気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

遺文の選定基準は存在しない?


いつもみなさん、ありがとうございます。
さて今回は創価学会が教義の策定のために日蓮の遺文をどのように取捨選択するのか、その基準が今ひとつわからない点です。


例えば、以前「蓮の落胤」さんもブログで書かれていたことですが、日蓮の遺文を中心にして教義を構成するにしても、創価学会側の遺文の取捨選択の基準がわからないんですよね。その基準をきちんと示すことと、教義解釈に最低限の筋を通すことが最も大切なことかと思います。




要するに、その遺文を選ぶ基準は何であるのか、真蹟も古写本も存在しなくていいのか、録内録外で行くのか、そもそも中山日祐の『本尊聖教録』はどのように評価するのか、宮田幸一氏が日蓮や日興の遺文について一つ一つ丹念に「一次段階で使用可能」か「二次的にも使用を控えるべき」とか書いていることは創価学会総体としてはどう考えるのか、そのへんの基準が全くわからないんです。
日寛が使ってるから無条件に正しいという論理は対外的に通用しませんから、今後どのように遺文を扱うのか、そもそも大石寺から離れたわけですから、そのへんのことは教団独自で回答を会内的には対外的にも出さなければならないでしょう。


まあ現在の創価学会教学部なんて、みんながみんなちゃんと教学をやってるわけでもないってことはもうわかってるんですけどね(笑)。
そんなことをあっさり見透かされる創価学会教学部でいいんですかね。そのうち日蓮宗から足元をすくわれますよ。