読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

日蓮正宗の方に答えてほしいこと。




日蓮正宗の方は以下の問いのどれか一つにきちんと回答してみることが誠意かと思います。




①『御本尊七箇相承』にある「仏滅度後二千二百三十余年」と弘安2年戒壇本尊にある「仏滅後二千二百二十余年」ではどちらが正しくてどちらが間違っているのか。


大石寺66世日達法主は「僧宝は日興上人のみ」、大石寺宗務院は「僧宝は日興上人以下歴代の上人」、26世日寛の『三宝抄』では「僧宝は歴代の上人並びに門流の大衆」となっているが、どれが正しくてどれが間違っているのか。


大石寺17世日精は両巻の『血脈抄』をもって日目、日代、日順、日尊に相伝したとあるが、相伝は唯授一人なのか、それとも『血脈抄』の相伝は一人には限られないのか、どちらが正しくてどちらが間違っているのか。


④『御本尊七箇相承』では「日蓮御判」と書くべきとされているが、日目上人による元弘3年10月13日書写本尊では「日蓮聖人」と書かれている。正しいのはどちらで、間違っているのはどちらなのか。


⑤『御本尊七箇相承』では「有供養者福過十号」と「若悩乱者頭破七分」とを「書くべし」としているが、弘安2年戒壇本尊には書かれていない。どちらが正しくてどちらが間違っているのか。



日蓮正宗の信徒の方はこれらの質問に答えられません。というより答えようとしないんです。
つまり完全に冷静な判断ができなくなっていて、教義的にいわば洗脳されてしまっているのです。



都合の悪いことに目をつぶり耳を塞いで、教団の権威の維持のために信仰をする必要は別にないと思います。真実にきちんと目を向けることが大切なのですけどね。完全に思想的に洗脳されてしまって、教義の一貫性のなさを突っ込まれても冷静な判断ができないんです。創価学会の池田教の盲信ぶりと大して変わりません(笑)。



だいたい日蓮正宗の方なんて仏教なんてろくに知りません。法華経なんてまともに読んだこともないし、天台智顗の『摩訶止観』も読んだことがない。智顗も湛然も円仁も円珍も知らないで一念三千を知ったように語るなら天台宗の人に失礼ですよね。仏教に無知なことがわかってしまうのに、法華講の方は恥ずかしいとか思わないんでしょうか。それなら自分たちの批判する池田教の創価学会と大して変わりません(笑)。そんな当たり前の道理さえ彼らにはわからないんですね。
それで日蓮門流なんて片腹痛いです。法華経もちゃんと読まず、鳩摩羅什訳の28品も竺法護訳の正法華も知らず、添品法華も知らない。サンスクリット原本も知らない。仏教に無知なことを暴露しているに等しいのに(笑)、そのことさえ法華講の方は自分で認めようとしないし、理解できないんですね。


自身の無知を棚に上げて、それで法華経を知った気になって法主に内証があるんですって? もう一度仏教を勉強し直した方がいいですよ。きちんと学ばれている身延山日蓮宗の方にも天台宗の方にも失礼な話です。


挙げ句の果ては、私が戒壇本尊を否定して創価学会も否定して私が「何を信じるのか」疑問に思うらしいですが(笑)、ちゃんと私のブログを読んでくださいませ。
そんな方は私のことをどうぞ否定して大石寺法主のいうことでも鵜呑みにしていてください。確かにその方が信仰者としては幸せなのかもしれませんしね。