気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の元非活メンバー(現在は退会済み)による語り

もしも会長がナイツだったら。

f:id:watabeshinjun:20171105224151j:plain











いつもみなさん、ありがとうございます。

さてTwitterでつい遊んでしまいまして「次の創価学会の会長は誰がいいですか」アンケート機能を使ったら、ナイツがぶっちぎりの優勝となってしまいました(笑)。


以下、私の妄想です。念のため(笑)。




「会長指導! ナイツ会長!」


「どうも〜、ナイツでーす」
「私がですね、会長のはなわです。」
「そうなんですよ、はなわさんです」
「で、となりにいるのが……ちょっと汚い話になっちゃうんだけど……会長のつちやです」
「なんでそんな下ネタみたいなフリになるの」
「最近インターネットのゴーグルでいろいろ検索するんだけど」
「グーグルね☆  それだと顔につけるやつになっちゃうから」
「最近、とても素晴らしい新聞を見つけちゃったんですよ」
「というと?」
「皆さん、聖教新聞って知ってます?」
「おまえ、会長だろ☆」
「これがまたすごい新聞で」
「だからおまえは会長だろ、最近知ったの?」
「で、聖教新聞についていろいろ調べてきたので、今日はそのことについていろいろお話したいと思います。」
「なるほどね、だんだん会長らしい話にはなってきたね」
聖教新聞はですね、1951年に創刊されました」
「ああ、そうなんですね」
「ですから1951年というと……大正40年ですね」
「なんで大正なんだよ☆ わかりにくいから」
「明治84年ですね」
「知らないよ、昭和で言いなさいよ」
「昭和で言うと……えーと26年なんだ、この年に生まれた人はね、大木こだま師匠なんですね」
「ああ、そうなのね」
チッチキチーやで〜」
はなわさん、それやりたかっただけでしょ」
「みなさん、今日はよう来てくれましたなぁ〜、何もそんな来てくれへんでもよかったのに〜」
はなわさん、マネしたかっただけでしょ☆」
「まあ、それでですね。4コママンガで長く連載していたのがあの有名な『パリパリ君』ね」
「『バリバリ君』でしょ? ポテトチップスみたいになってっから」
「その『チリチリ君』が長く続いてね」
「『チリチリ君』ってなんだよ、頭がアフロかよ☆」
「でね、聖教新聞には実はね、配達員さんがいるんです〜!」
「おまえ、会長なのにそのこと、知らなかったの?」
「そのね、配達員さんを私たちは『痴漢の友』と呼んでるんです」
「『無冠』だよ。誰がチカンだよ。朝から痴漢してどーすんだ☆」
「この『巨根の友』さんのお陰で」
「なんで『巨根』なんだよ、会長指導で下ネタ言うんじゃねーよ☆」
「私たちの漫才も広い人たちに読んで貰えてるってことです、つちやさん」
「なるほどね、それはありがたいね」
「大して給料貰えないのにね」
「それ言っちゃダメでしょ☆」
「でね、1面の下の方に『本能寺の変』っていうコラムがありましてね」
「『名字の言』だよ。ずいぶん縁起の悪いコーナーだな。俺たち撃たれたらどーすんの」
「で、その左側に『寸足らず』っていうコーナーが」
「『寸鉄』だよ☆ サイズが合わないじゃないの☆」
「で、上の方には『バカボンに贈る』っていうコーナーがありまして」
「『わが友に贈る』だよ。贈ってるの誰なんだよ、バカボンのパパになっちゃうでしょ☆」
「で、私たちの師匠の言葉を全国に届けるわけですよ」
「ああ、そうね、師匠の言葉ね、それ大事」
「私たちの師匠と言えば、内海桂子師匠なんだけどね」
「なんで聖教新聞内海桂子師匠の話を載せなきゃいけないのさ〜」
「そうそう、我々は創価学会ってところと漫才協会ってところに所属してるんですけどね」
はなわさん、創価学会漫才協会って同格なの?」
「だから来月の本幹は浅草演芸ホールで開催しようかなと」
「なんで浅草演芸ホールなのさ」
「となりの東洋館でもいいっすよ?」
「よくねーよ☆ 創価グロリア吹奏楽団とかどー入るんだよ? 」
創価グロリアもね……三遊亭小遊三師匠の『にゅうおいらんず』に入れてもらおうよ」
「だからどこに接点があるのさ、その話?」
「でね、聖教新聞にもね、寄席のスケジュールとか載せてね」
「完全に営業じゃないの? はなわさん!」
「やっぱり最後くらい、きちんと師匠の言葉を紹介したいね」
「そうだよ、はなわさん、ちゃんとやって」
「『あたしは、夜中に5回はお手洗いにいくのよ〜』」
「それ、内海桂子師匠だろ! いい加減にしろ」
「どうもありがとうございました!」