気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

どう読むかは自由。



いつもありがとうございます。





アンチ創価の人たちにもいろいろいらっしゃいますが、日蓮の御書にひたすら依拠して信仰の基礎を確立しようとする人もいます。とても良いことだと思います。



やらなければならないことは真撰の日蓮遺文をきちんと読み、偽書の疑いが濃厚な遺文についてはどのような見解に立つのかを明確にすることでしょう。



つまり真蹟に
「このような思想がこの真蹟遺文に書いてある」
「だからこの遺文が真筆である蓋然性は高い」
という風に、客観的な例証で日蓮をどう読むのかということに一定の答えを出せればよいのだと思います。



たとえば私は最蓮房宛の一連の遺文をここで書きたくても書いていません。その理由は最蓮房宛の書状の全てが真蹟不存であり、また内容も真蹟遺文中にほとんど見られない天台法門のものが多いからなんですね。
学説的には最蓮房を架空の人物とする説まで存在したようですが、現在では最蓮房という人は実在したと考えられているようです。



私はそのための準備はしています。準備が整い次第、ここで書きたいと考えていますが、現状では難しいと思っています。



大切なことはどんなことを考えても、何をどう読んでもそれは思想上の自由です。
言論の信用性は、客観的な記述と普遍性の説明によって初めて他者から得られるものかと思います。



ですから私を批判するのも自由です。
私も原則としてどんな思想を持っていても、それがある故に非難されるべきではないと考えています。
思想が浅薄なものかと、それとも普遍性のあるものかは第三者が判断すべき問題で、その中でより普遍性があり、時代性に合致した思考の型が創価学会の今後に現れることを願ってはいます。