読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

後継者は日目か日代か。




いつもお読みいただき、ありがとうございます。
さて日興滅後に大石寺では『日興跡条条事』を出してきて日目への相伝があったことを主張していますが、反対に西山本門寺では『日代八通譲状』を出してきて日興から日代への相承があったということを主張しています。実はこのことをあまり創価学会の方は知りません。


大石寺の『日興跡条条事』も西山の『日代八通譲状』もどちらもその信憑性については眉唾物で、偽書の疑いを払拭できていません。


で、第三者的に冷静に考えてみると、日目も日代も優れた日興の後継者であって、重須は日代に、大石寺は日目に、優秀な二人に任されたと考えるのが一番妥当な判断かと思います。


というのも、日興が亡くなった時の記録で『富士門家中見聞上』には以下のような記述が見られます。


「初七日には日代の御供養重須に於て之を修し日目の御説法あり、一百箇日の御仏事日目大石寺に於て修し給ふ御説法は日代なり御伝」
(『富士宗学要集』第5巻179ページ)


これを以て見ると、日目・日代どちらも日興の後継であり、それぞれが導師となっている事実を示しています。ここから考えるとどちらかが「唯授一人」の付属者ではないことがわかります。恐らくは「唯授一人」も後世に形成された教義なのでしょう。
事実、大石寺66世日達の葬儀も通夜も初七日も、67世日顕が導師を勤めています。ここから考えると日目と日代が同等に導師を勤めていることは明らかに現在の大石寺とは趣きを異にしています。






追記:1
ちなみに大石寺4世日道は実は日興の葬儀に参列していません。このことからも大石寺の唯授一人という教義が後世に形成された証左とも言えるでしょう。


追記:2(日蓮正宗のY田さんへ)
もうね、日蓮正宗の方の批判なんて、私の論に対して何を言ってくるかなんてすぐにわかりますよ。日興から日目への相伝へ疑義を呈したらもう『日興跡条条事』の「日興が身に宛て給る所の弘安二年の大御本尊は日目に之を相伝す」を出してくるくらいしかないんですから(笑)。
ちなみにY田さんが引用されたこの文は大石寺17世日精が『富士門家中見聞』で「弘安2年に授与された万年救護本尊のことで、今は保田にある」って書かれています。したがって弘安2年に日興から日目に与えられた御本尊とは戒壇本尊ではなくて妙本寺にある万年救護本尊のことかと思いますよ(笑)。しかも『日興跡条条事』って4文字分くらい文書を改竄した跡がありますが、あれは大石寺がやったんですかね? 改竄の犯人が大石寺でないとすると誰かが改竄できるほど大石寺の管理体制が杜撰だったってことになりますけど。
だから、昨日の記事みたいに自分が言いやすい記事を取り上げて、さもわかったように『日興跡条条事』を挙げたって、何も知らないことがバレバレなんです。 申し訳ないけど他宗の方に笑われていますよ。このブログ、別に日蓮正宗とか創価学会の方ばかりが見ているわけじゃないんですから。
ですから、対外的に説得力のある論を展開できないと日蓮正宗はなんら説得力を持ち得ないんですよね。時代錯誤ってことかもしれませんけど。
御座替本尊は戒壇本尊の写しではないことはちゃんとブログに書きましたから少しは反論らしいことをしたらどうなんでしょうか? Y田さん? 
きちんとFacebook上に私の記事を載せるということはどうもきちんと読んでくださっているようなので有難いんですけど、やっぱり自分に都合の悪いことはダンマリを決め込んで答えないんでしょうか。
やっぱり御座替本尊と戒壇本尊の相貌が違うのは「御法主上人猊下の御内証」なのでしょうか。少しは説得力のある議論ができないんでしょうかね。

追記:3(2017年3月29日)
日蓮正宗のY田さんは一向に質問に答えないんですよね(笑)。御座替本尊は戒壇本尊の写しではないことは上記のブログ記事で書きましたが、全く答えようとしない。要するに答えられないのでしょうかね。答えられないなら「すいません、答えられません」ときちんと言明することも誠意ある信仰者の態度かと思うんですけど、どうなのでしょう。
まあだいたい日蓮正宗の信徒の方ってまともに質問にお答えにならず、創価学会の批判くらいしか言えない方が多いんですよね。