気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

わからないことはなるべく書かない。





いつもみなさん、ありがとうございます。



ところで、私は基本的に「自分がわからないことはなるべく書かない」ようにしています。
同時に自分も理解できて、多くの人に理解できるようなブログ記事を書きたいと思っています。できているかどうかは別問題なんですけどね(笑)。


例えば少し前に私は龍樹の『中論』の読解をこのブログで書き進めていました。実は最近、こちらは筆があまり進んでいません。
なぜかといえば、やはり読んで頂いている方から「わからない」という声を頂くからなんですね。


確かに中論の理解を記号論の視点から読解しようとする私の姿勢はやや異端ですし(異端という自覚はあります。ある意味で確信犯・笑)、それに言語学とか記号論等の前提知識を持たないとわからないことも多いと思います。


で、それらはやっぱりブログであまり書くべきではないかなと最近思ってきたんですね。
内輪にしかわからないことは内輪で語れば良いだけで、そんなことをブログで書いても多くの読者には関係ないかもしれない、そんなことを最近は考えています。


例えば少し前に法華経華厳経についての記事を書きましたが、複数の読者の方から「華厳と法華の判釈について、思想的な比較をぜひしてほしい」という趣旨のご意見をいくつか頂いています。
でも多くの読者の方はあまり関心がないのかもしれませんよね。私がここで華厳経について書くのを躊躇する理由はそこにあって、多くが大石寺系、学会系の読者にあっては華厳経なんてどうでもいいんです(笑)。
興味がない人に無理に語っても仕方ないですし、わかる人とだけ語り合っていれば楽しいかなと思います。
個人的に質問頂いている場合、メール等で返信することもありますが。



ブログでも「よくわからないこと」を書いている方も少なからずいます。
私も「よくわからないこと」をつい書いてしまったりします。でもなるべく自己反省してご意見を受け入れ、いろいろ変えているのが実情です。
ですから私のスタンスとしては「自分がわかっていることを、他者にもわかるように書く。そしてわかりにくいという意見を頂いたら、なるべくわかるような記事にしていくよう努力する」というところなのでしょう。
日々数千人のアクセスを頂きますが、皆さんのご意見で私もいろいろ考えて書くこともできます。改めて本当に感謝しております。いつもありがとうございます。