に何の意味があるでしょう。
少しずつドロップアウトして、自分の時間を楽しめばよいのです。道ですれ違っても無視していればいいだけです。声をかけられても会釈して立ち去ればいいだけです。私はそうしてました。




必要のない人と関わる時間は人生の無駄です。
必要な人たちと会うことに私は全力をあげて楽しんでいます。
いつもみなさん、ありがとうございます。











『百六箇抄』奥書に見る「出世の本懐」




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて、先日は日蓮の「出世の本懐」について、日蓮門下の日興の『原殿御返事』によるなら、「出世の本懐」は「南無妙法蓮華経の教主釈尊如来の画像」と述べられていることを記事に書きました。意外とこの記事は反響が大きかったようです。


日蓮出世の本懐は『南無妙法蓮華経の教主釈尊如来の画像』である」


日興は、どこにも戒壇本尊が「出世の本懐」などとは書いていません。
この文献は真蹟不存ながら京都要法寺日辰の古写本が知られ、日辰の『祖師伝』にも全文が引用されています。また身延山11世の行学日朝の『立像等事』にも抄録が知られ、中山久成日親の『伝燈抄』にも引用があることで知られています。
また『原殿御返事』や『美作房御返事』は、日興の身延離山の史料として、ほぼ唯一の貴重な史料になっています。これらを否定するならそもそも日興の身延離山の歴史を根底から否定することと同義です。


さて前置きが長くなりましたが、今回は『百六箇抄』奥書から「出世の本懐」を考えてみたいと思います。
『百六箇抄』は後世の偽書説が濃厚です。引用する部分は『富士宗学要集』第1巻の画像です。ここでは文章に全て二重線が引かれていますが、これは堀日亨氏の注によるなら、後世の加筆部で特に疑義が持たれている部分です。

f:id:watabeshinjun:20220115085328j:plain


「右件の口決の血脈は聖人出世の本懐衆生成仏の直路なり、上人御入滅程無く聖言朽ちず符号せり、恐る可し一致の行者悪む可し師子身中の虫なり、建治三年壬八月十五日聖人曰く日蓮が申しつる事ども世間出世間共に芥爾計りも違せば日蓮法華経の行者に非ずと思ふ可し云云、未来世には弥よ聖言符号すべしと之を覚知せよ貴し貴し云云、設ひ付弟たりと雖も新弘通所建立の義無くんば付属を堅く禁じ給ふ者なり、然る間・玉野太夫法印は王城の開山日目弘通の尊高なり、花洛並に所々に上行院建立有り云云、仍て之を授与するのみ。
正和元年壬子十月十三日  日興日尊に之を示す。」
(『百六箇抄』奥書、富士宗学要集1-24ページ)


この引用部の冒頭で「口決の血脈」が「聖人出世の本懐」であり「衆生成仏の直路」とされています。ここでは口伝の血脈が「出世の本懐」とされているんですね。
ところが日蓮自身は遺文中で、伝教最澄の言葉を繰り返し引用して「仏説に依憑して口伝を信ずること莫れ」と、口伝を否定しています。具体的に創価学会版御書全集から述べれば『開目抄』(219ページ)、『撰時抄』(282ページ)、『聖愚問答抄』(482ページ)、『立正観抄』(528ページ)と何度も口伝は否定されています。このことからも「口伝」を「出世の本懐」とする『百六箇抄』の信用性の低さがわかるかと思います。



加えてこの『百六箇抄』奥書、内容からも少しおかしなところがあります。それは「玉野太夫法印は王城の開山」としているところです。
玉野太夫とは、京都要法寺開山日尊のことです。日尊が京都の六角油小路に上行院を建立して、京都弘通の先鞭をつけたことをここで「王城の開山」と称されているのですが、この事実は日目の死後、建武3年頃と推定されていまして、末尾にある「正和元年」からは20年以上も後のことになります。
このことからも、大石寺59世の堀日亨氏は「正和の百六箇相伝の示書のごときは、まったく後人の偽作と見ても差しつかえがない」と述べています。つまり史実と内容が付合していないのです。


またこの奥書の末尾には「日興日尊に之を示す」とあります。これが正しいとするなら、日興から京都要法寺の日尊に血脈口伝が伝わったことが「聖人出世の本懐」となってしまいます。



「『百六箇抄』の問題点①経巻相承」

「『百六箇抄』の問題点②男尊女卑思想」

「『百六箇抄の問題点③史実との不整合」






佐々木交賢氏の学的誠実さと真理を愛する姿勢。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて、私は創価大学出身であり、さまざまな方と出会ってきたことが精神的な財産となっています。
優秀な学生や先輩方、また教授陣に出会うことができて、今になってその学恩に感謝することも多いのです。
その中で忘れられない一人に、デュルケーム社会学研究の泰斗である、佐々木交賢先生がいます。



創価学会の初代会長である牧口常三郎氏は、その著書『創価教育学体系』を繙けばわかるように、社会学者のエミール・デュルケームから多大な影響を受けています。少し開いて読んでみればページの端々にデュルケームの引用が散見されることでしょう。だからこそ創価大学デュルケーム研究者がいることは非常に重要なことです。佐々木交賢氏は、牧口常三郎氏と親交のあった田辺寿利氏にも師事されていました。また新明正道氏の弟子でもあります。



