気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

説得性がなければ人は離れる。




いつもみなさん、ありがとうございます。


さて私は自分自身の過去の思想の総括のために、こんなブログを書いていますけど、私は自分の思想や考えを読者に強要はしていないつもりです。


史料や文献を通して、その教義の信憑性が低いならそのことを指摘もしますが、それらを読んでどう考えるかは、個々の信仰者の自由であり、彼ら自身の課題であると思います。


例えば私は池田大作氏をこのブログで様々に批判していますが、もしも池田大作氏を評価されるのならば、彼の思想のどこに日寛思想や儒教的な発想を越えるエレメントがあるのかを明確にすればよいだけかと思います。


「池田と日寛」

「池田哲学とは何か」

池田氏の生命至上主義」


例えば日蓮遺文を丹念に読めば、佐渡以降に日蓮が久遠の釈迦を本仏と定めたことは『南条兵衛七郎殿御書』や『祈禱抄』また『神国王御書』等に明らかなことです。それらの史料を無視して日蓮本仏説を主張するなら、それらの引用をどう考えるのかは、日蓮本仏論者の課題かと思います。


釈尊を本仏とする文証」

日蓮本仏論について」

日蓮本仏説は後世の創作に過ぎない」

日蓮本仏説の萌芽」


要するに動かせない史実や文献、日蓮真蹟遺文等から、教義の整合性を説明するのかということは個々の信仰者の課題であるということです。
それを無視して個人の主観的体験や功徳等を主張することを、日蓮は『唱法華題目抄』で「利根と通力によるべからず」として否定したのだと私は考えています。


そしてその教義の説明に説得性があれば、人は評価するし、そこに説得性がなければ人は離れていくだけなのかと私は考えます。


私のブログを評価してくださる方々は、私の議論の客観性や普遍性等に、一定の評価をしてくださっているのかと思います。ありがとうございます。


逆に大石寺系教団、大石寺創価学会顕正会等で、内部批判や退会・非活メンバーの増加、また青年層の減少という事実がもしも進行しているのであれば、それはそのような評価が内外に進んでいるということの証左かと私は思います。