読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

載らなくなった名言会長の写真。




驚きました。

池田名誉会長の写真って、2017年元旦の聖教新聞にさえ、とうとう載らなくなってしまいましたね。
ご夫人の写真さえない。
ということは、お年を召してしまって、人前に姿を見せられない、変わり果てた姿だということなのでしょう。


数年前の学園の卒業式で、電話回線か何かで祝辞を述べたようですが、博正氏が通訳しないといけないほどに呂律が回ってなかったそうですが。


紙面には華やかな言葉が踊ります。
「青年拡大の年が開幕」
残念ながら日本の青年部はもはや風前の灯火ですよ。滅びゆくのを待つだけです。
だいたいどこに青年がいるんですか。
少なくとも私の地域にはいませんよ。
こんなくだらない集金組織に若者なんて集まらないですけどね。
どうせ「創価青年大会」といっても、結集は壮年婦人の手で行って、集まらなければ家庭訪問数も結集数に入れて上に報告してお茶を濁すのでしょう。
それで「大勝利だ!」と喧伝したって愚の骨頂、噴飯ものの話ですって。



男子部の「部長」以上の役職と言ったらかつては戦える真の人材みたいなものでしたが、今は部幹部でさえもあまり信仰心もないような人が「人材育成」という名目で登用されてしまうようなので、末端組織の青年部は目を覆うような惨状を呈しています。
挙げ句の果ては池田名誉会長を「大ちゃん」と平気で呼ぶ青年部まで現れだしまして、昨今の「池田先生」という呼称の規約化は青年層にきちんと「池田先生」と呼ばせるためなのではないかという憶測まで飛んでます。



聖教新聞新社屋」?
どこにそんなお金があったんですか?
まさか会員の財務で建てるんですかね。
会員がこれから減るというのに、維持費とか大丈夫なんですかね。


森中教学部長さん。
世界広布新時代の教学の深化は素晴らしいと思いますが、引用で出てくるのはみんな海外のSGIメンバーのことばかりですよね。日本国内の創価の青年部はどうなんですか? 教学が日本の青年部でも深化して発展しているなんて本気で思ってらっしゃるんですか?





まあ困ったもんです。
どうせ今年は選挙なんでしょう?
都議選じゃないですか。
衆議院もありそうですし。
今迄、選挙選挙で人材育成も未来部育成も後回しにしてきたじゃありませんか。
私も未来部の会合やろうと思ったら、組織に怒られて止められましたよ。
創価学会って人材育成より選挙の方が大事なんでしょ?
どうせ選挙の時期に入ったら人材育成の流れなんてストップしますって。よく知ってますから。今の壮年婦人に選挙もやりながら人材育成もやれと言うんですか? 忙しすぎて倒れちゃいますよ。
創価青年大会やってほとぼりが冷めたら、青年部の活動家数なんて元の木阿弥になってますよ。