気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

守るべきものを持たない。





いつもみなさん、ありがとうございます。


さてTwitterにアカウントを持ってから、いろんな方からご教示を頂くことが増え、とても嬉しいです。一緒に食事に行ったり、勉強をしたりと楽しいことが増えてきました。感謝しています。
ところでそれに伴い、大石寺系信徒さんから絡まれることも増えたように思います。


議論の過程をご覧になっているフォロワーさんもおられるようです。
大石寺系教団では「法論」と称して、教えを正邪を判定する対論を重視したりします。が、私はそんなのはもうどうでもよいと思っています。


私はブログでも以前に書いたように、広宣部のメンバーとして顕正会さんや妙観講さんたちとの対論の現場に立ち向かい、散々やりあってきた人間です。自分でも恥ずかしくなりますが(笑)。



私は創価学会の非活メンバーとなり、信仰の意味を問い直しています。ですから私には守るべきものがありませんし、守るべき教義とか形式等を持っていないのです。
翻って、創価学会大石寺系教団の人たちは自分たちの中に絶対のものがあり、それが例えば「池田大作」だったり「戒壇本尊」だったり「御法主」だったり「日蓮」だったり「牧口常三郎」だったり「法華経」だったりします。彼らはそれらを守るために法論をしているのです。ですから守るべきものが崩壊しかねない史実や文献の存在に感情的に反発するより他なくなってしまうのです。



ところで、大木道惠さんが以前指摘されていたことですが、大石寺法華講の多くは戒壇本尊を否定できなくても、逆に伝統的に旧来から存在する大石寺信徒さん(大木さんの言葉を借りれば「伝統講」ですが)は、戒壇本尊が後世の偽作であることなどとっくの昔に知っているんですね。
伝統講の方々はそれらを知った上で純粋に細々と信仰を続けています。
大木さんの指摘によれば、大石寺戒壇本尊はすでに数回作り直されています。私は「少なくとも3回程度」だと考えていましたが、大木さんは「すでに5〜6回くらいは作り直されていて、かつて大石寺に昔あった戒壇本尊と今のものは全く別のもの」だとのことです。
そのうち、今の戒壇本尊も作り直すのかもしれませんね(笑)。



閑話休題。形式とか化儀など、私にはどうでもよいことです。また池田大作さんとか戸田城聖さんとかも私にはどうでもよいことです。
守るべきものに固執するからこそ、議論が護教的になり、視野が狭くなるような気がします。
一度一切を疑って全てを見つめ直す時に、人は新たな視点を見出せるのではないでしょうか。