気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

御書がわからない。







「私は御書がわからないんです」っていう人が創価学会にはよくいます。
厳しい話をしてしまうと、つまりそれって「信心がないんじゃないんですか?」ってことです。
創価学会員さんがよく言うように語るなら、信心あるところに信行学があるはずなんじゃないんですかね。三つ全部揃わないと信心ではないって任用試験でも言ってたではないですか。



だから「御書がわからない」のならば、その姿勢を恥じて謙虚に学ぶことが大切なんじゃないのでしょうか。
正直に言えば、私は日蓮の遺文でわからないことがたくさんあります。
ですから学び続けたいと思いますし、幸いに素晴らしい同志にも恵まれていますので、いろいろ教わりつつも、自分で思索を深めていきたいです。今の立場に固執する気は別にありませんからね。


私はかつて創価学会の活動家時代の自分の姿勢を深く恥じ、反省しています。
同時に現在、活動家であることを一切やめ、非活になってからは心の自由、そして思想上の自由をとても強く感じています。



創価学会という思考の型を外して思考するのは自由ですが、そこから逃れて自身で思考することを学ばないといけないですよね。
創価学会から離れ、さらには日蓮の信仰からも離れるなら、それはそれで構わないことですし、それなら別段日蓮を学ぶ必要もないでしょう。
ただ私のように日蓮を根本にすべきと考えるものに関しては、やはり御書、遺文を学ばなければならないはずです。


今の創価学会の最大の欺瞞は「御書根本」と言いながら、会員が御書を学ぶ気が全くないということです。
そんなことを言うと活動家の方は反論しそうですよね。いわく「ちゃんと任用試験や教学試験で学んでいます」「日々聖教新聞で今日の発心を読んでます」等々です。


けれど私から言わせれば、そんなの教学なんて言えません。御書なんて全然読んでいないではありませんか。あの御書全集でさえまともに読めない。さらには日蓮遺文で創価学会版御書に掲載されていない御書なんて山ほどあります。
加えて日寛教学をいまだに信奉するのに、日寛の『六巻抄』も『文段』さえも今の学会員さんは知らない。『富士宗学要集』の相伝部一つさえ読んだこともない。
もしも教義として「この御本尊に祈るとどんな願いも叶わないことはない」と主張したいならば、少なくとも日寛の『観心本尊抄文段』は必読なのではありませんか? そんな当たり前のことすら今の学会員さんはわからないんですよ。
任用試験から外されて、五重の相対も知らない人が出てきましたよね。
御書一つとっても自分で読むことができない。大白蓮華に毎月載る御書など、遺文のごく一部、ほんの数行をやたら大きな字で印刷し、そこに載っている通解を読まないと意味をとることさえできない。それを毎月座談会で読んで「御書の研鑽」と称するなんて片腹痛いですよ。
日蓮宗の方々に足元も及ばないではありませんか。
『戒体即身成仏義』の存在なんて知るわけがない。『開目抄』が身延曾存といっても曾存の意味さえわからない。録内と録外とか言っても言葉の意味さえ知らない。戒定慧の三学が何かを知らない。日蓮の遺文さえ創価学会版御書全集でもほとんど読んだ形跡がない。『御講聞書』とか聞いても全然知らない。『一代五時図』なんかも全然知りませんし、いわゆる十大部だってまともに読んでいる人を見たことがありません。だいたい『下山御消息』が十大部であることを知らない人がいましたからね(笑)。
『唱法華題目抄』も知らない。『守護国家論』も知らない。『四信五品抄』も知らない。『法華取要抄』を読んだことがない。法華経如来寿量品の内容も知らない。よくそれで「日蓮仏法だ!」なんて言えるなぁと感心してしまいます。思い込みも甚だしい。
それでせいぜい「冬は必ず春となる」とかそんなことしか言えないなんて、無学な自身が恥ずかしいと思わないんですかね。



繰り返しますが、私は自分の無知をよく自覚しています。だから学ばないといけないのです。
真の誠意ある信仰とは自身の無学さを自覚し、自分の不可知の存在へ敬虔な思いを抱き、卑俗な自分を恥じる時、初めて学ぶと言うことの本当の意味がわかるのではないのでしょうか。
自身を恥じ、敬虔な思いに立てば自ずと学ぶはずです。それがないということは創価学会にはそもそも敬虔な信心というものが欠落しているということなのではないでしょうか。