気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

思想的陶冶のできないアンチブログ。






いつもみなさん、ありがとうございます。

さて今日のテーマは「アンチ創価」系のブログについて、思うことを書きたいと思います。



創価学会に恨み節ばかりで、相手を口汚く罵って呪うだけのブログは論外ですけど(笑)、最近は「アンチ創価」系でも、内容的によく検証された、素晴らしいブログが増えています。勉強させていただき、本当に感謝しています。ありがとうございます。



さてアンチ創価系でも意外にいるのですが(私は文献も読み漁りますが、ネットもかなり見る方だと思います・笑)、他のブログを一方的に批判しながら、自分で自前の思想を作ることがなかなかできない人たちが見られます。



つまり思想的な訓練をしたこともなく、教学の検討も自前でできない人たちが感覚的に現状の信濃町を批判しているのです。


まあ、何を言うのも自由なんですが、他者の批判だけでその内実たる思想がなければすぐにネタは尽きてしまうと私は思うんですね。


「底の浅い思想は消え去る」


もしも底の浅い批判であれば、いずれ書くことがなくなり、他のブログを批判するだけという「他者への寄りかかり」に過ぎなくなります。そして更新が途絶えがちになっていずれ消えていくことは明らかです。事実、そんなブログなんて山ほどあるじゃないですか。このブログをご覧の方なら既に見て知っているかと思いますね。



私の願いは以前ブログで書いたように、自力で文献をきちんと読んで自分の頭で教義を考える人が一人でも多く出てくることです。


「このブログの願い」


別に私のように考える必要なんてありません。私の考えが違うならきちんと文献的に検証をされた上で批判されたらよいのだと思います。私も今の自分の見解に固執する気はありません。



以前、ブログ「仏教と批判的合理主義」管理者のLibraさんとメールで対談もしましたが、Libraさんから学んだ最も大きな点は「批判的合理主義」ということです。彼は自身の見解に別に固執してはいませんし、より検討をしてより普遍性の高い議論へと進んだり、場合によっては自身の見解を更新することも辞さないはずです。



自分の固執している「法我見」「人我見」を乗り越えること、自身の思想的な基盤を見直すこと、場合によっては自己否定も辞さないこと、それらが大切なことなのですが、こと創価学会という特異な宗教団体の一員だった方は、そういった思想的陶冶に耐えられない人が多く散見されるような気がします。