読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

井の中の蛙。




いつもありがとうございます。



ところで、ツイッターにも書きましたが、内部の学会批判派には教義的なものが池田名誉会長と日寛教学しか残ってないんですね。
それに依存した信仰者を創価学会は大量生産してしまったので「名誉会長」と「日寛教学」を否定されると、彼らは怒り出すという精神性しか持ち合わせていません。そしてその矛先を信濃町の会長やら副会長に向けているというのが実態でしょうね。


つまり自ら「池田名誉会長」と「日寛教学」の二つしか知らず、それ以外の精神性について考えようとできない「井の中の蛙」状態になってしまっているんです。


まあある意味で純粋すぎるほど純粋な信仰の持ち主でして、その点については敬意を表しますが、結局のところ日蓮正宗と同じ精神性のロジックに陥っていることに気づかないんです。


日蓮正宗もまた自分たちの戒壇本尊や法水を絶対視する井の中の蛙ですが、その教義を大衆化して広めた結果、池田名誉会長の絶対視という結果になってしまいました。
まあとてもじゃありませんが、創価ルネサンスなんて言えませんよね。


日寛教学など中古天台口伝法門を盗用して作られた教義に過ぎませんし、日蓮本仏論など日寛によって構成された教義です。そもそも日有は日蓮本尊説ですし、日精もまた御影堂建立の際に日蓮本尊説に依拠した奉安を行いました。
日蓮本仏論は後世に現れた解釈に過ぎず、その実態は中古天台なのです。
そういったことも内部の創価批判派の方々は理解できませんし、理解しようとしません。
挙げ句の果てはそれを否定されると怒り出すというシンプルな精神性しか持ち合わせていません。その意味では法主を否定されると激昂し出す日蓮正宗の一部信徒とそっくりです。


つまり成立史的には創価学会日蓮正宗の「鬼子」なのです。日蓮正宗自体に教義の一貫性がなく、コロコロと変えてきたに過ぎませんから、「民衆仏法」という名の下にいろいろ師弟とか付随させてわかりやすくしてきたのが昭和52年路線だったのだと思いますよ。
で、純粋な方はそれら師弟主義が宗門により否定された、その極点を昭和54年の会長勇退と捉えるのです。
その反発で結局、「池田名誉会長」と「日寛教学」の二つしか残らないのは必然ですね。








広告を非表示にする