気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

功徳も罰も信じない。





いつもみなさん、ありがとうございます。


考えてみると、私は創価学会の非活メンバーになってから「反逆者」とか「退転」という言葉を使わなくなりました。自分は「反逆者」とか「退転者」とかよくネット上で罵られているのとは対照的ですね(笑)。

考えてみれば当然のことで、私は大石寺創価学会信徒が考える「功徳」とか「罰」というものを全く信じていないからです。


それにも関わらず、私は山ほど罵られます(笑)。ここに書けないくらい汚い言葉もありますけど、多いのは「反逆者」とか「退転者」とか「天魔」とか「魔民」とか(笑)。
ずいぶん仰々しいですね。そんな大した人間でもないのに、大きな言葉でご批判をいただき、なんだか返ってありがたいような気もしてきます。



そもそもこの信仰をすると「功徳」があるとか、退転したら「罰」があたるとか、そんな信仰なんて現代に必要ないと思いますし、そんなものは仏教の教えでも何でもないと思います。『唱法華題目抄』には「利根と通力には依るべからず」とあるように法門の正当性から邪正を糺すべきなのであって、何か功徳があるとか罰があたるとかいう教えなど仏教の名に値しないでしょう。


日蓮仏法を信じると功徳があるんでしょうか?
退転すると罰が当たるんでしょうか?
日蓮の教えってそんなに浅薄なものなんですかね。それならそんな信仰なんて要りません。
退転したものを「反逆者」の罵るのが正しい教えなんでしょうか。
自分たちが絶対的に正しくて、他の仏教徒の信仰の素晴らしさは全く認めず否定することが正しい仏の教えなんですかね。



そんなもの私は要りません。
そもそも法華経の安楽行品に何て書いてあるんですかね。考え方の違うものとも言い争ってはならないとしています。法華経の安楽行品から伝わってくるのは他の信仰を否定する態度ではなく、もっと融和的な教えです。
安楽行品を読んでないということは、つまり自分たちに都合の悪いところには目を塞いで他宗を批判することしかできないということかと思います。



私は私を批判することも、また批判する人のことも決して否定はしません。
それに私自身、至らないところがたくさんありますし、どんどん検証して考え方を変えていってもよいと思っています。
要するに私の関心事は本当の日蓮の教えとは何だったのか、創価学会の信仰に普遍性は存在するのか、教義は正当なものと言えるのかということであって、それを自分なりに気楽に検証しているだけなのです。





追記:
最近、多くの方からメールを頂きます。私のブログを読んで創価学会から退会したという方からメールをいただくことが多く、とても感謝しております。本当にありがとうございます!
私のブログ記事を読むことが多くの創価学会の方の退会や大石寺信徒の脱講のきっかけになっているようです! 嬉しいです!
私に同意するところも同意しないところもあって大いに結構かと思います。大切なことは自分の頭で考えて信仰の問題にご自身で一定の結論を出すことで、そのような方が一人でも増えていることは本当に素晴らしいことかと思います。いつもありがとうございます。