気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

「無作三身」のこと。






いつも当ブログをお読み頂いている皆さん、本当にありがとうございます。




えーとですね。今日のテーマの「無作三身」という言葉ですけど、これが日蓮の言葉だと勝手に日蓮正宗創価学会の方は考えていますが、本当は違います。
「無作三身」という用語は、日蓮の真蹟遺文中には1箇所も存在していません。日蓮真蹟遺文中に全く存在しないのです。




「無作三身」とは天台宗恵心流では「円教三身」(一帖抄、二帖抄等)に相当し、檀那流では七箇口伝等の「無作三身」の口伝法門に相当します。
天台宗において法華経一部を本迹二門にわけて迹門の観心を「一心三観」で口伝するのに対して、本門の観心を「無作三身」の名の下に伝授するというもので、これは中古天台口伝法門で最も大切な項目になっているようです。



もともとこれは最澄の『守護国界章』に出てくる術語でして、この中で最澄は「有為報仏、夢裏権果、無作三身、覚前実仏」(伝教大師全集第2巻567ページ)と述べています。つまり理の凡夫こそ実仏であるとしていますから、これこそ本覚思想を支える重要なキータームであることは間違いありません。



しかしながらこの「無作三身」という用語は天台智顗や妙楽湛然の著作中に見られない表現です。「性得三身」とか「実教三身」等とありますが、実際に智顗も湛然も「無作三身」とは言っていませんから、この「無作三身」概念は最澄の『守護国界章』で初めて使われた考え方とされるのが一般的です。



ただこの『守護国界章』の該当の章節は法相宗・徳一との法論に際して用いられた用語でして、これを直ちに最澄自身が凡夫が実仏であるという意味で使われたという解釈に関しては異論があります。
ですから凡夫即仏といういわゆる「無作三身」観は、後の円仁、円珍、安然等によって形成されてきた教義と考えられます。
本来純粋な天台教学では法華経の迹門実相論が法華経の観心を支えるものだったのですが、それが円仁や円珍密教化によって仏陀論が法華経本門の観心の中心課題になってきたわけです。


ところが、実際には「無作三身」という実際の用語は安然の著作にも現れません。
まあですから「無作三身」は上古天台宗には存在しなかった概念が、中古天台に至る史的過程の中で日蓮の登場以前までに形成されてきた教義と推測することができます。
しかしながら日蓮真蹟遺文中には1箇所もこの言葉が存在しない以上、日蓮がたとえ比叡山経由でこの語を知っていたとしてもそれは傍系の思想である可能性が高いということになります。



この「無作三身」の用語が多用される著作は『授職灌頂口伝抄』『十八円満抄』『御義口伝』ですが、そのためこれらの著作を日蓮真蹟と判断するのはやや躊躇されるところなのですね。『三世諸仏総勘文教相廃立』では「無作」の用例は1箇所しかありませんが、その代わり「本覚」の用語が多用されます。
とりわけ『総勘文抄』や『十八円満抄』は中古天台法門に近い内容なので、果たしてそれらが日蓮の本来の思想であったのかということに関しては疑義が残ることになります。




創価学会は『御義口伝』をよく多用します。私の考え方を簡単に述べれば日蓮自身が『註法華経』をもとに日向や日興に対してなんらかの講義が行われた史実は存在したことは推測できます。実際『註法華経』中には講義をした形跡も残されています。
しかしながら、それはあくまで「聞書」なのであって、日興本人による真蹟が現存しない以上、それは日興門流のバイアスがかかったものであり、それを直ちに日蓮の思想であるとすることには躊躇せざるを得ません。しかも『御義口伝』の伝えられる最古の写本は天文8年(1539年)の八品派日経によるものです。真蹟の存在を証明する最古の写本が祖滅後250年以上も経過したものしか提示できない現状は『御義口伝』の信憑性の低さを如実に物語っていると言えるでしょう。そもそも天文8年日経写本は大阪妙徳寺蔵と言われていますが、すでに現存していません。富士大石寺と京都要法寺にある写本なんてさらに後のもので元亀2年(1571年)でさらに後世のものじゃありませんか(笑)。



ですから『御義口伝』を引用するのであれば、日興門流として日蓮思想をそのように読むという意味での史料としてならなんらかの価値があるかと考えられますけど、『御義口伝』があたかも日蓮自身の直接の思想を伝える著作のように扱うことは牽強付会でしかありません。
原資料の文献的研究も無視して、宗門とか教団が言っているからと検討もせずに『御義口伝』を引用して信仰の資料とすることは、"盲信"以外のなにものでもないということです。
そんなわけで「無作三身」なんて言葉、安易に使うのはいいかげんやめませんかね?(笑) 他宗から笑いものになっていることに気づかないのは日蓮正宗創価学会だけなのです。