気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

他人にとっての真実。

いつもみなさん、ありがとうございます。



さて私は意見や思想の相違はあって大いに良いと思います。
私もいちおうこんなブログを書いてますけど、「自分で言っといて本当にそうかな?」って考え直すこともよくあります(笑)。


私がここで今日書いておきたいのは、自分にとっての真実と他人にとっての真実は違うのに、創価学会大石寺の方の多くが信仰の問題になるとそのことを受け取ることができず、勝手に教義論争に問題をすり替えてしまわれることです。



たとえば自分たちの立場を正義と信じることは個人の自由ですし、言ってしまえば個人の勝手です。
けれどその個人の基準で他宗を批判するなら、それは客観的な説得力を持たないでしょ?ってことです。
でもそのことが大石寺の信徒さんや創価学会員さんはわからない方も多いんですよ。



当たり前ですけど「日蓮がこう言っている。だからこれは真実なんだ」というロジックは日蓮を絶対と信じる人間にしか通用しません(笑)。一般の方はそれが普通でわかるんですけど、創価学会員さんと大石寺さんだけわからないんです。


大石寺には血脈があるから正しいんだ」とか「創価学会は真実の和合僧なんだ」とか言われても、そんなのそれを例証する文献なんか客観性を持ち得ないではないですか(笑)。


いや、別にね、どんな信仰を持とうが個人の自由なんです。ただ私は日蓮が絶対なんて別に思ってないし、池田先生が絶対に正しいなんて別に思っていません。大石寺が絶対に正しいなんて私は別に思ってないんですよ。


「だから日蓮がこう言われているから正しい」なんて言われても、聞いた方としては「ふーん、ああ、そう」くらいしか言えないですって(笑)。


つまり私がここで議論の姿勢としてやろうとしているのは、客観的に史料を提示すると。なるべく主観性を交えずにただ提示するだけ。そしてそれを見て何を思うのかを述べる。それだけです。そうすればどんな信仰であれ、対話は有効であると思います。