気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

権威の偽装。




いや別にね、日蓮正宗であろうがなかろうが、別に思想的に日蓮本仏説を唱えるのは思想上の自由ですから構わないとは思うんですよ。



問題なのは、日蓮正宗があたかも日蓮の正統な教団と偽って他の教団を批判し、自宗に唯一の相伝があるように偽装しているから批判しているわけなんです。


要するに日蓮本仏説は、自分たちの宗門の正当性を主張する根拠となっていまして、それで自分たちがさも正統であるように偽装し、他宗門を邪宗としているから困ったものなんです。


ですから、そんなとこの教義をいつまでもありがたく信じている創価学会って思慮が浅いなって思うんです。さっさと日寛教学なんて捨てればいいのにと思ってしまいます。
私にはどうして日寛がそんなに評価されているのか、その理由がさっぱりわかりません。そういえば昨年の任用試験でも日寛の名前は出てきていましたし。
日寛の教学なんて、中古天台恵心流の口伝法門を日蓮に置き換えただけの盗用に過ぎません。


弘安2年本尊についてだって、あれは後世の人が創作したわけです。だって脇書になんて書いてあるんですか。
「本門戒壇の願主・弥四郎国重、法華講衆等敬白」でしょ。なんで日蓮自身が当時存在していない法華講衆に対して「敬って白す」なんですか? 
あれは書写した「弥四郎国重」なる人物が法華講衆に対して「敬白」って書いたという風に解した方が意味が通じるじゃないですか?



おそらく「弥四郎国重」なる人は、大変な信仰心からあの大きな御本尊を作ったんだと思いますよ。だって大変じゃないですか。あんなに大きな板に彫るなんてね。
で、書写するに足るような立派な本尊を探して弘安3年の日禅授与本尊に至ったのでしょう。そしてそれを上手につなぎあわせてあの大きな板本尊を作成したんです。実際梵字の部分は日禅授与本尊とは異なっています。
それはそれは大変な信仰心から作られたものです。でなければあんなに大きな御本尊を作るわけはないですよ。



それなのに、日蓮正宗はその「弥四郎国重」なる人物の信仰心を利用して、さもあの本尊が自山に最初から存在したかのように偽装したんです。だからあの「脇書」さえ、日蓮自身が書いたものだと嘘をつかなければ理屈が通らなくなってしまったんです。嘘は一度つくと止まらなくなるもので、「日蓮の己心中の弥四郎国重」なんてこじつけに過ぎません。



「弥四郎国重」なる人物の信仰心を利用して板本尊を自山の相伝だと偽装し、創価学会の信仰心を利用してさんざんご供養をとって正本堂を建立し、さらには法華講さんからご供養をとって奉安堂まで建立したと。
要するに「日蓮本仏説」も「戒壇本尊」も結局、大石寺が自山の正統化と権威化のために主張して利用しただけではありませんか。
日蓮本仏説など開祖日蓮の利用に過ぎません。そこから法灯連綿と血脈が大石寺に続いているんですって? わけのわからない作り話はやめてほしいですね(笑)。


私は現在の権威化された身延山日蓮宗も、日蓮正宗も、創価学会も、いずれも日蓮の心を伝えるものではないと考えています。
確かに純粋な信仰心で開祖の心を求め続ける「人」は少ないながら存在します。
ただ私は純粋に信仰をしたいだけです。釈迦の教えのごとく「自らを灯火とする」のであって他を灯火とはしません。


そんな大石寺の日寛が作った教義に依存して信仰を続ける創価学会は教義的に矛盾していると思います。
日寛教学とは弘安2年の戒壇本尊を根本にすることで成り立っている教義です。そのことは日寛の文段を読めば火を見るより明らかです、
だから創価学会が「日寛の教義を認める」ということと「弘安2年の本尊を受持の対象としない」ということは根底的に矛盾しているのです。というかそのことに気づかない創価学会員はどうかしていますし、これに関して日蓮正宗による創価学会への批判は確かにその通りなのです。
日蓮正宗からすれば日寛書写本尊は所詮戒壇本尊の写しなのであって「弘安2年本尊を受持の対象としない」にも関わらず「弘安2年の本尊のお写しを会員に拝ませている」というのはまさに矛盾に過ぎません。
大誓堂に安置された創価学会常住本尊もまた水谷日昇による書写であり、所詮「弘安2年の本尊の写し」に過ぎないのです。



日蓮の説でも何でもない「日蓮本仏説」を祭り上げ、後世の創作に過ぎない「弘安2年本尊」を不二の尊体とする「日蓮正宗」。

そしてその「弘安2年本尊」を「受持の対象としない」と言いながら、その立論の中心である「日寛」を否定することができない「創価学会」。

両者の抱える矛盾はそういうところでしょう。