気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

ブログの紹介を。

最終更新:2017年7月27日当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。また毎回読みにきてくださる方も多く、本当に感謝しています。当方、元バリバリの活動家だった非活の一創価学会員が、創価学会の現在や教義の問題等を勝手に気楽に語る、非常に趣味…

信濃町のみなさんへ。

いつもみなさん、ありがとうございます。さてこのブログ、最近は1日に数千件のアクセスがあります。たくさんの人に読んでいただき、本当に感謝しています。激励や質問のメールもいただきます。本当にありがとうございます。なかなか早急な返信ができず、申し…

現状の組織の思想的分裂。

いつもみなさん、ありがとうございます。さてTwitterやらブログやらいろいろみていますと、現状の信濃町が、創価学会の内部に面従腹背の多くの会員を生み出していることがわかります。思想的に次のようなグループに分かれるかと思います。①信濃町絶対派。信…

我見について。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて今回は「我見」について、書いてみたいと思います。私はこんなブログを書いていますけど、応援してくださる方も多くとても嬉しいです。本当に感謝しています。一方で批判される方も多く、それは思想上の相違とし…

『中論』を読む(5)第1章の4

いつもみなさん、ありがとうございます。さて今回の『中論』紹介は第1章の第4節になります。kriya na pratyayavati napratyavati kriyapratyaya nakriyavantah kriyavantas ca santy uta「作用は、縁を所有するものとして有るのではない。また作用は縁を所有…

摂受と折伏について。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて今回は某読者からメールにてご教示いただき、今成元昭氏の論文を読んで非常に示唆を受けました。今成元昭「教団における偽書の生成と展開」http://www.geocities.jp/saikakudoppo/imanari001_inf.html今回はこの…

広宣流布は鳩摩羅什の造語。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて大石寺にせよ創価学会にせよ、日蓮系教団なら誰もが自明のこととして疑わない「広宣流布」なる言葉ですが、これはサンスクリット本には存在しない造語です。日蓮自身はといえば「後の五百歳に当たって広宣流布の…

教学への無関心。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて創価学会は2014年に教義を改正して弘安2年戒壇本尊を受持の対象から外しました。加えて教団自身が「創価学会仏」という仏の存在だと定義しました。私などは違和感があるのですが、ほとんどの会員さんは何も思わな…

生命論からの脱却。

いつもありがとうございます。さてネットを見ていると、創価学会や大石寺の教義の欺瞞性に気づき、独自に思索をされる方が増えているようで、私としてはとても心強いです。思想の相違はあってよいと思いますし、いろんな考え方を持つ人がたくさん出てきて構…

本来の法華経の構成。

いつもみなさん、ありがとうございます。アクセス数も増え、本当にたくさんの方が見ているのを日々感じています。メールやツイッター等での激励やご意見も本当にありがとうございます。全て確認して見るようにしています。さて今回は法華経の構成を考えてみ…

活動家をやめてよかったこと。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて今回は私が創価学会の活動家をやめてから、よかったことをいろいろ書いてみたいと思います。1、お金が貯まるようになった。これはとてもうれしかったです。創価学会の活動家はとにかくお金がかかります。公明パン…

自身の加担した過去の反省。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて創価学会を批判するブログを見て回ると、一つの傾向が感じられます。それは「私は創価学会の被害者であり犠牲者だ」「創価学会は加害者だ」「だから創価学会は非難されて然るべきだ」という論調です。どんなこと…

『立正観抄』の真偽について。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて今回は最蓮房宛の書状について、考えてみたいと思います。ご存知の通り、最蓮房宛の書状には真蹟が現存しません。例えば最蓮房宛と考えられる遺文について書き出してみましょう。1、『生死一大事血脈抄』(文永9…

文献を読むということ。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて「なぜ創価学会の会館に図書室がないのか」という疑問を呈していた方がTwitterにありました。もっともなことで、本来教学の研鑽をしたいなら、組織として文献を揃えて会員に提供するのとは至極当たり前のことかと…

日蓮本仏説は後世の創作に過ぎない。

いつもみなさん、ありがとうございます。釈迦を本仏としていたのは五老僧ではなくて、日蓮本人です。「釈尊を本仏とする文証」http://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2016/11/07/000833また日興自身、釈迦を本仏と立てていたと私は考えています。「日興…

『中論』を読む(4)第1章の3

いつもみなさん、ありがとうございます。さて今回の『中論』は第1章の3節になります。na hi svabhvo bhavanam pratyayadisu vidyateavidyamane svabhave parabhavo vidyate「もろもろの事物をそれらの事物たらしめるそれ自体は、もろもろの縁のうちに存在し…

御書には未収録の遺文が。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて創価学会が今後どのような教学を持とうとも、それは創価学会本部が自由に決めればよいことです。もう何度も言ってることですが、今の状態なら、創価学会は日蓮の団体であることを自称するのはやめた方がいいと思…

自己の思想的陥穽に気づくこと。

いつもみなさん、ありがとうございます。今回は私のブログに関して、メールにて過分な評価をいただきましたので、ご本人様の了解を得た上で、メールの内容を一部紹介したいと思います。"こうした知的作業を楽しめるような気分になれたのは幸いです。このブロ…

龍樹の『中論』を読む(3)第1章の2

いつもありがとうございます。さて今回もナーガールジュナの『中論』の読解です。今回は第1章の第2節です。第1章第2節。catvarah pratyaya heteur arambanam anantaramtathaivadhipateyam ca pratyayo nasti pancamah「縁は四種ある。原因としての縁(因縁)…

批判するなら、なぜ読むのか?