私が佐々木交賢氏に惹かれる理由は、彼が真理を求める学問的誠実さに貫徹されていたということです。
佐々木交賢氏が亡くなった際、弟子である杉山由紀男氏(現創価大学教授)は、日仏社会学会の追悼文「佐々木交賢先生を称える」の中でで以下のように述べています。


「私も学生時代創価大の佐々木ゼミの一員であったが、本当に自由な雰囲気の中でのびのびと勉強させてもらった。先生は自分と異なる見解についてもそれをよく尊重された。しかし、学問に対する先生の姿勢は厳しく、根拠薄弱な見解については容赦がなかった。ある時、私は学内の研究会での発表を先生から機関銃のように攻撃されて文字通り閉口したことがあった。真理を愛してそれを誠実に追求する頑固なまでの信念と姿勢を先生はけっして曲げなかった。」
(杉山由紀男「佐々木交賢先生を称える」日仏社会学会)



佐々木交賢氏は師である新明正道氏(元創価大学教授)の創唱した「新明社会学」を批判したこともありました。佐々木交賢氏の著書『デュルケーム社会学研究』(恒星社厚生閣、1978年)では、新明社会学への批判を含む論文も収録されています。この後書きで佐々木氏は次のように述べています。



「本書に収録の論文のなかには新明先生の学説への批判がましい箇所もある。未熟の私が新明社会学を批判するのは全くおこがましいかぎりである。ある学者は、あんな批判をするなど非礼だと新明先生に申しあげたようである。わが国の学界に恩師の学説を批判することを非礼とする風習があることは私も充分心得ている。しかし海の如く広いお心をおもちの新明先生は一笑に付されたようである。先生は学生時代から、「自分をのりこえて行け」といつも激励して下さった。私は、むしろ新明先生への御恩返しの意味で新明社会学批判をしたのであって、そのことは先生御自身深く理解して下さっていた。研究の対象、批判の対象には巨峰を選ぶべきであろう。私の社会学研究会・批判の対象にはデュルケームとともに新明先生がおいでになる。それはデュルケームも新明先生も超一流の社会学者だからである。そして私の前に大きく立ちはだかっている巨大な存在だからである。」
(佐々木交賢『デュルケーム社会学研究』308ページ、恒星社厚生閣、1978年)

f:id:watabeshinjun:20220110092600j:plain



真理を愛する姿勢、学問的な誠実さは、私が創価大学で学んだ、最も大切なことであると感じます。
そして同時にこんなブログを書いている自分の目から見れば、そのような学問的誠実さを見失い、真実を隠して信徒に見せず、偽装された教義と作られた神話で信徒を欺き続ける教団こそ、創価学会であり、また日蓮正宗であり、諸々の大石寺系教団であると思います。










本を読むこと。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて、私はすでに創価学会からも日蓮正宗からも離れています。
元活動家としてかつてはバリバリに宗教活動をしてきましたが、果たして意味があったでしょうか。
思い返してみて、意味があったと思うのは二つだけです。


人と会うこと
本を読むこと


これだけです。
これ以外は全て時間の無駄だったと思っています。



私は人と会うのが好きで、ひたすらに家庭訪問しては遊んでいました。
選挙のために会いに行くだけでは人から嫌われるために行っているようなものです。なのでたくさん遊びましたし、食事も行きましたし、スポーツ大会もやりました。バーベキューをやったり、母とお好み焼きパーティーをやったり、たくさんやりました。宗教の話などほとんど全くしませんでした。でもそういうことが大切なのだと、私は母から教わってきました。



もう一つは、ひたすら本を読んだことです。
学生時代からいろいろと読んできました。ただ頭が悪く、難しい専門書の類いはわかりませんでした。Twitterでは【気楽非活の気楽な読書案内】などと書いていますが、見ればおわかりのように専門的な書物は数えるほどしかなく、多くは文庫や新書ばかりです。
けれどそうやって一つ一つ学んだことしか、自分のものにならないことを、私は学生時代に嫌というほど思い知らされました。
活動家になって、広宣部・言論企画部のメンバーになった時も、ひたすら資料を集めて読んでいました。神田神保町の東陽堂書店等にはよく通い詰めたものです。



多くの方がブログを書いては、数年ほどで書くことがなくなって断筆してしまうのは、理由は簡単で、自分の中に言いたいことがなくなってしまうからです。
私は今もひたすらに文献を読んでいますし、それがなくなればブログなどあっという間に閉鎖してしまうでしょう。読むことと書くことは不可分なのです。



私はそんなに背伸びをしません。
大言壮語なことをブログで書いたりしません。
ただ読んでわかったことを淡々と書くだけです。自分の思いもいろいろ書きますが、思いと客観的な史料とは別のことです。
何度もこのブログで書いていますが、大事なことは「自分の頭で考える」ことだと思っています。どんなに頭が悪くても自分の責任で何かを理解し、自分の責任で間違えることです。
どこかの教団の教義を無前提に信じ込んでいるから、わからなくなってしまうのだと思います。
真実はどこまでいっても存在しません。
正統な仏教の教団などというものは、単なる概念上のものだけで、大石寺系教団信徒たちは「正統探しの観念の遊戯」をしているのだと思っています。
自分の頭で考えること、そのために一つ一つ文献を読むことしかないのです。



私のブログが、少しでも自分の頭で考えるための、助けになるのなら幸いです。
いつも読者の方には支えられています。本当にありがとうございます。