気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

矛盾を受け止めること。





いつもみなさん、ありがとうございます。
さて私はこのブログ中で、大石寺系、創価学会系の教義の矛盾点について幾度となく指摘しています。


多くの大石寺系信徒の方がそれらの矛盾を指摘されると、貝のように黙ってしまうか、感情的に反発されるか、どちらかが多いように経験上感じています。


ところで一部ですが、私の指摘する矛盾についてもきちんと認め、その矛盾の克服を自身の今後の課題として受け止める方がいらっしゃいます。私はそういう方々を積極的に評価したいと考えています。


私自身もそうですが、Twitterやメール等でいろんな形で私自身の考えについて文献的な考証やご意見を言われることもあり、その度に私は自身の思考を更新しています。
それは私自身が「言い負かされた」わけではなくて(笑)、単に私自身が特定の主義や主張に全く執着していないということを意味します。
私は何かの思想や協議への執着のために、またそれらの自己防衛のために教学を学んでいるわけではないのですから。


つまり自身の思想に文献的に、また思想的になんらかの矛盾が存在するのなら、それは積極的に受け止めることが誠意ある信仰者の態度であろうと思うんですね。
むろん自身の思想には、とりわけ信仰の部分には今まで信じてきた部分のドグマも存在しますから、おいそれと今まで信じてきたことを全否定することは難しいかもしれませんよね。


ですから、それらについては、人によって理解の差があっても、また理解の速度の違いがあってもよいのではないかと思うんですね。
今すぐそうは思えないけど、今後の自分の思索のためにも「考えてみたい」と思うことは誠意ある態度であると思います。



私が忌み嫌うのは、自分が自身の矛盾点について認めようともせず、自らが信じてきたドグマをなんら検証もなく絶対と信じて、無前提にそれが「正しい」と無言のうちに強要するような、そんな原理主義的な態度の方なのです。


多くの創価学会員、また大石寺系の教義で思想が糊塗された人たちの多くが、このことを受け入れられないのだと思います。
私も時間がかかったことです。けれど少しずつ自分の思想を変えてきたことは本当のことです。


自らが信じてきたことの誤り、矛盾点、文献的な根拠の薄弱さ、そういった点について指摘された時に、それを勇気をもって受け入れ、自身の思想を更新することを躊躇わないことこそ、真に評価されるべき信仰者の態度であると私は考えます。
それが出来ず、それらの矛盾について真摯に自己を見つめることも出来ず、徒らに他者を非難することしかできない態度は、返って自身の思索が浅薄で未だ稚拙なことを暴露しているに等しいのだと(過去の自分への自戒も込めて)思っています。