いつもありがとうございます。ところで、私はあまり理解できないことなんですが、私のブログを批判してブログを書いている人に限って、なぜだか知りませんが、私のブログをやたらよく読んでいる方が実は多いんです。そんな方は私のブログなど参考にしなけれ…

「宿習」の用例について。

いつもみなさん、ありがとうございます。ところで先日「宿命」という語の日蓮の用例について、ブログで書かせていただきました。「宿命は日蓮の思想ではない」http://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2017/07/04/000000ここで指摘しているように「宿命」…

龍樹の現代的意義。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて今回はなぜ私が龍樹の『中論』に着目するのか、その現代的意義を考えてみたいと思います。『中論』を丹念に読んでいくと自立する概念は存在しないことになります。例えば「愛」というものも「苦しみ」というもの…

わからない人にはわからないこと。

いつもみなさん、ありがとうございます。創価学会は日蓮の教えではありません。日蓮正宗も日蓮の教えではありません。北山本門寺も保田妙本寺も小泉久遠寺も日蓮の教えではありません。身延山に行っても日蓮の教えはありません。どこに行っても真実はありま…

活動を悩んでいる方へ。

いつもみなさん、ありがとうございます。活動を悩んでいる方へ。会合なんて出なくていいです。新聞啓蒙なんてしなくていいです。地区協議会なんて出なくていいです。本幹も別に出なくていいです。幹部に指導受けなくてもいいです。聖教新聞なんて読まなくて…

「宿命」は日蓮の思想ではない。

いつもみなさん、ありがとうございます。創価学会の方も、大石寺信徒の方も「宿命」とか「宿命転換」なんて言葉を使いますけど、これって日蓮はほとんど使いません。ですから「宿命」という概念は日蓮の思想とは言えないと思います。日蓮に「宿命」の用例が…

龍樹の『中論』を読む(2)第1章の1

いつもみなさん、ありがとうございます。さて今回はナーガールジュナ『中論』第1章「原因(縁)の考察です。第1章「縁の考察」Pratyaya pariksana svato napi parato na dvabhyam napy ahetutahutpanna jatu vidyante bhavah kva cana ke cana「もろもろの事…

龍樹の『中論』を読む(1)

いつもありがとうございます。さてこれから、少しずつ不定期でナーガールジュナ(龍樹)の『中論』を紹介してみようと思います。テクストについては、サンスクリット原本からの中村元訳、西嶋和夫訳の2種類を参考にしたいと思います。なお西嶋氏の訳本にはサ…

人材育成の失敗と総括。

いつもみなさん、ありがとうございます。創価学会は「大勝利!」「大勝利!」とさんざん喧伝してきましたが、未来部に未来はありません。すでに他ブログの方がご指摘されたように、2013年に小学校に入った学会員の子どもの数はすでに1万人を割っています。創…

都合が悪いと言わなくなる。

いつもありがとうございます。さて創価学会って過去に言ってたことも、都合が悪いと言わなくなりますよね。大石寺も似たようなものだと思いますが。最近で言えば「1000万票」なんかそうですね。御大が1000万を目標になんて言ってたけど、結局800万越えたら退…

教学試験はマークシート。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて創価学会の教学試験は、任用試験どころか、ついに3級試験さえもマークシート方式になりました。教学の停滞はどうにもならないですね。だいたい一心三観も知らない。宗教の五綱も知らない。五重の相対も知らない。…

牧口思想について。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて最近様々な方から応援メッセージ等を頂き、本当にうれしいです。いつも感謝しています。ところで、とある方から牧口思想についての示唆深いメールを頂きましたので、一部を紹介したいと思います。この方は牧口常…

どう読むかは自由。

いつもありがとうございます。アンチ創価の人たちにもいろいろいらっしゃいますが、日蓮の御書にひたすら依拠して信仰の基礎を確立しようとする人もいます。とても良いことだと思います。やらなければならないことは真撰の日蓮遺文をきちんと読み、偽書の疑…

安楽行品について。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて今日の記事は、法華経安楽行品第14(サンスクリット本・第13章「安楽な生活」)から少し引用したいと思います。「…………このように、求法者の乗物に乗った誰かの心を混乱させるようなことを語らない。そして、彼は…

