気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

考えることをやめないこと。





いつもみなさん、ありがとうございます。



さて、私はこんなブログを書いていますけど、創価学会大石寺の信徒さんを救いたいとか、そんな大それたことを考えているわけではありません。
だいたい私はそんな高尚な使命感を持っているわけでもありませんし、私自身そもそも卑俗な人間に過ぎません。


私は自分で考えて自分で答えを出したいだけですし、何事も単に自分の責任で決定したいだけなんですね。
読者の方に私の考えを押し付ける気なんてありませんし、私のブログが信用に足るのかどうかは読者の方々が判断すべき問題です。
ですから、一人一人の信仰者が自分で自分の信仰の問題に責任を持ち、自身で決定することが大切になろうかと思うんですね。


そのためには「考えることをやめない」ことだと思います。
「考えること」を放棄して、安易に結論を下すのも自己責任ですが、結果として大石寺系の無思索な原理主義者の再生産に寄与するだけでしょう。



自分の頭で考え、自分の責任で信仰の真実を選び取ればそれでよいのだと思います。
真実がただ一つであるはずなどありませんから、さまざまな形で自身の信仰の形を求めていく一人一人になれればよいのではないでしょうか。
もしも私のブログ記事がそのようなことを考えるための材料になるなら嬉しいです。
その中でさまざまな信仰者が現れて、より普遍性の高い考えが今後支持されていくと思いますし、その時に私のブログなど忘れ去られても構わないと思います。
私は単に自分の頭で考えて自分の活動家の半生をブログで総括したかっただけですし、自分が間違えたのなら自分の責任で間違えたかっただけなのです。


自分の人生には自分で責任を負いたいです。
私が活動家として過ごした創価学会とか日蓮正宗とかいう教団は偽善に過ぎなかったと思いますけど、それを選んで生きてきてしまったのは私自身の責任です。
私はその責任を回避して、教団や他者を悪し様に罵るだけの信仰者になりたくないです。
そんなことをすれば、創価学会大石寺から抜け出しながら、やってることは彼らとなんら変わらなくなってしまうからです。


私はあくまで自分が「間違った人生を生きてきてしまった一人」として、過去を反省し、自分で考えて信仰の形を掴みたいと願っているだけです。もちろんそれができているかどうかなどわかりません。むしろそれはできていないと思いますし、今後も求め続けていく必要があるでしょう。