気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

信仰は常に求めていくもの。









いつもみなさん、ありがとうございます。
さて時々こんな質問を受けることがあります。


「気楽非活さんはそう言うけど、じゃあどうやってお題目を唱えていけばよいんですか?」


私はこのような問い自体に一種の違和感を感じます。
このような質問をされる方が悩んでいることはよくわかるのですが、この質問者は答えが存在していて与えられるものであると思われているのでしょう。



私は非活メンバーとはいえ、思想としては実質的に創価学会を退会しているようなものです。
私は私の信仰を求めて行なっているのですが、私はそれをこのブログ上であまり語りません。
それは私にとっての真実でしかなくて、他の方には他の真実があって然るべきだと思うからです。


私が創価学会大石寺を罪深いと思うのは、自分のように考えない人を平気で「邪宗」呼ばわりし、それが理解できない人を平気で「バカ」呼ばわりする、そして自分たちの教義以外のものを全て見下す、そんな姿勢です。



私は今でも唱題をすることがありますが、かつてのようにまじないのように何時間も唱えることはしません。私は一心三観の修行の場として唱題の場を考えていまして、一切の執着から離れるために唱題しているのかもしれません。
しかしそれは私の中の真実であって、他人に押し付けるものではありませんし、他者からより良い意見や批判があれば更新しても構わないものだと考えています。


他の宗教に比べて自分たちの教えに正統性があるとするような宗教的主張を私は全く信じていません。どんな教えでも宗教であり、信仰であることには変わりなく、全てを公平に見ることが大切であると考えています。またそのような心こそが法華経安楽行品の精神だと考えています。


五時八教判は天台智顗だけの教判なのであって、そもそも教判というものは仏教を説くものなら誰もがするものです。空海には空海の教判があり、道元には道元の教判があります。智顗の教判が現代の歴史学からみて無効なことは私だけではなく、多くの方々がすでに指摘していることです。



私は私の考える信仰にも非理性的な部分があることを否定しません。むしろそれは積極的に認め、自分が何を信じたいのかを明確にすることは信仰者として信仰を伝導していくためにも大切なことなのではないでしょうか。そういうことがわからない方に限って自分の信仰を宗教的な体験や確信から独善的な"真実"とか"正義"であると勝手に思い込み、ドグマ化したものを他人に押し付けるカルトに堕するものなのかと思います。


信仰は常に求めていくものでありますが、それはドグマに堕する可能性を常に孕んでいるものであり、信仰者はそのことをいつも考えることが大切なのではないでしょうか。