日有はまだ日蓮本仏説ではない。

いつもありがとうございます。ところで私は創価学会や大石寺の唱える"日蓮本仏説"というものは大石寺9世日有が言い出したものとは考えていません。「日蓮本仏説の萌芽」http://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2017/04/02/002022この中で書きましたが、…

自分の頭で考える。

いつもみなさん、ありがとうございます。私は以前、こんなブログを書いています。「底の浅い思想は消え去る。」http://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2016/12/02/061625要するに程度の知れる底の浅い思想はいずれ力を失って歴史の試練に耐え得ずに消え…

功徳も罰も信じない。

いつもみなさん、ありがとうございます。考えてみると、私は創価学会の非活メンバーになってから「反逆者」とか「退転」という言葉を使わなくなりました。自分は「反逆者」とか「退転者」とかよくネット上で罵られているのとは対照的ですね(笑)。考えてみ…

法華経を根本とした道元。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて鎌倉仏教の中でも日蓮だけが法華経を根本にしていると、多くの創価学会員さんや大石寺信徒さんは思っていますけど、実は道元という人もまた法華経を非常に重視していたことは、日蓮信徒の方々にもっと着目されて…

提婆達多について。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて提婆達多というと多くの方には釈迦に反逆した無間地獄に堕ちた極悪人というイメージですが、法華経の提婆達多品では天王如来という仏の記別を受けています。デーヴァダッタ(提婆達多)はブッダの晩年に教団の改…

法華経と華厳経。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて『法華経』と『華厳経』はどちらが上位の経典なのでしょうか。私は経典についてのこういう議論、つまり「どちらが正しくどちらが誤りか」という議論をあまり好みません。ちなみに日蓮は『本尊問答抄』において『…

二処三会は存在しない。

いつもみなさん、ありがとうございます。今回のテーマは法華経の「二処三会」(にしょさんね)についてです。わからない方のために簡単に説明しますと、法華経では最初の説法が霊鷲山で説かれます(序品第1〜法師品第10)。そしてその後、宝塔が現れて釈迦多…

無量義経への疑念。

いつもみなさん、ありがとうございます。無量義経に「四十余年・未顕真実」とありますが、この「真実」が『法華経』であるということを示す文献的証拠はありません。現在の仏教学では、無量義経は西暦500年頃に中国で作られた偽経であると考えられています。…

評価は他者が決めること。

いつもありがとうございます。私のブログを批判する方がいてもそれは全然構わないことですが、面白いのはどういうわけか、逐一私のブログ記事をチェックしている点です(笑)。単に読まなければいいんだと思いますよ。要するに私のブログの価値なんて他人が…

真蹟遺文に「血脈」の語はない。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて昨日の聖教新聞(2017年6月15日)の紙面座談会で『生死一大事血脈抄』が引用され、団結の重要性を指摘されていました。「血脈」とは「水魚の思い」をなすことが大切なんだそうです。私もかつてそう教わりました。…

今回の教学試験について。

いつもありがとうございます。さて久しぶりに『大百蓮華』を見てみました。2017年6月号、教学試験特集号になります。巧妙だなぁと思ったのは、絶妙に本仏という考え方を凡夫の中に内在する仏性としてしているところです。虚空会の付嘱の儀式を説明する際に釈…

「創革連」のこと。

いつもみなさん、ありがとうございます。さてTwitterで図らずも呟いた「創革連」について、思いの外、いろんな方からご質問を頂いたので、記憶の許す限りで簡単に書いてみようかと思います。創価大学に90年代に突如現れた「創価革新学生連合」(通称:創革連…

都議選が外注?

いつもありがとうございます。さて先日、現役の青年部員さんから衝撃的なお話を聞きました。なんと今回の都議選で、青年部の遊説隊が集まらず、大田区ではついに創価学会青年部ではなく外注で(つまりアルバイトをお金で雇って)遊説隊を組んでいるのだそう…

石田次男の重用。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて今回は戸田城聖会長が石田次男氏を重用していたことについて、少し書いてみたいと思います。以前も昭和26年の青年部の陣容ということで関連する記事を書いています。今回はその続きのような感じで書いてみましょ…

儒教における孝養。

いつもみなさん、ありがとうございます。さて少し前の投稿で日蓮の思想の背景に儒教の影響があることを少し書きました。『立正安国論』の儒教的な発想。http://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2017/06/08/060417今日は日蓮の使う「孝養」という語に注目…

本部職員にやってもらいたいこと。

いつもみなさん、ありがとうございます。ところで、創価学会の本部職員って、お給料貰ってるんですよね。財源はどこから来るのかといえば、そりゃもちろん私たちの真心の財務からですね。副会長クラスになると年収一千万を超えるくらいのお給料です。お給料…

池田哲学とは何か。

いつもありがとうございます。さて私は大石寺の教学にも創価学会の教義にも全く共感はしていません。とりわけよくわからないのは、創価学会員がよく語る「池田思想」とか「池田哲学」という言葉の持つ内実です。創価学会員さんって「池田哲学とは何なのか」…