読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

日蓮門流をやめてしまえば



要するに創価学会は、日蓮の遺文を研究するという気はあまりないと思うんですね。
そんなことより「御本尊を信じて結果を出そう!」とする実証優先主義なんです。



建長年間や若き日の日蓮真言の影響があったとかなんて、創価学会にはどうでもいいんだと思います。



しかしその「どうでもいい」という姿勢が現在問われているのではないかということです。
一体全体、誰を開祖とする教団なのかと。
牧口、戸田、池田の三氏が開祖ということにしたいんでしょうか。
それならそれでもいいです。
ただ日蓮の正当な継承者と自認するのはやめた方が良いでしょう。



そうするならば、牧口思想から日蓮曼荼羅の信仰を位置づけ、牧口を本とする教義を構成すべきです。
もちろん牧口氏ではなく池田名誉会長でも構いませんけど、あくまで日蓮の教義を借りただけで、根本は池田名誉会長等、三代会長の平和思想を広める団体なんだと定義し直した方がよっぽどすっきりします。



それなのに「日蓮の正当な後継者」とか「日蓮広宣流布を実践する唯一の団体」とか言って、自教団の正当性を主張し出すからおかしなことになってくるのだと思います。
大乗仏教の徒であることも日蓮門流であることも否定し、三代会長を中心とする教団としてしまえば、先日の会則改正により「創価学会仏」となって「教団の独自性が高まった」と言う一文も初めて説得力を持ちそうです。
日蓮の御書全集も新たに出版することもなさそうですし(もしかしたら堀日亨版御書も他の書物と同様に絶版にしてしまうかもしれませんし)、会員自身も座談会等で機関誌の「大白蓮華」しか持ち歩かないなら、いっそのこと日蓮は傍流の思想として、根本を牧口会長とか池田名誉会長とかに本当にしてしまえばよいではありませんか。



つまり創価学会は牧口、戸田、池田の平和思想を広める団体なんだということです。日蓮の思想はあくまで傍流であるとすれば、他の日蓮系教団とも折り合いがつくでしょうし。
つまり「創価学会池田大作を根本とする団体であって、日蓮系教団ではない」と。


私としてはそのような脱日蓮・根本牧口とする平和思想の団体として再出発するなら、創価学会宗教法人としてではなく、非営利公益法人となった方がより良い選択肢だと考えます。
宗教法人なんて言ってるから、税の優遇についてささやかれ、金満体質なんて言われてしまうわけで、非営利の団体として三代会長を研究・実践するグループになればいいでしょう。
そのことによって、他教団との対話やまた日蓮正宗との和解が成立する可能性もありますし、会員の多様な日蓮観もそれぞれに認めることができると思います。



ただそのためには牧口思想の再検討と再解釈が必要でしょうね。
牧口と戸田が大日本皇道立教会に参加していた歴史的事実、また大東亜共栄圏の思想を牧口が認めていた事実についても、きちんと公表することでしょう。そこでごまかしてはいけない。『牧口常三郎全集』中で少し注記するだけで過去が総括できたなどとするなら、それは誤りであり、過去の誤魔化しであると思います。
牧口氏が投獄された理由は思想上の理由で神札を受けなかったことにあるのであって、彼自身は大東亜共栄圏の戦争に賛成していたことは事実なわけです。牧口氏は靖国神社にも参拝していますし、当時の牧口に戦争反対の思想は存在しません。また創価教育学会では当時、会合の前に皆で軍歌も歌っていました(創価学会の現在の座談会や会合等で、軍歌調の学会歌が歌われてきたのは、この牧口氏以来の伝統なのだと私は理解しています)。



日蓮教団であることをやめ、三代会長の思想中、どの部分が現代では無効で、どの部分を生かすのか、それをきちんと検証、公表し、過去を総括し、過去の間違いも率直に認め、三代会長の平和思想を新たな創価学会の教義として打ち出していくことです。



まあ、「創価学会」という名前を残すのであれば、牧口思想の総括と再検討は避けられない課題でしょうが、学会における日蓮教学がすでに破綻している以上、日蓮教学を再構成するよりも、より現実的な案だと思います。



公明党の位置付けも問題になるかもしれませんね。
広宣流布」ということが、単に多くの人を入信させるとか、御本尊下付数が増えるとかいうことなのではなく、社会に創価の思想が広く伝わることと定義できれば、学会も無理な折伏をする必要が無くなるし、公明党もより自由になるし、より多様な階層に柔軟な支持を広げることもできると思うんですね。
公明党創価の思想を根本にして平和社会の実現を目指していくのだと。創価学会が宗教団体でなくなり公益法人化すれば、教えの国教化もあり得ないわけですから。



自分たちは在家の団体であり、小難しい仏教の教義は要らないとするなら、日蓮の教団であることをやめてしまう方がむしろ良いのではありませんか。
日蓮思想が牧口氏にどのような影響を与えたのか、そしてそれを創価学会は現代にどのように展開していくのか、それを語る方がわかりやすい。
今のままだと、創価学会日蓮を利用して教団維持に努めているとしか思えないんですね。



都合の悪い事実を公表しないという創価学会の体質を改めて、真に会員のために誠実な団体となってほしいですね。
創価学会はあと数十年後に活動家が高齢化し、組織として立ち行かなくなります。その時にどうするのかは考えておかなければいけない問題でしょう。
まあ、信濃町が本気で令法久住ということを考えているのか私には少々疑問です。
結局、彼らの念頭にあるのは、創価学会という宗教教団の維持と既得権益の確保だけなのでしょうから。