気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

わかりやすく書く努力。




いつもみなさん、ありがとうございます。
最近、またアクセス数が増えています。本当にみなさんに感謝します。


さて私は「わかりやすく書くこと」を基本的なスタンスとしています。


「わかりやすく書くこと」


記事の内容によっては、若干難解になることもあって、その点は反省もしているのですが、基本的には一回一回の記事それ自体で完結して、それだけを読んで意味がきちんととれることを目標にしてはいます。


「わかりやすい」ことが必ずしも「良い」基準であると私は思いませんが、最近は多くの方から「わかりやすい」と評価頂くことが多いです。


そもそも日蓮の教えというものは難信難解であり、わかりやすい民衆仏法などではないと考えています。
日蓮が在世中に組織したのは大師講であり、講説の内容は天台教学の教判。その内容の大要は『一代五時鶏図』を見ればわかるでしょう。講義の相手は出家者か文字の読める武家です。とても民衆が聞いてわかるものではありません。


私は理解力の低い人間で、何かを読んで理解するまで時間がかかることが少なくありません。
私がかつて広宣部時代に、創価学会大石寺の教義を学びましたが、少しずつゆっくり学んだことは事実です。


私がその時に心がけたことは、書かれた資料の客観性を中心とすること、そして書かれている文字は動かせないからこそそれを基本ラインとすることです。


他者に何かを真実だと伝えるなら、客観的な根拠を必要とするでしょう。私はその根拠を単純に示すことを優先しているだけなんですね。


最近ブログへのアクセス数が増えています。Twitterでいろいろご批判頂くことも多いのですが、そういった批判があると逆にブログのアクセス数が増え、本当に驚いています。
思うに大石寺系教団の教義というものが、どこか文献的な検証を疎かにしていて、それらを「わかりやすく信徒さんに伝える」という努力を怠っているのかと私は考えています。


そんなわけで、私は自分が理解できて他者も理解できるように、「わかりやすく書く努力」をするようにしています。
というより、自分自身が論理的に明確に書かないと理解できないだけなんですけどね(笑)。