気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

法華経と華厳経。





いつもみなさん、ありがとうございます。


さて『法華経』と『華厳経』はどちらが上位の経典なのでしょうか。
私は経典についてのこういう議論、つまり「どちらが正しくどちらが誤りか」という議論をあまり好みません。


ちなみに日蓮は『本尊問答抄』において『華厳経』よりも『法華経』が優れているとしました。ではこの根拠は何でしょう。
日蓮の根拠は実は天台智顗の五時八教説にありまして、華厳経法華経もともに円教ですが、華厳は智顗の判釈では別教を兼ねますので、純粋な円教としての法華経が優れているとしたのです。


で、申し訳ないんですけど、これは現代ではもはや無効の教理かと思います。
そもそも五時八教そのものが法華経を第一とする考え方から創作された論理に過ぎませんし、少なくとも私には何ら説得性を持っていません。



以前、ブログでも指摘しましたが、空海は『秘蔵宝鑰』と『秘密曼荼羅十住心論』において天台宗よりも華厳宗を上位に定めています。


「一生成仏について」


私の考える日蓮の限界の一つは、極端な法華経至上主義にあります。日蓮は智顗の五時八教説から非合理的な法華経の文も原理主義的に真実であると主張したことは批判されて然るべきです。


もちろん法華経をどう読むかは信仰者の自由です。しかしながら智顗の説を安易に利用し、法華経至上主義を立ち上げ、そこに法華経守護の立場として日本古来の神まで参入させることは、日蓮自身の信仰観とまでは言えても、一般的な信仰の普遍性を担保しているとは私には思えません。