気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の元非活メンバー(現在は退会済み)による語り

もともと何の写本が存在したのか。






いつもみなさん、ありがとうございます。




さて『富士一跡門徒存知事』から考えれば、もともと富士門流に日興写本やその転写本として以下の10篇の御書が伝わっていたことが記されています(創価学会版御書全集1604〜1605ページ)。


『開目抄』
『報恩抄』
『撰時抄』
『下山抄』
『法華取要抄』
『四信五品抄』
『本尊問答抄』
『唱法華題目抄』


『富士一跡門徒存知事』が日興の著作であるのかどうかという問題はさておくとしても、富士門流の文書中にはそのように伝わっていたということは確認できるでしょう。


ところで、不思議なことなのですが、富士大石寺はこれ以外に、多く日蓮真蹟、また日興写本を蔵しています。
御消息の類なら膨大な数に上りますし、純粋な述作でも例えば『諫暁八幡抄』や『三論宗御書』等も存在しています。『十宗判名事』も大石寺曽存の真蹟であったはずです。
また日興の写本なら、その数は大変な数になるでしょう。


なぜそれら真蹟や日興写本の事実が『富士一跡門徒存知事』に多く触れられないでいるのか、よくわかりません。
例えば後世に富士大石寺が入手したのか、あるいは発見したとするならば、その経緯がどうなっているのかよくわからないんですね。
そうでなく、元々から存在していたとするなら、なぜそれが記録されていないのかということになると思います。
この辺、また少し調べてみたいなぁと思います。