気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の元非活メンバー(現在は退会済み)による語り

学ぶ姿勢について。




いつもみなさん、ありがとうございます。




さて私は自分が教学を学ぶ態度と、多くの創価学会員さんが教学を学ぶ態度とで違いがあることを感じたりします。


むろん学ぶ量のことではありません。
そうではなく、学ぶ姿勢です。
現役の創価学会員さん、また大石寺の新参講信徒さんもそうかもしれませんが、どちらかと言えば彼らは自身の信仰体験とか組織の繋がりがまず土台にあり、それを後付けで説明するために日蓮の御書の一節を利用するということです。
ですから「面倒見のよい幹部さん」に限って、私のブログによる批判に関して、論点を逸らしたりはぐらかされる方が多いのかと思います。


「面倒見の良い幹部さんに限って」


ところが、現在の私はそうではありません。
私もかつては活動家でしたから自身の信仰体験もありますし、たくさんお題目も唱えてきましたが、それらを裏付けるために今は学んでいるのではなく、そもそも真実は何なのか、本当のところは書いてあるのか、そこから導き出されるより普遍性のある結論とは何なのかを考えているだけです。


ですから私は自身の前提が否定されることも辞さないつもりですし、自身の書いたものが絶対的で動かせない真実であるとは考えていません。
ですから、大切なことは史料を根本にすることで、史料や文献、史実から動かせない事実を抽出し、そこから思索をしていきたいと願っているだけなんですね。


多くの創価学会員さんや大石寺新参講さんには「こういう体験がある」「だからこれが真実であるはずだ」という思い込みがあると思います。彼らはそれを思い込みではなく、そう信じることが信仰であると誤解されているように思います。検証がなければそれは単なる思い込みでしかなく、客観的な正統性や普遍性は担保し得ないでしょう。
さらにそれらの体験をもとにして、自教団の正しさを主張されるなら、なおのこと検証もない思い込みに過ぎない事実を単に他者に勧めているだけのことです。そもそも「利根と通力によるべからず」とした『唱法華題目抄』の考えとも異なると思いますし、また現証と理証の前提に文証を必要とした日蓮の三証という考えとも矛盾するように思います。



私は単に学ぶことに貪欲でありたいだけですし、単に本当のことを知りたいだけです。
かつて私が信じてきたものも多く欺瞞があったことは学んでよくわかりましたし、非活・退会組になった自分としてはそれらを棄てることに躊躇はありませんでした。
学ぶことによって、自身の今まで信じてきたものの誤謬がわかったのなら、潔くそれらを認めて、自身の前提を問い直すことこそ私にとって誠実に自分に嘘をつかず生きることだと考えています。それこそがまさに「浅きを去って深きに就くは丈夫の心なり」の本当の意味するところなのではないでしょうか。