気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

生活実感でしか教団の正統性を語れない会員。








いつもみなさん、ありがとうございます。
ところで、ブログやSNSにはいろんな考え方を持つ方々がいらっしゃるものです。
私などは非活メンバーなんて言いながら実質的には退会者みたいな考え方に近いのでしょう。大石寺創価学会等の教団の提示する教義になんら共感を抱きませんし。



さて創価学会の教団自体を擁護する議論が会員側から出ることはむしろ自然なことです。
ただいくつかのブログを見て興味深かったのは、教団内部に「熱狂的な会員」がいることを認め、それら「熱狂的な会員」も「熱狂的なアンチ創価」の両者に対して違和感を表明するというものです。


つまり教団内部には創価学会の論理で比較的平和に静かに暮らしている一団がいて、それらから見れば殊更に師弟を強調する「熱狂的な会員」にも違和感を抱き、同時に自分たちの静かな暮らしを否定されるような「熱狂的なアンチ創価」の議論にも違和感を抱くというようなスタイルです。


どのような意見も自由なので、誰が何をどう考えてもそれは教団が口を出す問題ではありません。何を思っても自由だし、何を考えるのも私は思想信条の自由だと考えています。


ただ不思議に思ったのは、これらの議論の中で「熱狂的な会員」や「熱狂的なアンチ創価」の両者に対して違和感を抱きながらも、なぜか彼らをブログ等で明確に否定していないことです。


つまり「熱狂的な会員」が教団内部にいることは若干問題視している感覚なのですが、だからといって彼らを否定するわけではなく、「そこに私は与さない」という静観の姿勢で一貫しているのです。



本来創価学会の論理は『如説修行抄』に見られるような「折伏」の論理です。相手の低い教え(この言い方が私は好きではありませんが)に対してそれを許すならばそれは「摂受」に過ぎず、本来の慈悲であればそれを「折伏」して悪を切ることが正しいと教えてきたのかと思います。


ところが「熱狂的な会員」に対しても「熱狂的なアンチ創価」に対しても違和感を抱いていることは認めつつも、明確に否定することがない。つまりそれらを妥協して許してしまっているという風に一部会員の目から映ることは仕方がないと思います。


創価学会が教学を軽視し、会員に学ばせることを避けてきた結果、教団の正統性を語る際に「生活実感」とか「感覚」でしか正統性を語ることが出来ず、教義の問題は「あまり勉強してないのでわかりません」くらいの議論で許されるような風潮を教団内部に醸成してきてしまった、そのことが様々にアドホックな後付け理屈でしか語れない原理主義的な会員を生み出した一因であると私は考えています。



「生活実感でしか会の正統性を語れない会員」と「池田大作原理主義的な会員」は実はコインの裏表なのだと思います。