気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

信濃町のネット監視の皆様へ。





いつもみなさん、お読みいただき、本当にありがとうございます。


創価学会本部、信濃町の中においてネットを監視対象としてチェックしているグループがあることはよく存じ上げております。
私の、このような趣味的なブログをいつも見て頂いてありがとうございます。信濃町の方は信じないかも知れませんが、私は本当に感謝しています。


私はまだ創価学会に籍を置いてありますが、監視対象となると、ひょっとしたら査問の対象になったり、除名になったりするやもしれませんね。私は別に全然構いません。


逆に私からすればそのような創価学会本部によって行われている"査問"とか"除名"とかの実態にとても興味があります。なので、実際にそういう事態になりましたら、逐一このブログで公表したいと考えています。
やはりきちんと公表をする方が社会的にどう評価されるかがわかるというものですし。



私のこのブログの意図は単純に本当のことを知りたいと思って、自分の書きたいことを書いているに過ぎません。誰も私が自由に発言する権利を止めることはできないはずですし。


いろいろ書いておりますが、私の教義的な立場はむしろ宮田幸一氏に近く、考えてみれば、その点では対話の可能性もあるやもしれませんね。ただ私の場合、日蓮の思想的な限界を積極的に認め、曼荼羅の意義を諸教の包摂性、止観の呪術化、そして戒定慧の三学としての三大秘法として捉えようとしていますので、その意味での対話の難しさもあるかと思います。


私の考えでは日寛教学のみならず、そもそもの日蓮の思想に教義的な限界が存在するものであり、現代では無効な教義も数多く散見されます。そういったことを総括し、創価学会の新しい教義として牧口思想の再構成を試みるならば、私は創価学会本部、信濃町の方々とも積極的に対話をしても構わないかと考えています。


しかしながら私が懸念しているのは、創価学会本部自身がどこまで日蓮の思想を残し、どこまで牧口思想を残そうとしているのか、いささか不明瞭な点です。これだけ大きな宗教法人であるゆえ、教義の新たな選定をされるならば、会員に対して説得力のある教義改正とその説明をすべきでありますし、そういった労を厭うことは回避されるべきです。


現在の私の関心事の一つは、信濃町創価学会本部が積極的に私のようなものと対話の可能性を探ろうとするのか、それとも反逆者として認定し、私への除名・退会を促すのか、そのどちらを選ぶのかという点にあります。
査問や除名処分については、伝聞でいろいろ聞いていますが、実際の信濃町の対応について何か動きがあった場合には、このブログにおいて逐一全て報告をしたいと考えています。やはり私個人の評価よりも、事実を公表した上で世間一般の評価を待つ方が、より普遍性が高いとも考えるゆえです。