気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

自己正当化と他者を卑下する精神性。





いつもみなさん、ありがとうございます。



最近は本当にいろんな方から応援メッセージを頂きます。ありがとうございます。



度々、このブログで私が主張していることですが、私はすでに「どこかに絶対に正しい教えがある」とか「師匠は絶対に正しい」とか「法主は絶対に正しい」とか「どこかに日蓮の正統な血脈が必ずある」というドグマを卒業しています。


そんなものは存在しません。


例えば創価学会を退会して、ひたすら創価学会員に対して悪口雑言を浴びせるだけの人は、未だに自分が正しく、どこかに正しい信心の正統があると勘違いされている方かと思います。
要するに非難中傷をしているだけで、未だに精神的に教団に固執していることを自覚できない人たちなんですね。


これらは創価学会を罵る大石寺法華講さんも全く同じ、稚拙な精神構造かと思います。要するに「正しい教団に属している」という妄想・ドグマに囚われているからこそ、平気で元鞘の教団を罵倒できるんですね。
この精神構造は、例えば池田大作氏を絶対視して信濃町を罵倒する人たちの精神構造も所詮同じかと思います。
みな、何か正しい教えとか正しい師匠とかに固執してしまっていて、今更自分たちの信じてきたドグマを客観視できなくなっているのです。


だから早く離れることです。
早く忘れて自分の信じる信仰を確立し(別にそれらが無信仰でも他宗の信心でも構わないと私は思います)、他者を悪者にして自分だけを自己正当化する安易な思考法を捨て去ることです。


元の信仰の偽善に気付きながら、ドグマが捨てきれず不安になる人の原因は、そのような「どこかに正しい教えがある」という自身の盲信を捨てきれないからなのであって、そのような信徒さんが少なからず存在することを私たちはよく知っています。
絶対の法など存在しません。幻想を捨てましょう。余談ながら創価学会の退会者や法華講の離檀者に鬱病等の傾向が見られる遠因はその辺にあると私は考えています。自分が信じていたものが虚偽と気付きながら過去の自分の半生を否定できない故に何かを悪者にしたり、自己弁護したりする精神性から抜けられないのです。


私のブログを読んで、創価学会日蓮正宗など大石寺系教団から離れている人から多くメールやメッセージを頂きます。いつも本当にありがとうございます。
一部を紹介してみましょう。


「学会を辞めた時は半覚醒でしたが、気楽さんのブログで勉強させていただき、本当の問題に気がつきました。」


「気楽さんのブログには助けられました。こ」からも、読みます。また何かあれば相談や質問させてください。」


「貴ブログとの出会いにより、これまで信じていたことが実は真実ではない、ということも知った今、私の創価学会に対する忠誠心や信仰心、信心というものは薄れ、謙虚な姿勢で全ての人々、書物から学べるものは素直に学ぼうと思っています。これからも貴ブログで勉強させていただきたいと思っています。」


「いつも拝見させていただいてます。ほんとにいちいち頷いて読ませてもらってます」



他にも多数のメッセージ、連絡等を頂いています。本当にありがとうございます。
私が嬉しいのは、大石寺創価学会といった教団の論理から離れて、自身で思索を深められる方が少しずつ出てきていることです。
何を考えても自由です。ただ自分の論理を安易に正当化して他者を卑下する考え方から早く脱却することが大切であろうと思います。