読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

王城会という組織がある

王城会という組織がある。

壮年部員による牙城会みたいなもの。


創価学会の会館の警備とセコムセットのため
会館に着任するのが牙城会、
駐車場整理の警備員が創価班なんだけど、
この牙城会も創価班も男子部が担っている。
けれど昨今の青年部激減により
会館警備が男子部で回せなくなってきた。



まあそこで、健康で時間もある壮年部員で
会館警備の役をできないかと
立ち上げられたのが王城会。
地域によってないところもあったりします
基本、会館警備ですが、
牙城会よりはるかにゆる〜い感じで
着任できる日に着任できる人がついてる
そんな感じ。



まあ思うんですけど、
男子部だけで会館警備を回せないなら
そろそろ創価学会の会館も閉館すべきかと



どうせ維持費もかかってきますし
全ての維持費を賄うのは
そろそろ無理が出てきますよね





「テナント募集」とか貼り紙出しても
お店とか入りたいっていう希望があるかなぁ
たぶんないと思うんですけどね。




会員の集まらない会館から
順次閉館しましょう。
早めにやらないと10年後、20年後
本当に困ることになりますよ
どうせ財務なんて減ってくんですから
学会総体の収入なんていくらか知らないけど
絶対減りますよ
組織に発破かけたって
大して増えませんから
早めに縮小整理の段取りをつけておかないと
信濃町さんとしてはやばいんじゃないっすか?



壮年部員の王城会なんて
ゆる〜いグループでして
自分たちの着任できる都合の良い日に
着任が集中していて
慢性的に着任者不足になってますよ




私はそんなもの、もうやる気はありませんし
散々牙城会でご奉仕させて頂きましたから
表彰もされたのでもう充分です(笑)
私のところだけは
王城会は誘いに来ないでくださいね(笑)
誘われてもやらないけど。