気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

生命論に固執する人たち。






いつもみなさん、ありがとうございます。


ところでTwitterでも書きましたが、シラミの話から始まる戸田城聖の『生命論』の主張は、生命が過去・現在・未来の三世に渡って永遠に続き、宇宙自体が生命であるというもので、内容的にはウパニシャッド哲学の焼き直しくらいに過ぎないと考えています。


「仏教は生命論ではない」


戸田氏や池田氏の生命論とか、あるいは『御義口伝講義』等で自身の教義を形成してきてしまっている、かつての創価学会員さんは、仏教の本質を「宇宙即我」「我即宇宙」とか言ったりします。



意味がわかりません(笑)。
そんなもの、ウパニシャッド哲学のアートマンブラフマンの思想ではありませんか。
ウパニシャッド思想と何が変わるんですかね。私は何も変わらないと思いますが。



大宇宙に真実に存在する永遠の法があって(ブラフマン)、それと自身との(アートマン)合一を果たすことが仏教の本質だと主張されるならば、それはウパニシャッドの仏教以前の教えに戻るということです。なんら真新しい思想でも何でもありませんし、ましてそれを根拠に日蓮思想の優位性を語ろうとすれば愚の骨頂(笑)、心ある他の宗教者に笑われますよ。



かつての過去の私もそうでしたが、現在の創価学会員さんや法華講さんの課題は、自身の教学がいかに狭量な世界観に止まっているかを自覚することが必要なのであって、自身が何も知らないという自覚をしなければ、本当の意味で自由な思索などできないと思います。
まあそんな方は頑張って宇宙生命論にしがみついて、信仰をするのも一つの方法かもしれませんね。私にとっては願い下げですが、欺瞞の教義を信じるのも人の自由でしょうから。