気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

日主の文書中の「戒壇本尊」





いつもみなさん、ありがとうございます。
さて私はこのブログで、何度となく大石寺奉安堂の戒壇本尊が後世の偽作に過ぎないことを述べています。


「弘安2年の戒壇本尊は日蓮の造立ではない」

「御座替本尊は戒壇本尊の書写ではない」

「興門流の各文書に見る戒壇本尊への疑義」


さらに付言すれば、日興・日目から日道に対して板あるいは紙幅の戒壇本尊が授与された形跡は見られません。


では大石寺の歴史で、最も明確に「戒壇本尊」という名称が出てくるのはいつの文献なのでしょう。
それは大石寺14世日主(1555〜1617)の『日興跡條々事示書』です。これは日主本人の正本が大石寺に現存しています。


「富士四ケ寺之中ニ三ケ寺者遺狀ヲ以テ相承被成候。是ハ惣付嘱分ナリ。大石寺者御本尊ヲ以テ遺狀被成候、是則別付嘱唯授一人ノ意ナリ。大聖ヨリ本門戒壇御本尊、從興師正應御本尊法體御付嘱例者上行薩埵定結要付嘱大導師以意得如此御本尊處肝要ナリ。從久遠今日靈山神力結要上行所傳之御付嘱、末法日蓮・日興・日目血脈付嘱全體不色替其儘ナリ。八通四通は惣付嘱歟、當寺一紙三ケ條之付嘱遺狀者文證壽量品儀ナリ、御本尊者久遠以來所未手懸付嘱也。」
(日主『日興跡條々事示書』日蓮正宗歴代法主全書第1巻、459ページ)

以上が日主の雑録中の『日興跡條々事示書』全文ですが、それまで大石寺の歴史に全く出てこなかった「本門戒壇本尊」の言葉が突然日主から出てきます。


で、これが出てくる背景を見てみると、当時の重須本門寺(北山)は西山との争いで、武田勝頼の軍勢に押入られ、多数の文書を失ったことは史実からもよく知られています。この時、北山側は本門寺本堂に懸けるべきとされていた本尊も失ってしまいます。


つまり本来、日興や日目から日道や日時への相伝の正当性が担保できなかった大石寺方が、この時期に自山の正統を主張するために、戒壇本尊なる考えを持ってきたことは想像に難くないかと思います。


戒壇本尊が後世に創作されたと考えると、その首謀は、大石寺日主、あるいはその周辺なのではないかと推察されることはさほど不自然な推論であるとは私は思いません。