気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

天台の兼修思想と日蓮の特殊性。







いつもみなさん、ありがとうございます。
さて今回、読者の方からメールを頂きました。


私は以前こんな記事を書いています。





この中で、実際に密教を日本に最初に持ち込んだのは最澄本人であったことを書いたのですが、このことは宮田幸一氏の論文の中でも指摘されています。
つまり宮田氏の言われていることと、私が記事で書いたことが概ね一致したことについて得心されたようです。
丁寧にブログを読んで頂き、本当にありがとうございます。いつも感謝しております。



ところでこの読者の方が宮田氏の論文からご指摘されていましたが、そもそも最澄が日本に持ち込んだのは種々様々な修行を盛り込んだ「兼修思想」であったということです。
ご指摘の通り、最澄が持ってきた教えとは中国天台宗の教えであり、その内実は兼修思想であったという宮田氏の指摘はその通りかと思います。


そもそも智顗の『摩訶止観』は法華経を根本にしながら、止観や禅の修行をする、その方法をまとめたものであり、曹洞宗でも智顗の『摩訶止観』は重要視されています。
また念仏思想は古くは龍樹の『十住毘婆沙論』にも見られますし、日本天台宗でも恵心流の開祖である源信称名念仏を唱えました。
このへんはブログにも書いています。

『摩訶止観』と『次第禅門』


法華を依拠とする融通念仏


つまり本来の智顗の教えが総合的な仏教の体系化を目指すようなものなのでして、最澄が目指したものも比叡山の総合仏教化だったと私は考えています。


日蓮の特殊性・異端性は、法華経の題目を唱えることの中に一切を包括させようとする単純化、抽象化であり、そこに日蓮の特殊性を見ることができるかと思います。
ご存知のように日蓮最澄の後継であることを自認しておりました最澄が総合仏教化を図ったのに対して、日蓮はいささか強引に題目の五字に称名念仏や止観の修行をまとめようとしたというのが日蓮の実際だったのではないかと私は考えています。