気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

『総勘文抄』再読のために。






いつもみなさん、ありがとうございます。
さて、結構前にこのブログで書いたかもしれないのですが、実は日蓮の再読の可能性という意味で私は『三世諸仏総勘文教相廃立』に注目しています。


しかしながらそこに躊躇している理由は、そもそも『総勘文抄』に真蹟が存在せず、日蓮の直截の思想として判断するには問題が多いという点です。
「真蹟があれば本物で、なければ偽物」という乱暴な立て分けをしようとは思いませんけど、説得力に不足するのは事実です。



ただよく考えてみると『不動愛染感見記』が日蓮の真蹟で存在していて、覚鑁の『五輪九字明秘密義釈』書写も真蹟が存在しています。

だから立場的に『五輪九字明秘密義釈』の五輪=五体とする身体宝塔の思想の『阿仏房御書』や『三世諸仏総勘文教相廃立』を日蓮の真蹟の著作であるとして考察することは、あながち的外れな議論ではないですよね。


確かに『総勘文抄』には真蹟が存在しませんが、平賀本土寺に写本が存在しますし、また中山法華経寺の3世日祐『本尊聖教録』に記載があり、録内とされています。


ただ問題は、それだけで日蓮の本覚思想を語ろうとすると、真蹟に立脚していないことになり、立論としては客観性に欠けることになります。
ですから最終的には試論の域を越えないのですが、『総勘文抄』に説かれた存在論的思惟を独自の思想として考え直す作業を少しずつ始めてみたいと考えています。