気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

教団を肯定するなら本尊は何でもありか。






いつもみなさん、ありがとうございます。



さて今回は「創価学会員さんの個人によって御本尊の定義はバラバラ」ということを考えてみたいと思います。


個人で何を考えようが別に思想上の自由なんですが、本尊という根本の問題でも個々の創価学会員に聞くと実は答えが一貫していません。




例えば



「形としての御本尊が大事なのではない! 大切なのはお題目を唱えることであって、真剣に唱題する時に信心の血脈が流れ通う。」



とか言う人がいるかと思うと、



「御本尊は重要であって、現代にあっては創価学会の授与する日寛上人の御本尊にお題目を唱えることで功徳を積むことができる。」



とか、



「御本尊は私たちの胸中の肉団にあるのです。我が身即御本尊と思って題目を唱えることが大切。」




とか、



「君は文証とか言うけど、大切なことは現証だ。現実に功徳が出る御本尊であれば、それは偉大な御本尊なのだ。」



とか、



本当にバラバラなんです(笑)。
要するに本尊という宗教の根幹の問題でさえも、個々の見解で別に構わないって感じなんですね。重要なのは創価学会では「創価学会を肯定するなら何でもいい」っていう風潮を感じることです。



それって何でもいいんですか?(笑)




要するに「創価学会」と「池田先生」を評価してくれるなら、教義なんて別になんでもいいってことなんですかね?(笑)




この辺についてはまだ大石寺の方が欺瞞だらけとはいえ一貫性はあるかと思うんですよね(笑)。何はともあれ彼らにとって「弘安2年戒壇本尊」が絶対であり、そこに繋がらなければ功徳はないという立場ですから(大石寺の教義に私は全く共感していませんが、教義の一貫性という意味では理解できます・笑)。



まあ大石寺も歴史的にその時その時で都合のよい教義を採用してきた史実があるので似たり寄ったりかとは思うんですが、こと創価学会については教義の整合性についてはあまり考えない体質になっています。
「そんな文証とか理証とかは別に何でもいいから、御本尊にお題目を唱えてみようよ。まずは功徳を受けてみたら君もきっとわかると思うよ」なんて、そんな言い方をするんですね。どっかのネットワークビジネスみたいですけど。