気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

学術的な研究と信仰の問題。




いつもみなさん、ありがとうございます。


ところで宮田幸一さんの研究を待つまでもなく、日蓮本仏説も、また現今の大石寺教学の多くの教義もそれらを裏付ける一次史料に乏しく、日蓮の直接の教えとは言えないのではないかと考えられています。


今日のテーマはそこではなく、今日問題にしたいのは、それらを聞いた古参の会員さんたちのネット上に見られる態度というか信仰の姿勢の方なんです。


例えば戒壇本尊に疑義が濃厚であることは、『御本尊七箇相承』との相貌の相違、また一次史料の文献中に具体的な言及がないことからも推察できます。
で、それを知ってしまった人たちの中で「学問と信仰は別だ」として、自分たちの信じる本尊が正しいと言い切ってしまう方が出てきているんですね。



むろん信仰は個人の内面の問題です。それらを信じるのも自由です。
けれど頭の中で戒壇本尊に疑義があることがわかっていながらも、いざ信仰の段になると「私の信仰は正しい。なぜなら私の信仰はかつて正しかったからだ」みたいなトートロジーしか言えなくなってしまっているんです。


つまりこういう方々は個人の信仰体験によって今後の教勢拡大をしていくのだと察しますけど、それって果たして社会的に普遍性をもって受け入れられるものなのでしょうか。


だって「この御本尊は正しいんだ。やってみたらわかるよ、やってごらん。僕もやったらすごかったんだ」だけでは、さすがに説得力がない気がするんですね。
「この御本尊はこれこれこういう経緯で今、ここにあるもので、真偽の問題に関して当会はこういう観点からクリアしていると考える」とすれば、そういう説明なら一定の普遍性を持つかと思うんですね。



創価学会の方にわかりやすく言ってしまうと、こういった方々は「文証」よりも「現証」面で信仰の問題を論じているんですね。
別にそれはそれでも構わないのですが、結局のところそれでは普遍性を保持し得ないんじゃないかなぁというのが私の率直な考えです。