気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

遺文の真偽について。





いつもみなさん、ありがとうございます。




さて私はこのブログで、日蓮の遺文の真偽の問題について度々語ります。


大石寺写本『御義口伝』の改竄」


とりわけ大石寺に伝わるとされる相伝書の類ですけど、それらはやはり偽書に過ぎないと考えています。



ところで、日蓮研究、鎌倉仏教研究で知られる末木文美士氏は日蓮の『三大秘法抄』を単純に偽書とせず、その内容から評価しようとしています。周知のように『三大秘法抄』は真蹟が存在せず、偽書の疑いがあります。



具体的には真蹟中には見られない「無作三身」の用例が『三大秘法抄』にも存在するのですが、その使われ方が他の偽書とは異なり「無作三身の教主釈尊」とされ、凡夫としての「無作三身」と異なるところから、末木氏は『三大秘法抄』を積極的に評価しようとしています。



考えてみると、『立正安国論』や『守護国家論』に見られる日蓮は、祭政一致国家における宗教の問題を論じているのであって、そう考えれば、祭政一致の究極の理想として『三大秘法抄』を著したと考えることができないでもありません。


つまり末木氏が行なっていることは、他の遺文との比較検討により、それが「今後の研究を待つ」としても、積極的に評価していこうとするものです。


一部の学会員さんや法華講さんは、私のブログに対して感情的に反発し、例えば「御義口伝が偽書であるはずがない」等と根拠もなく主張することがあります。
自身がどんな思想的立場にあるかはあくまで個人の自由なのですが、やはり遺文の真贋を論ずる場合には、それが真蹟遺文とどのような関係にあり、その比較対照の上で、どのように見れば日蓮の思想として評価できるのかをきちんと論ずる必要があるように思います。末木文美士氏がやっていることはそういうことなのですが、多くの学会員さんや法華講さんは、そんなことを冷静に考えることさえできなくなっているのかもしれません。