気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

このブログの願い。




いつもみなさん、ありがとうございます。


日に日にこのブログへの反響、評価が大きくなっているようで、本当にありがたいです。
ご批判される方もいらっしゃいますが、多くはご自身の宗教的な使命感から批判されているようにお見受けします。私は批判自体は大いに結構なことかと思います。


教義論争とか信仰や思想の問題を議論し合うと、どうしても互いの信条のぶつけ合いに終始してしまうものです。とりわけ大石寺の信徒さんや創価学会員さん、顕正会員さんなどはその傾向が顕著です。
ですから私が気をつけていることなのですが、なるべく客観的に史料や文献を提示することにしています。私が何か思うことを言うというより、史料を並べて文献を客観的に見てみれば、自ずと結論が出るものです。


私は自身のブログが絶対的に正しいとは考えていません。あくまで私が今、考えていることをタイムリーに書いているだけです。その回答は暫定的なものであり、将来更新されて変わることもあってよいと考えています。
獲得された真理を絶対と考えてしまうからこそ、人はカルト宗教にハマったりするのだと思います。
そうではなく真理は常に更新され、新しい形を必要とするような何かなのだと思います。


私は日蓮の思想には大いに限界があると考えています。また日蓮の思想はとても危険なものだと考えています。
ただそう言うと誤解されることも多いのですが、私は別に日蓮系の信仰を持つ方を軽んじているのではありません。


冷静にみれば日蓮の五時八教判は智顗をもとにしたものでそれはもはや間違いですし、湛然の一念三千説を信じ、一念三千を固定化されたものとして考えていたとすればそれもまた間違いだと思います。
日蓮法華経読解は智顗と湛然を根拠として個人的な物語として読もうとする傾向が強いでしょう。それはもはや曲解とも言えるかもしれません。
その中でも私は日蓮曼荼羅に諸教の包摂性というものが存在していると考えていて、日蓮の有効性を語るとすればもはやそこしかないと考えています。


「他宗批判と諸教包摂ということ」


私の願いは、このブログを読んでいる方々がいろんなことを考え、時には私と意見を相違しつつも、いろんな考えを自分なりに持つ方が増えていくことです。
もちろん思索は文献的な裏付けが必要です。裏付けも何もなく宗教的体験と直感で語るならそれはカルト宗教と変わりませんし、「法門をもて邪正をただすべし」とした『唱法華題目抄』の精神にも反すると思います。


日蓮自身は自身の宗教的な確信から独自の法華経の読みを展開しました。それは現代において間違っていると私は思います。
文献的考証を通して、一人一人が「私はこう考える」と言える時に初めて真実の信仰になるのだと私は考えています。そしてその時により普遍性が高い議論こそが社会的に正当な評価を得ると思います。その時、その評価される対象が私のブログである必要は別にない訳ですから。