気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の元非活メンバー(現在は退会済み)による語り

文証がない教説は否定されるべきとするのが日蓮の思想である。

 
 
いつもみなさん、ありがとうございます。
 
 
 
さて私はこのブログで、日蓮遺文やら経文やらを具体的に引用し、その本来の意義や教団の矛盾点等を明らかにすることが多いです。
さてそんなブログの執筆姿勢なのですが、一部の創価学会日蓮正宗顕正会等の大石寺系教団信者たちから謂れのない非難中傷を浴びることがあります。その中で多いのが「道理証文より現証にはすぎず」(『三三蔵祈雨事』創価学会旧版御書全集1468ページ)と言うことを持ち出して、「文証では日蓮の法門はわからないのだ」とする議論です。
 
『三三蔵祈雨事』は確かに大石寺現存の真蹟(三位日順の写本も現存)ですが、この引用部の前には明確に「日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず」(同ページ)と書いてあるのです。つまり日蓮は自身の教説の正統性を述べるために「道理と証文」をきちんと示したことになります。決して文証を蔑ろにしてよいということではありませんし、また日蓮自身は大変な博覧強記であり、必ず書で自身の思想を主張する際は、経文の正確な引用を証拠として用いているのです。
したがって「道理と証文」を蔑ろにして「現証」のみを殊更に正統性の証明とする考え方は、そもそも日蓮本人の思想と相容れないことになるでしょう。
今回はそこで日蓮遺文から、日蓮が経文による証明、すなわち「文証」を自身の教説の証明とした発言を取り上げてみたいと思います。
 
 
1、『唱法華題目抄』(真蹟不存、日興写本)
答えて云く仏の遺言に依法不依人と説かせ給いて候へば経の如くに説かざるをば何にいみじき人なりとも御信用あるべからず候か」(同9ページ)
 
但し法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず。」(同16ページ)
 
2、『守護国家論』(身延曽存)
「今経論を以て邪正を直す信謗は仏説に任せ敢て自義を存する事無かれ。」(同37ページ)
 
3、『真言見聞』(真蹟不存、日向『金綱集』に類文有)
玄の三に云く「文証無き者は悉く是れ邪偽・彼の外道に同じ」文、弘の十に云く「今の人他の所引の経論を信じて謂いて憑み有りと為して宗の源を尋ねず謬誤何ぞ甚しき」文、守護章上の中に云く「若し所説の経論明文有らば権実・大小・偏円・半満を簡択す可し」文、玄の三に云く「広く経論を引いて己義を荘厳す」文。」(同148ページ)
 
4、『北条時宗への御状』(真蹟不存)
国家の安危は政道の直否に在り仏法の邪正は経文の明鏡に依る。」(同170ページ)
 
5、『撰時抄』(真蹟現存)
仏の未来を定めて云く「法に依つて人に依らざれ」竜樹菩薩の云く「修多羅に依れるは白論なり修多羅に依らざれば黒論なり」天台の云く「復修多羅と合せば録して之を用ゆ文無く義無きは信受すべからず」伝教大師云く「仏説に依憑して口伝を信ずること莫れ」等云云、此等の経論釈のごときんば夢を本にはすべからずただついさして法華経大日経との勝劣を分明に説きたらん経論の文こそたいせちに候はめ」(同281〜282ページ)
 
6、『持妙法華問答抄』(真蹟不存、日持代作説有)
唯人師の釈計りを憑みて仏説によらずば何ぞ仏法と云う名を付くべきや言語道断の次第なり、之に依つて智証大師は経に大小なく理に偏円なしと云つて一切人によらば仏説無用なりと釈し給へり、天台は「若し深く所以有り復修多羅と合せるをば録して之を用ゆ無文無義は信受す可からず」と判じ給へり、又云く「文証無きは悉く是れ邪の謂い」とも云へり、いかが心得べきや。」(同462ページ)
 
7、『聖愚問答抄』(真蹟不存、日像『曼荼羅相伝』[1318年]に引用有)
されば我等が慈父・教主釈尊・雙林最後の御遺言・涅槃経の第六には依法不依人とて普賢・文殊等の等覚已還の大薩埵・法門を説き給ふとも経文を手に把らずば用ゐざれとなり、天台大師の云く「修多羅と合する者は録して之を用いよ文無く義無きは信受す可からず」文、釈の意は経文に明ならんを用いよ文証無からんをば捨てよとなり、伝教大師の云く「仏説に依憑して口伝を信ずること莫れ」文、前の釈と同意なり、竜樹菩薩の云く「修多羅白論に依つて修多羅黒論に依らざれ」と文」(同481〜482ページ)
 
8、『立正観抄』(真蹟不存、久遠寺日進写本)
法華経何れの文・人師の釈を本と為して仏教を捨てよと見えたるや設い天台の釈なりとも釈尊の金言に背き法華経に背かば全く之を用ゆ可からざるなり」(同528ページ)
 
9、『祈禱抄』(身延曽存)
若し証拠なくんば誰人か信ずべきや、かかる僻事をのみ構へ申す間・邪教とは申すなり」(同1355ページ)
 
 
 
如何でしょうか。一部に真蹟不存の遺文も挙げましたが、真蹟現存や身延曽存の遺文中も示しましたので、きちんと「経文に明らかなるものを用いるべき」「証拠を挙げるべきである」という日蓮の考え方は読み取ることができるのではないかと思います。
従いまして経文や仏説に根拠のない、文証のない言説は否定されるべきというのが日蓮の基本的な考え方であると私は思います。