気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

検証と総括の遍歴。







いつもみなさん、ありがとうございます。


さて私は元々は創価学会の活動家でした。
私は自身の過去を総括し、まずは創価学会の教義と日蓮正宗大石寺の教義の総括、見直しから着手しました。
その結果、それらの欺瞞性を知るにつけ、日寛由来の教義、そしてそれを根本にしている池田大作氏への批判を強くしました。



それから私は日蓮そのものを見直す作業に着手しました。日蓮の遺文のうち真蹟・曾存遺文を根本とし、偽書の疑いの強い御書や口伝ではなく、極力真蹟から日蓮の思想を考えようとしてみました。つまり日蓮を根本にして自分の信仰を確立してみたいと考えたのです。



その結果、よくわかったことですが、日蓮最澄の精神的な後継者を自覚していながら、その実は天台智顗本人というより、中国天台宗中興の祖である湛然を根本にして智顗の理解をしていました。
この点について日蓮を批判するにはあたらないとも言えます。なぜなら日蓮には時代的な制約もあったからです。
しかしここから私は日蓮思想の限界を自覚するようになりました。


そこで私は本来の天台智顗思想に考えを致すようになりました。本来の止観の思想は、むしろ湛然のような教理としての形式化にあるのではなく、その方法論にあると思えたからです。『摩訶止観』を読んで感じるのは、「一念三千」が一つの方法論であり、己心を素直に観る、その精神的訓練の姿勢です。その意味で日蓮が「一念三千」を「即身成仏の仏種」と考えるのは、極めて湛然的発想であり、本来の天台智顗の思想と食い違ってしまうと感じています。



私はそこで本来の法華経に戻るべきと考えました。虚心坦懐に鳩摩羅什訳の漢訳法華経を読むにつけ、法華経の持つ文献学的な問題が次第にわかってきました。鳩摩羅什の漢訳は極めて恣意的な訳と付加が多く、サンスクリット原典に忠実な訳とは言えないこともよくわかりました。また同時に大乗仏教・北伝仏教が、釈迦の思想の形骸化から、それを乗り越えようとする後世の試みとして、その運動を理解するようになりました。


その結果、私は龍樹に至りました。大乗仏教の原点を知るために、本来の龍樹の思想とは何であったのかを知りたいと思ったのです。
智顗の思想的冒険、一つ一つの概念を積み重ねて最後に三千不可思議境に至る空観、そして龍樹の空観とは当然その概念も用語も異なりますが、両者が志向している思想には近いものを感じるようになりました。



私は他人に何を言われても構いませんが、それなりに大乗仏教の徒であると思っています。
私がかつて全面的に批判もせず信じていた日蓮の思想から現代的な有効性を見出すためにはどうしたらよいのか考えてもみました。それが正しいと自負する気などさらさらありませんが、日蓮の題目の修行を止観の修行の場として捉え、あらゆる意味の形骸化・権威化の過程から自身を超克する、その思想的修練・修行の場とする他ないのではないかと考えるようになりました。



世の中にはいろんな方がいます。
創価学会とか大石寺とかいう教団を根本にするのも自由。
日蓮を根本にするのも自由。
最澄を根本にするのも自由。
智顗を根本にするのも自由。
湛然を根本にするのも自由。
慧思を根本にするのも自由。
法華経を根本にするのも自由。
大乗仏教を根本にするのも自由。
原始仏教を根本にするのも自由。
密教を根本にするのも自由。
空海を根本にするのも自由。
華厳経を根本にするのも自由。
龍樹を根本にするのも自由。
どこを根本にするのも自由です。



けれど私は思索することをやめず、常に求め続けていきたいです。
どこかに真実があるとか、どこかに正しい法があるとかそういう考え方を私はすでに卒業しています。


真実は自分の求める姿勢の中にしか存在しないと思っています。