気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

御書には未収録の遺文が。






いつもみなさん、ありがとうございます。




さて創価学会が今後どのような教学を持とうとも、それは創価学会本部が自由に決めればよいことです。
もう何度も言ってることですが、今の状態なら、創価学会日蓮の団体であることを自称するのはやめた方がいいと思うんですね。



創価学会版の御書には未収録の遺文がたくさんあり、御書の編集の順序も非常に恣意的です。
たとえば創価学会版では未収録の御書を思いつくままにあげてみましょう。




『戒体即身成仏義』
『十王讃歎抄』
『八大地獄抄』
『不動愛染感見記』
『得受職人功徳法門抄』
『秀句十勝抄』
『三八教』
『双紙要文』
『今此三界合文』
『授職潅頂口伝抄』
『当体蓮華抄』
『三種教相』
身延山御書』
『與北条時宗書』
『夢想御書』
『三部経肝心要文』
『色心二法抄』


…………他にもまだまだたくさんあります。





創価学会版(堀日亨版ですけど)の日蓮の御書全集はなんでこんなに未収録の御書があるのでしょう。
なんか隠してるんですかね。
しかも真蹟不存、真偽未決の御抄や疑わしい相伝書等を多く収録している創価学会版御書の現状は、日蓮思想の正確な全体像を知るためには、あまりに欠陥があるように感じられてなりません。
現状を疑い、検証する視点は大切なことです。それらを見失った瞬間から盲信が始まるのではないでしょうか。



日蓮の思想の全貌を知ろうともせず、それでいて「我々こそ真実の日蓮広宣流布を実践する唯一の団体なんだ」と言ったところで、結局、自教団の正当化にしか聞こえません。
それでは大方の叱正を否定できないし、社会的にいつまでたっても評価されないままです。
過去と決別し、総括し、反省し、真摯に開祖の思想と向き合うことで初めて日蓮系教団として対外的な評価を得ることができるはずです。



でもその姿勢がない。
ということは、創価学会日蓮の教えを信奉する団体だという主張は、単なる嘘だったのでしょう。
創価学会は自分たちを日蓮直系だと偽わる、嘘つきの教団です。
嘘でないのなら、なぜ御書に未収録の遺文についてなんらかの言及をしないのでしょう。
大石寺から独立したのに、なぜ創価学会版の御書発刊について言及がないのか。
日蓮の遺文をちゃんと読んで検証していないことを自ら露呈してしまったのでは、日蓮直系など語る資格はないと私は思います。