読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

教学の検証をしない学会員。




みなさん、いつもありがとうございます。


現在の創価学会員は本当に教学を知りません。
そもそも大石寺から離れて別団体になったのですけど、やってることは日寛の血脈観の在家主義的な焼き直しに過ぎません。しかもちゃんと教学やってないから、自分たちが「池田先生!」って主張して「信心の血脈」なんて言ってることが所詮大石寺法主の教学の焼き直しでしかないことに気づくことすらできないんです。


そもそも在家中心主義的な教義でいくなら、少なくとも日寛の六巻抄は必読でしょう。
ところが創価学会としてはそれができない。なぜかというと例えば『文底秘沈抄』などを論拠にすれば虚空会で相伝された一大秘法は本門の本尊ということになるので、結局「弘安2年の戒壇本尊」を根本とする教義に舞い戻ることになっちゃうんです(笑)。


ですから、在家中心主義で「信心の血脈」という観点で"師弟"ということを主張するのであれば、それは日寛のどの教義でいくのか、また日寛教学を根本にするのであれば「弘安2年戒壇本尊」の問題はどうするのか、教義的に本来検証をしなければならないはずなのに、それが全くなされておらず、とりあえず「創価学会バンザイ!」とか「池田先生バンザイ!」という論理しか出てこないんですよ(笑)。それじゃあ開祖の内証が法水写瓶で相伝されて、法主に信伏随従する大石寺と何が変わるっていうんですかね(笑)。


だって原島嵩さんが教学部長やってた頃の創価学会の教学試験の範囲には日寛の六巻抄も入っていたんですよ。それどころか堀日亨の『富士宗学要集』だって教学試験の範囲だったはずです。
日寛の教学を徹底的に学ぶということをかつてしていたにも関わらず、それをなかったことにして誤魔化して論拠を示さないというのは相変わらずの創価学会の得意技です。