気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

対話のできない原理主義者。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて私が先日、「広宣流布」は「上行菩薩」ではなく薬王菩薩本事品で「宿王華菩薩」に託されていることを述べました。


広宣流布は誰に委任されたか」


この投稿に対して、大石寺の信徒の方は狂信的に反発してしまったんですね。彼はほとんど私の言葉(というより法華経に書かれている事実なんですけど)を受け入れることができず、私を罵倒することしかできませんでした。



またこんなこともありました。保田妙本寺は日興の流れに属する興門流8本山の中の一つであり、歴史的には富士大石寺と同格の大本山でありました。
そのことを否定する創価学会の方がいまして、ツイッターで指摘すると、史的な成立について彼はほとんど議論することなく「保田は謗法」「邪宗日蓮宗」と教義的に拒否する議論しかできませんでした。



両者は大石寺信徒、そして創価学会信徒であるわけなのですが、ともに教団の犠牲者であると思います。
私は薬王品での「広宣流布」が「宿王華」に託されたと書いてある記述を紹介したに過ぎません。それは事実のわけですから、教義的にどう整合性をつけるのかは、個々の信仰者の内面の問題です。


また保田妙本寺を否定して、自教団のみに信心のご利益とか血脈の正統性を主張することも個々の信仰者の自由です。ですが、保田妙本寺が歴史的な成立過程で日興の門流に属することは一般的な事実です。それを受け止めることがその方はできずに、一方的に教義の問題で「邪宗」か「正しい教団」かを定義づける議論に終始することしかできなくなっていました。


大石寺にせよ創価学会にせよ、最も罪深いところは両者のような「考えない狂信者」を生み出してしまったことかと思います。

例えば「宿王華」一人に「広宣流布」が託されたという薬王品の記述を見て、それを否定するばかりでは社会的な評価を得ることもできないでしょう。それよりも教義の捉え直しをはかるべきです。
例えば嘱累品では上行菩薩他たくさんの会衆に「広宣此法」「一心流布此法」が委任されているわけですから、「広宣流布は上行菩薩にも宿王華菩薩にも普賢菩薩にも託された」「けれど日蓮はその先駆が自分であり、上行菩薩であると考えた」という推論を立てることも可能なはずです。
ところが、教団の教義が絶対、あるいは自分の確信が絶対で更新不可能な最終的なものと考えてしまっているゆえに、そんな常識的な判断さえこの方はできなくなってしまっているのです。


保田妙本寺が日興門流の本山であることもそうです。創価学会の純粋な教義を額面通り受け取れば「創価学会は唯一正統な日蓮の教団」になるのかもしれません。しかしそれを金科玉条のように信じるあまり、他山をただ血脈がないとか謗法の山とかただ定義して、それを論証するために日蓮の遺文を利用するなど、およそ日蓮門下を騙る資格さえないでしょう。
保田妙本寺に正統性がないことを主張することは自由なのです。しかしながら歴史的な成立過程を見ようともせずに、ただ「邪宗」と罵るだけでは過去の創価学会が散々犯している他宗批判の過ちとなんら変わるところはありません。



大石寺にせよ創価学会にせよ、最も罪深いところは自教団の教義のみに固執し、それ以外の思考法ができない、原理主義者を生み出してしまったことでしょう。そしてそれを彼らは「絶対的な正義」「絶対的な真実」と考えているので、もはや彼らの言葉を議論の俎上にのせることさえできないのです。そしてそのことに彼らは気づくことさえできません。自分たちの教義と整合しないことに関しては例え歴史的な事実であったとしても、それを教義の問題にすり替えて、無意識のうちに無視してしまうのです。



このような不幸な原理主義者を出さないためにも、一人でも多くの方が自身の頭で考えて自身の信仰を築き上げることを願ってやみません。
意見が相違することは当然のことです。しかし相違する思想が共存できることこそが私は大切なことだと思っています。