気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

『立正観抄』の真偽について。





いつもみなさん、ありがとうございます。
さて今回は最蓮房宛の書状について、考えてみたいと思います。


ご存知の通り、最蓮房宛の書状には真蹟が現存しません。例えば最蓮房宛と考えられる遺文について書き出してみましょう。



1、『生死一大事血脈抄』(文永9年2月11日)
2、『草木成仏口決』(文永9年2月20日)
3、『最蓮房御返事』(文永9年4月13日)
4、『得受職人功徳法門抄』(文永9年4月15日)
5、『祈禱経送状』(文永10年1月28日)
6、『諸法実相抄』(文永10年5月17日)
7、『当体義抄』(文永10年)
8、『当体義抄送状』(文永10年)
9、『立正観抄』(文永11年)
10、『立正観抄送状』(文永12年2月28日)
11、『当体蓮華抄』(弘安3年8月1日)
12、『十八円満抄』(弘安3年11月3日)



とても不思議なことなのですが、この12編の最蓮房宛とされる書状は真蹟が全く存在しません。曾存もないのです。ここから最蓮房という人物は実在しないという説もありましたが、現在では最蓮房は実在した人物であると一般には考えられています。
その根拠として考えられるのは、わずかに『祈禱経送状』に日像の写本が存在することと、『立正観抄』と『同送状』に久遠寺3世日進の写本が存在することです(正中2年3月)。
ここから考えて、最蓮房宛の一連の書状の中でも『立正観抄』と『祈禱経送状』は比較的信頼性が高い遺文だと言えるでしょう。



ところでこの写本から日蓮滅後44年後に日進が最蓮房の所持本から書写したであろうということが推察できるのですが、いくつか疑問点が浮かび上がってきます。



それはこの身延山久遠寺3世日進と、中山法華経寺3世日祐とが親密な関係にあったことなんですね。
ご存知の通り中山3世の日祐は、中山日常(富木常忍)の命を受け、『本尊聖教録』を遺して日蓮の遺文の整理に勤めた人物ですが、この『本尊聖教録』に記載がないことが大きな疑問点です。



中山日祐は正和3年から毎年のように身延山に参拝しています。また日祐自身は日進に対して「唱導の師」と仰いで、年齢差を越えた親密な間柄を結んでいます。
そのような特別な関係にあった日進が、なぜ日祐に『立正観抄』の写本を見せなかったのか、いささか不可解な部分が残ります。



この部分をクリアすることで、『立正観抄』は日蓮の思想として再評価できる可能性を有しているのですが、その理由がわからないことが私の中では一つのネックになっています。





参考文献:
中條暁秀『最蓮房あて御書の一考察』印度仏教学研究第29号、1980年。