気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

日蓮は智顗より湛然に近い。




いつも皆さん、ありがとうございます。



さて私はそもそも一念三千説は即身成仏の種子でも何でもないと考えています。
日蓮がやったことは天台智顗ではなく、妙楽湛然の一念三千説の利用です。それは見直されるべきかと。



「一念三千は即身成仏の種子ではない」



以前、Libraさん他の方とも話していて話題になったことですが、そもそも天台智顗の一念三千と、妙楽湛然の一念三千って考え方が違う気がするんですね。そして日蓮の一念三千はどちらかというと湛然に近い(止観輔行伝弘決などですね)。むしろ智顗の止観の方が龍樹の本来の思想に近いでしょう。


そもそも天台智顗には「一念」「三千」の用例はあっても「一念三千」の用例は存在しません。
「一念三千」という語を用いて、それが智顗の極説であるとしたのは、実は妙楽湛然なのであって、日蓮の一念三千説は湛然の影響下にあるんですね。私はもう一度智顗から見直すべきかと思います。


つまり湛然は智顗の一念三千説を教義として固定化する意味合いが強いんですね。もちろん湛然により、智顗の一念三千説が天台宗の教義として確定した、その功績があることは事実でしょう。しかし『摩訶止観』を読む限り、智顗が教義として一念三千説を固定化して考えていたとは言い難い。その意味で智顗の思想は、むしろ龍樹の空観に近いのだと思います。