気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

「日蓮仏法」という用語の意味するもの。





いつもみなさん、ありがとうございます。
さて今回は、創価学会がよく使う「日蓮仏法」という言葉の内実についてです。



実は私は、この創価学会が使う「日蓮仏法」という言葉は定義を曖昧にしている分、問題があると考えています。
まず先日、書いた宮田幸一の真蹟の扱いに関する記事を再掲してみます。


「宮田幸一氏の教義への考え方」


ここで書いたことですが、宮田氏は仏像本尊ではない「曼荼羅本尊正意説」の日蓮を根拠づけるために、真蹟が存在せず偽書の疑いがある諸抄も積極的に引用しています。
つまりそこにあるトリックは、例えそれらに日蓮本人による真筆が存在しなくても、それらが「門下の弟子たちによって考えられてきた日蓮像」であるとして、認めていくということです。


「門下や弟子たちによって考えられてきた日蓮像」と言えば聞こえはいいのですが、要するに「日蓮以降の弟子たちによって解釈されてきた日蓮像」なのであり、門流によって日蓮の本意ではない部分が入る可能性を否定できないんですね。


さらに問題なのは、そのように構成された教義を「日蓮仏法」と呼ぶことで、あたかもそれが日蓮直結の教えであるように偽装し、信徒を錯覚させることが可能になるという点です。


そもそも大石寺等の興門流、また他の向門流、朗門流もそうですが、それぞれに寺に伝わる文献があり、それぞれの寺がそれぞれの正統性を主張することは宗教法人なら至極当たり前のことです。
ですから、それらが宗祖日蓮の本意に沿っているのか否かという問題は、自分たちの山の相伝や後世の教義等をいっぺん脇に置き、客観的に日蓮の真蹟や信憑性の高い日興等の写本などから冷静にその実像を描いていくことが重要になるのだと私は思います。



宮田幸一氏は創価学会の教学部アドバイザーにあたります。そんなわけで、私は宮田氏の教義構成の姿勢からは、今後の創価学会が進むべき教義の基本姿勢が見え隠れしているような気がしています。



つまり自分たちの教義を構成する日蓮遺文は基本真蹟が存在しなくても不問に付する。その上で歴史的に日興門流等の文献から作られた日蓮像を「日蓮仏法」と称して使っていくということになるでしょう。
もしこれらを「日蓮仏法」という名称のもとに、あたかもそれらが「日蓮直系」とか「日蓮の正統な後継」というイメージを創価学会が信徒に対して醸成するならば、その姿勢は信徒を実質的に欺く行為であり、大石寺がやってきた日蓮真蹟を軽視する欺瞞の教義となんら変わらなくなるということです。


ですから、最近の私はこの「日蓮仏法」という用語をあまり使わないようにしています。
要は「日蓮が言ってもないことだけど、弟子たちが言ってきたんだからそれは日蓮仏法!」という横車を押すような論理で、教義を策定していくのは、日蓮の真蹟を軽視する行為で、所詮それは宗祖よりも後世の論師の方を評価して、実質的に日蓮を利用する行為に堕する可能性を大いに秘めているということになります。