気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

「未顕真実」か「未曾顕実」か。




いつもありがとうございます。
天台智顗の五時八教における法華最第一の根拠と言えば無量義経における「四十余年、未顕真実」という句が有名です。


ところが、これ、原典にあたってみると、実は「未顕真実」とは書いてなくて実は「未曾顕実」って書いてあるみたいなんですね。


大正新脩大蔵経データベース検索結果」
http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php?key=未曾顕実&mode=search&uop=1&tall=1&nm=&np=&smode=search




実はこの件について、私はよくわかりません。
可能性として考えられるのは以下の通りになります。

無量義経には異本が伝わっていて「未曾顕実」と「未顕真実」の2種類がある。

②天台智顗が無量義経を引用する際に経文を間違えた。

③天台智顗が故意に無量義経を変えて引用し、それが根付いてしまった。

ということなのではないでしょうか。
誰か詳しい方がいたら教えてほしいです。