気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

たまには自由に雑感を。





いつもみなさん、ありがとうございます。
さてこのブログも多方面にお読み頂いているようで、本当に驚いています。
いつもありがとうございます。



ところで、私は同調者があればいいとか思っているわけではありません。
もちろんブログを評価してくださる方がいるのはとてもありがたいですし、嬉しいです。
けれどむしろ私は自分で学んで求めていきたい気持ちの方が強いんですね。



なんでも書いてみると考えってまとまってくるものです。
いろいろ読んでいろいろ調べていろいろ考えて、その上でいろいろ書きたいだけなんです。



以前、ブログでも書きましたが、私はいろんな方がいろんな意見を持つことは大切なことであると感じています。
もっと大切なことは、様々な意見が出る中で、より普遍性の高い議論が多く出ることかと考えています。


私は創価学会がもっと多様な意見を受け入れる度量のようなものがあればいいのになぁとよく思います。
大石寺がまさにそうですけど、自分たちの教義のように考えない人を悪と定義して、それらを拒否するしかできないんです。
創価学会もやはり大石寺系の教団ですから、そんな感じでずーっと来てしまいましたよね?


それらが変わればよいなぁと思うんですね。
私はそれらが口汚い悪口雑言とか非難中傷でなければ、何を言ってもよいと思います。
誤解される方も多いですが、私は池田大作氏を悪し様に罵っているわけではありません。非難と批判は本来違うものです。
同様に私は日蓮を罵っているわけでもありません。日蓮には時代的な制約もありましたし、それらについて批判的な目で見ているだけです。


ブログ「仏教と批判的合理主義」のLibraさんも以前指摘されていましたが、法華経の物語をフィクションであると思えない人は現代においていないでしょう。もしも法華経をフィクションと捉えられず、書いてある通りのことが実際に起こったと考える人がいれば、それは単なるカルト宗教に過ぎません。


マルクスが指摘したことですが「全ては疑い得る」ということです。
借り物の教義ではなく、自分の頭で考えて検証し、真実と感じたものを掴みたいだけなんです。
たとえそれが間違いだったと後でわかったとしても、少なくとも自分の責任で間違えたいのです。



私が願っているのはいろんな方が自分の頭で文献を読み、自身と格闘し、思想を見出していくことです。
それができたら、きっと素晴らしいブログもたくさんできると思いますし、私のブログなど忘れ去られて誰も見なくなるかもしれませんね。



もっと若い世代の方がたくさんいろんなことを考えて、いろんなことを書いてほしいなぁと思います。
私は青年部の幹部だった頃、「自分より若い人たちが楽しく過ごせる組織」を目指してたくさん遊んで過ごしました。
結集のかかった会合をすっぽかして、部のみんなで焼肉食べたこともあります。そんなことたくさんしてきました。
自分が年下の後輩のために何ができたかは正直わかりません。失敗だったとは思いますが、少なくとも自分は自分のやりたいようにやってきました。
今の若い人にはもっともっと自由であってほしいです。


なんだか今日はとりとめもない記事になってしまいました。
ごめんなさい。
またたくさんいろんな人と話して、たくさん本を読んでいろいろ学んで真摯に書いていきたいと思います。
いつもありがとうございます!