気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

一切の否定。




いつもありがとうございます。



さて私がここのブログで、創価学会を批判し、池田名誉会長も批判し、日蓮正宗の教義も批判し、さらには日蓮そのものをも批判の対象としています。
そんな風に全てを否定すると、決まって出る質問が「じゃあどうしたらいいんですか?」というものです。
答えますと「答えは自分で探すんですよね」ってことです。
まさか他人に教わることでしか信仰ができないんですかね?
そんな信仰ならさっさとやめてしまえばよいではありませんか。
以前、このブログでも書きましたが、私は自分の信仰で行なっていることを基本ここでほとんど書きません。理由はいたって簡単で私の信仰は私の答えに過ぎず、他の誰かの答えになるとは限らないからです。
それが正しいと思ってやってますけど、他の誰かがやってることの中にも真実はあるわけです。


私は龍樹の大乗仏教運動に釈迦の思想の捉え直しという意義を見ていますので、その運動の本質を理解するものなら、大乗非仏説ながら漢訳仏典も信仰としては認める立場にあります。
ですから漢訳仏典でも、また原始仏典であっても上座部でも信仰は信仰として認めます。


あとは一人一人の信仰者がどのように信仰を持っていくかは自らを灯明として心の中に築いていくしかないのだと考えています。
信仰は誰かに教わるものでもないし、どこかの教団に担保を与えてもらうものでもありません。答えは自ら探すことです。
それができないなら日蓮という面倒な危険思想なんてさっさとやめてしまって一般の人として生きていけばよいのです。
釈迦の教えの中道というのはまさにそういうことですよね。

広告を非表示にする